mixiユーザー(id:6002189)

2017年08月06日15:07

97 view

広島

ドイツにて8月6日の広島を思う。ワシントンのスミソニアン博物館で見た、ピカピカに磨き上げられた原爆投下機「エノラ・ゲイ」に対する違和感を思い出す。犠牲者数についての説明は一言もなかった。バルト三国とポーランドの市民は、再びロシアの脅威に怯えている。ポーランドの陰の実力者カチンスキ―は今年「欧州は独自の核抑止力を持つべきだ」と公言した。東アジアの緊張も高まる一方。世界は、1945年8月6日から何も学んでいない。
4 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月06日 15:16
    「ロシアの脅威」とは? それは北の東アジアに対する脅威と同じものなんですか?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する