mixiユーザー(id:6002189)

2015年01月13日03:49

197 view

有機食品スーパー・大流行


 日本では「食の安全」についての関心が高まっているが、ドイツでも有機農法による食料品(エコ食品もしくはビオ食品と言われる)への人気が高まる一方だ。

 ミュンヘン中心部の住宅街に「ベーシック」というスーパーマーケットがある。同社は、ドイツで急速に拡大しているビオスーパー・チェーンで、17の都市に28の店舗を持ち、年商は1億1100万ユーロ(155億4000万円・1ユーロ=140円換算)。

 ベーシックは、販売する約1万点の商品について、「エコロジー」と「消費者の安全」の観点から厳しいチェックを行い、ホームページの中で細かく解説している。たとえば果物と野菜については、「遺伝子操作が行われた種子は使わず、殺虫剤や化学肥料は一切使用しません。また果物の皮に光沢を与える処理は行いません」と説明。

 また肉やハム、ソーセージについては、「家畜には有機農法で作られた飼料のみ与えます。当社に肉類を納入する農家では、家畜に抗生物質や成長促進剤を与えることも禁止しています。さらに、当社に肉類を納入する農家では、牛や豚、鶏を狭い小屋にすし詰めにせず、十分に運動できるように配慮しています」と説明している。

 この他にも、パン、乳製品、乳児用食品、穀物、豆類、飲料、パスタ、化粧品などについて詳細な解説が行われている。

 欧州連合(EU)に加盟する国々では、EUが2007年に施行した「エコ食品に関する指令第834号」の定義を満たす商品だけを「エコ食品」・「ビオ(有機)食品」と呼ぶことが許されている。ベーシックは、原則としてこのEU指令と、環境団体・消費者団体の指針を、商品を選ぶための基準として使っている。

 ドイツでは、他にも「アルナトゥーラ」と「デンレー」という有機スーパーがあり、3社を合わせた店舗数は266ヶ所、3社の年間売上高の合計は12億4200万ユーロ(1738億8800万円)にのぼる。

 ドイツの消費者は、リスク精神と探究心が旺盛だ。彼らは食卓にのぼる食料品や化粧品が健康に及ぼす影響について、細かい神経を使う。ビオ食料品はそれ以外の食料品よりも割高だが、消費者に好まれる。ドイツでも過去に家畜の飼料のダイオキシン汚染や、古い食肉の流通などのスキャンダルが起き、消費者の意識を尖鋭にした。この国では、ビオ食品のシェアはこれからも拡大するだろう。

(文と絵・ミュンヘン在住 熊谷 徹)

筆者ホームページ: http://www.tkumagai.de
 
   


3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月14日 04:23
    ビオラーデンは、北部より南部の方が多い気がします。南部は高所得者も多いけど、文化的意識、も違うと感じます。まぁ、現在はペニーやロスマン、アルデイもどんどんビオ商品を扱ってきていて意識の変化が感じられますね。たまにアジアショップにもビオのもやしや、ビオのしめじを見かけますよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する