mixiユーザー(id:5989457)

2021年11月03日17:59

41 view

ドラムの申し子〜新井田孝則さん

「ススキーノと共に」第751回のゲストはNYに在住して全米ツアー、日本でも全国ツアーなどで活躍している世界的ドラマー・新井田孝則さんでした。

1969年札幌生まれ、札幌育ち。52歳。

4歳からドラムを始めたのは「11歳年上の長兄がドラムセットを購入したのですが、夢中になったのが私でした(笑)」。

中学に入学して「ヤマハ音楽教室」に行ったら、「ドラムスは何も教えることはありません」と言われてアンサンブルを勉強。

いろいろなイベントやバンドに出演してお小遣いを稼ぎ「その頃から渡米を考え、ボストンの名門バークリー音楽大学を目指していました」

札幌西高校から・バークリー音楽大学に1発合格。

「学ぶというよりはライブハウスなどでプロとセッションしてテクニックを磨くという生活でした」。

卒業して活動の場をNYを拠点に移して数年後、オーデイションを受けたのが、人気ロックバンド「Trans-Siberian Orchestra」でした。

全米ツアー、レコーディングにも参加し、そのクリスマスアルバムが100万枚以上のセールスを記録、日本人ドラマーとしては初めて、アメリカレコード協会(RIAA)ゴールド&プラチナディスク受賞ドラマーとなったのです。

「クリスマスが近づくと今でも売れており300万枚以上売れています」

また、自己のバンド活動や世界のトップミュージシャンのレコーデイング、全米ツアーや日本での全国ツアーなどにもハービー・ハンコックのベース・ジェームス・ジナスさん、山下達郎を40年以上サポートしているベースの伊東広規さん、日米で活躍し新井田トリオのベース・ウイル・リーさん、バークレー音大准教授のギター・トモ・藤田さん、新井田さんとバークレー同期生のギター・養父貴さんなど超一流ミュージシャンと共演しています。

この日の放送ではそれぞれの楽器がジャズの即興的なテクニックを競い合い、日本人ば離れした新井田さんのド迫力のドラミングが展開する「Just Groove Me」「 Tokyo-New York Express」「 Warp to Vegas」の3曲と、新井田さんが自ら制作、プロデュース、演奏した札幌在住のシンガーソングライターNORIKOさんのニューアルバム「AIR ERA」から「Rely On Me」「ミルラ」の2曲も紹介してくれました。

この曲には札幌で注目されているギターの実力者・鳴海賢治さん、キーボードの太田優樹さんも加わっています。

「コロナの感染拡大で全く身動きできない時期も長くありましたが、ようやく11月後半には2週間ほどの全米ツアーが始まります」とあくまで前を見据えたドラムスの申し子・新井田孝則さんでした。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930