mixiユーザー(id:6002189)

2020年03月30日13:30

36 view

Corona


欧州コロナ危機・ミュンヘン籠城記 42
3月30日・月曜日
ーーーーーーーーーー
私は2月に全ての旅行をキャンセルした。2月初めに米国の感染学の権威ファウチ氏が「これはパンデミックになる」と語っていたからだ。

当時からメディアはコロナについて大々的に報じていた。それなのに、3月に日本から欧州に観光旅行に出かけるというのは、想像を絶する不見識。

「自分は大丈夫だろう」という奇妙な楽観主義があるのか。

ドイツ人の中にも、6月にパーティーを計画している人がいて、開いた口がふさがらない。

日独ともに、いかに市民が情報をきちんと入手していないか、リスク管理をしていないかを如実に示すエピソードだ。

きちんとしたリスクコミュニケーションを行わない、政府の責任は大である。

ドイツ社会は、多大な経済損失に苦しみながら、高齢者や基礎疾患のある人を守るために、社会と経済をシャットダウンしている。大半の人は、原則として外出しないという政府の命令を守っている。

そのドイツですら、介護施設での集団感染でお年寄りが次々に死亡するケースが目立っている。

レストランやパチンコ屋が営業したままの日本の楽観主義を、我々はどう見るべきなのだろうか。

結局、イタリアやスペインでの大惨事は、対岸の火事なのか。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する