mixiユーザー(id:6002189)

2020年05月21日00:55

24 view

corona

欧州コロナ通信 第231回 2020年5月20日

コロナ・アナログ大掃除で、30年間にたまった紙の資料を捨てている。

私が1990年にドイツに来た頃は、インターネットがなかったので、紙の資料は極めて重要だった。

ドイツの分類用の文房具は世界で最も機能的だ。

記者として働いた経験がある人なら誰でも知っているが、スクラップは基本中の基本。

30年前には今ほど仕事がなく、時間が沢山あったので細かくスクラップをしていた。

だが人間は塵から生まれ、いつかは死んで塵に戻る。

何百冊のファイルを残しておくことは、意味がない。思い切って捨てることにした。

捨てる時には、中身を見ていたら終わらない。

中身を見ないで、思い切って捨てる。

ファイルの数が多いので、まだまだ始まったばかりだ。



2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月21日 12:05
    私も見習わなくては・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する