mixiユーザー(id:6002189)

2014年12月16日02:13

156 view

輸出できないスグレモノ


 私は24年前からドイツに住んでいるが、この国で最も優れた製品の一つは、アパートだと思う。100年以上前に建てられたアパートも、美しく改装されて人々が住んでいる。

こうしたアパートは天井が高く広々としており、現代のアパートにはない風雅を感じさせる。ドイツ人は、古い物でも改修・修理して使えるようにするのが得意だが、その性格は建築物に最もよく表れている。

また新しいアパートは、窓やドアの密封性が非常に高いので、冬でも外気が侵入せず、暖房効率が非常に良い。最近建てられたアパートでは、窓が大きく作られているので、明るい。

最近では、アパート全体の床に温水を通して暖める床暖房も流行している。ガスや石油を使ったストーブに比べると、環境への負荷も少ない。ドイツのアパートには必ず地下室があるので、物の整理にも役立つ。地下に車の駐車スペースがあるアパートも多い。

 この国のアパートは、外国の人々の間でも大ヒットするだろうが、残念ながら輸出はできない。

 一方日本が全世界に誇ることができるのは、サービスだ。日本を訪れた外国の知人から、「日本のサービスは素晴らしい」という感想を聞くことが多い。ホテルやレストラン、商店から列車の切符を点検する車掌に至るまで、日本人の接客態度は世界一だと思う。商店などでも、店員の態度は押し付けがましくなく、しかも必要な情報はすぐに与えてくれる。

新幹線が東京駅に到着してから、わずか10分前後で車両全体の清掃を終えて、車内をピカピカにするようなサービスは、世界のどこにもない。ある時日本のホテルで「ズボンが破れたので、裁縫道具を貸してくれませんか」と頼んだら、無料で修繕してくれた。外国のホテルならば、金を取られるだろう。これまた日本独自のかゆい所に手が届くサービスである。

 私は日本のサービスは、無形文化財に指定してもよいと思っているのだが、これまた残念なことに、輸出はできない。我が国の「おもてなし」を輸出することができたら、外国人の間に日本のファンは増えるに違いない。

(文と絵・ミュンヘン在住 熊谷 徹)

筆者ホームページ: http://www.tkumagai.de
 
 



12 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月16日 07:07
    私は日本のアパートの「収納」力もすごいと思います。小さな空間でいかに物を収めるかという考えが好きです。床下収納とかもありますし。あとは「耐震性」ですね。日本はここの技術は発達していると思います。デザインだけではない。
    ドイツで欲しいのは・・・冷房ですね。夏は・・湿気がある分日本のほうが涼しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月16日 15:50
    概ね仰る通りだと思いますが、「居住アパート」の件、物件そのものは輸出できなくても、構造についての「技術ライセンス」等、ソフト技術は輸出できると思いますが・・。
    そして、新幹線の件、到着後のスピーデイーな清掃のやり方には、外国政府の関係者も驚いているようで、爐修離離Ε魯Δ修辰りわが国に輸出してくれないか?”と引き合いが来ているように聞いています。
    だから、ドイツもこの日本方式を輸入すれば済む話だと思いますが? ドイツ人の性格・・意地でも日本からなど・・の
    思いでしょうかねわーい(嬉しい顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する