ホーム > mixiユーザー(id:594622) > mixiユーザーの日記一覧 > 相手と同じ土俵にあがらない

mixiユーザー(id:594622)

2017年06月13日19:00

124 view

相手と同じ土俵にあがらない

■金田法相問責案を提出=「共謀罪」「加計」で攻防激化―野党
(時事通信社 - 06月13日 17:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4618654

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31382866

民進党離脱した長島昭久議員のインタビューで言ってるが、相手と同じ土俵に上がってやってない。
単純に外野からあれこれ文句を言ってるだけで、その辺はデモと同じという。

動画では安保法制のことを語ってます。

長島昭久議員はまさに安全保障をやりたくて議員になったけど、まさかの安保法制で反対票いれるとはって言ってますが、あれも組織として決まった以上自分がどのように思ってたとして組織を守るためにやるしかないという感じでしょうか。

そのへん葛藤はあると思うが、組織として気に食わないから離脱するじゃーって言う感じになっても周りが止める。
ある程度組織として立場があるから、下のやつことも考えろよってな感じだろう。

代案そものも出さないのは相手と同じ土俵にやるなぁって方針で、なおかつ共産党をいっしょになって選挙を勝つことしか念頭がないというところある意味有権者側みると対案がないから与党になる気がないという感じに思える。

選挙に勝てないとどんなに志があろうとも政治は出来ないが、選挙に勝つことばかり考えて肝心な国政やその他のビジョンなしだと本末転倒である。

長島昭久議員が民進党になって独自でやりかったビジョンとか語ってますが、まさにまっとうな考えです。
共産党とは手を結ばない。
独自の憲法改憲を作るなどなど
自民党案に対抗する手段して示すといったところでしょうか。

自民がダメなら民進党の案でという感じで、長い年月をかけてじっくりと政権を取る道筋とやらを国民に見せるといったところでしょうか。

失った信用なんて1年や2年ぐらいで取り戻すことなんか出来ませんから。
そこは10年かかったとしても良いってところだろう。

ただ、やっぱり幹部がどうしようもないってところでしょうか。(普通にいろいろと指摘されてる。歴代の総理になったやつは辞めろとか。民進党の幹部がある程度辞めないと変わらないとかなどなど)
幹部は選挙に勝つことしか頭がないから共産党にべったり。

あれじゃ与党になるこなんかないです。

安部政権がダメというけど、自民党の今度は誰かになるだけの話。

スキャンダルの質疑が多すぎってところも改める部分だろう。

法案についてもダメなら修正案を出すとか、平行路線なやり方でなく相手の土俵にのってやるべきだろう。
プライバシーの権利がというなら、それを守るような仕組みをいれるとかさぁ。
不足あれば、追加として入れるとか。
あるけどそれも共産党と組ん以上は無理。

共産党の顔色伺ってやるしかない、すべては選挙のためという感じで。
万年野党宣言で安心安全の野党。
おまけに選挙もある程度勝てる。
(ある程度共産党の票もありますから)

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!