mixiユーザー(id:6002189)

2016年09月23日13:26

285 view

AUDI

フォルクスワーゲン排ガス不正は拡大する一方だ。VWはアウディでエンジン開発を担当していたシュテファン・クニルシュ取締役を先日休職処分にし、不正への関与について事情聴取中。取締役について関与の疑いが浮上するのは、初めて。またこれまで不正への関与を否定し続けてきたアウディのルペアト・シュタードラーCEOもVWの調査委員会の事情聴取を受けている。CEOは何を知っていたのか?



4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する