mixiユーザー(id:6002189)

2018年05月06日23:57

106 view

終戦直前に散った命

先週金曜日のドイツの新聞に、1945年の敗戦直前にドイツ国防軍の将校が突如寝返って米軍の戦車兵と協力し、古城に立てこもってフランス人捕虜を武装親衛隊の攻撃から救ったという逸話が掲載されていた。ただし本人は武装SSの狙撃兵に頭を撃ち抜かれて戦死。我が家から遠くないドイツ・オーストリア国境付近での出来事だ。こういう記事を今でも載せるドイツの新聞は、本当に読み甲斐がある。
9 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月07日 01:15
    詳細を知りたくなる話です。
    下世話な話になりますが、映画化されそうな話でもありますね。
    ただ、映画化される場合、単純な、いい者悪者、お涙頂戴、感動ドラマは勘弁して欲しいですが。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する