mixiユーザー(id:6002189)

2016年01月19日04:30

304 view

ケルン暴力事件の背景

ケルンで大晦日に起きた暴力事件は、単なる刑事事件ではなく、メルケル政権をも揺るがしかねない政治的なマグニチュードを持っています。
ドイツの法務大臣は「文明社会が一時的に停止していた」と発言しています。難民を受け入れる文化(Willkommenskultur)に黒い影が落ちました。
日経ビジネス・オンラインの連載記事で、背景を分析いたしました。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/219486/011800012/


9 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月19日 09:55
    ドイツの野党は”反メルケル運動”を、暴力という手段に訴えることにしたのですか? 自縄自縛なのに!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する