mixiユーザー(id:6002189)

2015年01月11日04:47

131 view

編集者魂

水曜日に殺害されたCharlie Hebdoの編集長Charbonnierは、預言者ムハンマドを風刺した漫画を紙面に載せたために編集部が2011年に放火された後、こう言った。「私は報復は恐れていない。私には、妻も、子どもも、車も財産もない。ひざまずくよりは、立ったまま死んだほうがよい」。残念ながら、現実は彼の言葉通りになり、彼は凶弾に倒れた。すごい編集者魂だ。
8 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月11日 10:45
    爐垢瓦な埆玄垪押匹髪召┐襪隼廚い泙垢、凶弾に倒れた! この運命を予想していたのだろうか?・・・「風刺漫画で世の中を変えられる・・」と信じておられたのか・・私には判らないところもありますげっそり

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する