mixiユーザー(id:6002189)

2016年01月09日05:08

323 view

我が闘争

ヒトラーの著書「我が闘争」は、これまでドイツでは禁書とされており買うことができなかった。ところが、バイエルン州政府が持っていた独占権が失効したため、今日から注釈付きで戦後初めて販売されることになった。書店ではどこも売り切れ。アマゾンでも在庫が底をついた。一体誰が買っているのかな〜?

6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月09日 07:53
    日本の書店には勿論ありませんよね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月09日 09:50
    読んだらみんな洗脳される訳じゃ有りませんから、まあ、戦勝国とユダヤ人への配慮でしょう!然し、「我が闘争」も読まずにHitlerとナチズムの何が判ると言うのでしょう?教科書問題等も然うですが、書かれた物を鵜呑みにする様な馬鹿は時の権力に如何様にでもcontrolされるでしょう!批判精神を培うにも、現物が入手不可では御ハナシにも成りませんよ(笑)!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月09日 12:34
    > mixiユーザー 
    我が闘争は、日本では角川から文庫で出ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月09日 12:36
    > mixiユーザー 
    現物が入手不可では>
    韓国で親北勢力が伸張した理由の1つに「資本論」等の書籍が
    一切発禁扱いで逆に神秘性を帯びた・・・という逆説が唱えられましたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する