mixiユーザー(id:6002189)

2018年05月14日00:59

191 view

おもてなしがない国


 先日ハイデルベルク大学でインダストリー4.0についての講演を行うために、早朝にミュンヘン駅に行った。ネット上で予約していたのは、9号車。しかしプラットフォームに入ってきた列車には、9号車がない。駅員に聞くと、「空いている席に座れ」と言う。これでは追加料金を払って、席を予約する意味がない。
 仕方なく適当に列車に乗り込むと、空気が氷のように冷たい。他の乗客も、毛糸の帽子、コートやマフラー姿のまま座っている。ブーツの中の足先が、冷え切った。駅員に尋ねると、「暖房装置が壊れているので、他の車両に移って下さい」と言う。謝罪の言葉もない。
 私が学生の頃、ドイツ鉄道は国営だった。当時は列車の遅れが少なく、予約した車両が見つからないなどということは、滅多になかった。現在ドイツ鉄道は民営化されているのだが、列車の遅れや車両番号の混乱などは、日常茶飯事だ。
 したがって、私はなるべく乗り換えのない直通列車を選ぶようにしている。列車が遅れて、次の列車に乗れないことがしばしばあるからだ。ことほど左様に、ドイツではサービスが悪い。ここでは、お客様は神様ではない。
 ハイデルベルクでの講演の後、主催者や学生たちと居酒屋へ行った。ドイツではビールジョッキの下に厚紙のコースターを置く。この居酒屋のドイツ人のウエイトレスは、客にコースターを手裏剣のように投げて寄こした。参加者の日本人の1人は、「ドイツに5年住んでいるが、こうした態度には、いまだに慣れない。客に対して最低の思いやりがない」と憤慨した。これに対し、私は全く腹が立たなかった。「ドイツにおもてなしはない」と割り切っているからだ。以前ドイツ人の会社員が、客に自分の名刺を手渡さずに、投げているのを見た。あるレストランで、100ユーロ紙幣で払おうとしたら、ウエイトレスから「こんな高額紙幣で払うなんて!」と怒られた。食事の後にウエイトレスから「ちょっと皿を手渡してくれないか」と頼まれたこともある。したがって、私の頭の中には「コースターを投げるくらい、ドイツ人の態度としては、ごく当たり前だ」という考え方が染みついている。私だけではなく、ドイツに20年以上住んでいる他の日本人も、腹を立ててはいなかった。
 ドイツの悪いサービスに慣れると、利点もある。それは、日本へ行った時のサービスに深く感動できるということだ。おもてなし大国、万歳。
(熊谷 徹 ミュンヘン在住)ホームページ http://www.tkumagai.de
 




7 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月14日 02:09
    ドイツにおもてなしがない、というのは分かりましたが「お客様は神様です」という言葉を引用される人は大半が間違って理解しています。熊谷さんはもの書きなのですから、いちどきちんと三波春夫さんの著書を読んで下さい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月14日 05:06

    接客する側に立てば、
    必要以上に客にヘーコラ
    せずに済むので楽だ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月14日 05:28

    客にコースターを手裏剣の
    様に投げるのは、見様
    に依っては、粋では無
    いか?忍者レストラン。(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月14日 05:54
    まさか無い席を売り付けられる事があるとは。 以前、日本のデジタル化が遅れている旨の日記で例にあげてらした鉄道のチケットWEB予約なのに、サービスが良いどころか、悪いからこそのデジタル化なのでは?後から座席の差額が返還されないのなら、ある意味詐欺だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月14日 10:23
    その通りですねるんるんドイツに住んでいた時によくわかったことは、「ドイツにサービスというものはない」という現実です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する