mixiユーザー(id:6002189)

2016年12月09日15:03

148 view

脱原子力政策は合憲

ドイツの連邦憲法裁判所は、「2011年の福島原発の事故をきっかけにメルケル政権が原子炉を停止させたことは合憲」という判決を下した。同時に、政府を訴えていた三社の大手電力の内、二社については財産権が部分的に制限されたとして、損害賠償の請求権を認めた。ただし賠償額は、大手電力が請求していた190億ユーロよりも大幅に低くなる見通し。政府・電力会社双方の顔を立てた、憲法裁らしい判決だ。



6 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月10日 05:19
    postfaktisch(英:post-truth)が今年の言葉に選ばれましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月10日 10:30
    ドイツの脱原発への切り替えは羨ましい。日本とは正反対の方針だ。日本の福島第一原発事故の処理費用は11兆から22兆に倍増し、それを国民の電気料金に上乗せすると発表。それでも日本は脱原発は目指さない・・二度と起こらないと信じているのか!?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月10日 15:57
    川内原発もとうとう再稼働へ。三反園知事には心底失望しました。。。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する