ホーム > mixiユーザー(id:6002189) > mixiユーザーの日記一覧 > 「トランプ大統領」の衝撃(下)

mixiユーザー(id:6002189)

2016年12月30日02:57

151 view

「トランプ大統領」の衝撃(下)


 米国の知識階層だけではなく、ドイツなど欧州諸国でも「クリントン氏が大統領になってほしい」と望む人が多かった。その理由の一つは、トランプ氏の歯に衣を着せぬ非常識な言動である。
彼は去年夏に最初の政策提言書を発表したが、その中で米国に不法滞在している1100万人の外国人を国外退去処分にすることや、メキシコからの不法入国を防止するために同国との間に壁を建設し、その費用をメキシコ政府に負担させることを提案した。また彼は、同年10月に米国に滞在していたシリア難民の国外追放を求めたほか、シリア難民を受け入れたドイツのメルケル首相の決定について、「正気の沙汰ではない。ドイツでは暴動が起こるだろう」とコメントした。
多くのジャーナリスト、世論調査機関は「このような非常識な人物が大統領になることはないだろう」と思っていた。しかし彼らは、米国の庶民の不満を過小評価していた。「全てにおいてまず米国人を優先する」というトランプの方針は、「メキシコからの不法移民によって職を奪われる」という不安を抱く低所得層からは、喝采を受けた。低所得層にとって、民主党のヒラリー・クリントン候補は、ワシントンの政治エリートの象徴だった。彼女は選挙運動に約5億ドルもの費用を投じたが、それでも人心を摑むことはできなかった。庶民は、政治の素人である一企業家をホワイトハウスに送り込むことによって、政治エリートたちに復讐したのである。「政界のアウトサイダー」が、戦略核ミサイルのボタンに手をかけることになった。
それにしても、白人の労働者たちが、ホテルビジネスなどで巨額の富を築いた高額所得者を、「自分たちの利益を代表してくれる希望の星」と見たことは、奇怪である。伝統的に米国の共和党は、社会保険などによって、国富を下層階級に対して再分配することを拒否する。社会保険制度を最小限にして、所得格差をあえて肯定し、「ウイナー・テークス・オール」つまり勝者が全てを手中に収める経済システムこそが、米国を強くした。従って、私はトランプが下層階級に手を差し伸べるとは到底思えない。それは企業の競争力を弱め、米国の自由放任型・市場経済の原則に反するからだ。
(文と絵・熊谷 徹 ミュンヘン在住)ホームページ http://www.tkumagai.de


 



7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月30日 07:33


    壁云々は兎も角、密入国
    防止や不法滞在者の国外
    退去処分は、可能で有れ
    ば実行するのが法治国家
    として本来、当然ですし、
    Merkelの難民受入れが正
    気の沙汰では無い、暴動
    が起きるだろうと言うの
    は、私も然う思いますし、
    Merkelの様な空想的理想
    主義者で無ければ、誰で
    も然う思うでしょう!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月31日 13:02
    トランプを支持した人達は、アメリカを建国当時に先祖返りさせようとしているように思われる。

    アメリカはイギリスを牛耳る貴族階級に反発した人達が、自由と平等を旗印に理想的な国作りをしようとして出来た国だから、国民(共和党の)は予算を与えるとロクなことをしない政府を信用しない。

    だから欧州のような社会主義的な大きな政府を好まない、福祉や医療は政府ではなく裕福な階層がボランティアでやる国。これが国是。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する