ホーム > mixiユーザー(id:594622) > mixiユーザーの日記一覧 > タイトルからして

mixiユーザー(id:594622)

2017年06月14日00:10

75 view

タイトルからして

■元SEALDsの諏訪原健「独裁者にとって便利過ぎるテロ等準備罪の危険」
(AERA dot. - 06月13日 07:02)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=4617660

毎度おなじみというか、ある意味売れっ子ですか?
こうやって取り上げてくれるからある意味大したものだと思う。

いや、普通にmixiでももろもろ日記等に書いたりしてるが、まあ普通に大抵少人数が読んでくれるかどうかってところだろう。

稀にある程度の人が読んでくれてみんなの日記として昇格するときもあるが、決して何かしらの雑誌等に掲載やら取材等は来ない。

独裁者にとってというタイトルも、反安部勢力によるおなじみのフレーズです。
いや、普通に突っ込みどころ満載というか選挙のことすら除外してるから面白いです。

選挙の結果このようになった。
ただそれだけの話です。

>そんなことが2、3回繰り返されれば、「市民運動」という響きがどんどんうさんくさいものになっていく。市民運動に「危険」とか「テロ」とか、そういうイメージを植え付ければ、それだけで十分だ。市民運動に参加しようという市民は激減していくだろう。さらに市民団体のほうも、つぶされたらたまらないから、非常に閉じられた運動にならざるを得ない。市民運動は自然消滅の道をたどることになるだろう。

この手の疑問とかあるが、デモするのに警察の手続きが必要なのを理解してるだろうか?
市民運動なんて普通に許可制だから、なにもこの法案でどうにかするってものでないだろう。

話し合っただけで捕まるとかね^^

ってか、どちらにしても警察にいって許可を頂に行くのだから関係ないじゃんって思う。

あと、ちゃんとした市民運動と許可もない過激な運動とは分けて考えるべきであり。
また、やってることが違いすぎて話にならないというべきだろう。

ってか、普通に違法な行為をしつつやってるだから普通にアウトじゃんって思う。
なんの許可もなく、不法に占拠したり・不法侵入したりなど行うだからね。

>あくまでこれは僕の妄想にすぎない。実際にはそんなにうまくいかないかもしれない。でも一度、権力を手にしたら、あらゆる方法を使って、それを保持し続けたいというのは、どんな人間の中にも存在する心理だと思う。

 その意味では、誰が独裁者になってもおかしくない。民主主義の中から、事実上の独裁体制が生まれてもおかしくない。「テロ等準備罪」は、それくらいの危険性をはらんでいると僕は思うのです。

妄想に過ぎないですが、一人の権力だけで上手くいくほど容易い政治関係になってないと思う。

総理が絶大な権力を持ってるのか?という当たりからある意味妄想過ぎてると思う。

三権分立で権力は分けられてる。
また、政治家だけで政治が動いてるわけでもなく、官僚もなにかと動いてるから成り立ってるだろう。
政治家は、民意で選ばれてる。

民主主義から独裁者が生まれるというが、おそらく国民がそこまで熱を持ってやってないからある意味今の状況だとありえないと思う。

テロ等準備罪程度で何かしらの不都合なことが起きるとしたら、普通に国民が見限るだろう。
っで、当然選挙で負ける。

ヒトラーみたいなことを想像してるとは思うが、多分無理だろうって思う。
まず、熱狂してない。
今の自民党なんて消極的な支持でしかない。(野党がだらしないから、あえてまともなのが自民党だよね)
あの当事のドイツってかなり疲弊しきった感じでしたから、あれだけの失業者を日常でも困らない程度にしたという驚異的な事でもやらないと熱狂しない。
失業率60%がなんと1%未満なるとかね^^

普通に国民にとって法律がどうのこうのというよりも、経済的にどんな感じなのかが一番敏感である。

あれだな、経済的にものすごく成長して時給1500円とか軽く突破して
みな普通にある程度の貯蓄も出来て(ほぼ老後の心配しない程度貯蓄額)
働くのも用意(やれ年齢やら男女など)でブラック企業もなく皆楽しく働いてるなんてことになればある意味熱狂するだろう。


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する