mixiユーザー(id:6002189)

2018年12月19日04:32

204 view

バルト三国の悩み・人口流出

 90年代初頭にソ連から独立し、2004年にEUに加盟したエストニア、ラトビア、リトアニアは、深刻な問題を抱えている。国連の統計によると、2005年のリトアニアの人口は334万人だった。しかし、2015年には約12%も減って、293万人になった。人口が10年間で、約41万人も減ったのだ。
 この減少傾向は、3ヶ国全てに当てはまる。バルト三国の人口は、2015年までの10年間に約71万人も減っている。元々人口が少ないこれらの小国にとっては、深刻な問題である。
 最大の理由は、英国などほかの欧州諸国へ移住する市民が後を絶たないことだ。たとえば今年前半には、約3万8000人のリトアニア人が国外へ移住したが、この数は前年同期よりも約1万人も多い。移民の約46%は英国に移り住んだ。
 人口流出が続いているのは、これらの国々が2007年から2008年にかけて深刻な経済危機に襲われたことだ。EU加盟後、バルト三国は好景気の時代を経験し、不動産価格が上昇した。多くの人々はローンを組んで、マンションや一軒家を購入した。ところが、これは一種の不動産バブルだった。2008年以降、不動産価格が暴落して、これらの国々は一転して景気後退に襲われた。
 たとえばラトビアの首都リガでは、アパートの1平方メートルあたりの価格は、2004年には300ユーロ(3万9000円・1ユーロ=130円換算)だった。不動産バブルにより、その価格は2008年には約4倍の1200ユーロ(15万6000円)になった。だが2009年には1平方メートルあたりの価格は半分の600ユーロに急落した。あるラトビア人は、「友人が8万ユーロで買ったアパートの価値は、今では2万ユーロになった」と語る。
 リトアニアの失業率は、2005年には14.4%だった。しかしバブル崩壊に伴う不況のために、失業率は2011年には38%まで上昇した。今年5月の時点では、7.3%に下がっている。
 ローンが残ったまま失業した人々は、英国などで就職しようとしているわけだ。OECD・経済協力開発機構によると、2013年のリトアニアの自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は、31.5人と世界最悪。ラトビア(16人)、エストニア(15人)も10位の中に入る。これらの国々が長いトンネルから一刻も早く抜け出すことを祈る。
(熊谷 徹 ミュンヘン在住)ホームページ http://www.tkumagai.de
 
 
 





4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月19日 05:28
    これは一面的な物の見方ですね。経済評論家の三橋貴明がバルト三国は生産年齢人口が減ったのに、生産性を上げて経済成長を達成したことを紹介しています。https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12415434778.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月19日 06:10
    > mixiユーザー 2004年にEUに加盟してバブルも経験して、って書いてるの読んでから三橋さんの記事を読むと、逆に三橋さんの記事の方が胡散臭く感じるんですけど私だけかなあ? わざわざEU加盟前の2000年と比較して印象操作しているような…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月19日 15:06
    三橋説が正しいかどうかは解らないが、いずれにしても、それぞれの国民が祖国を離れて他国の国民(英国国民?)になってしまっては困りますねぇ・・再生を目指さなくては!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月19日 20:48

    ロシアに併合される
    のが、最善で有る。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する