mixiユーザー(id:58808945)

2022年01月17日23:19

113 view

実効支配をアピールするラストチャンス

■中国公船4隻が領海侵入=今年初めて―沖縄・尖閣沖
(時事通信社 - 01月15日 16:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6814008

北京五輪間近だというのに、と目くじらを立てた方もおられるだろうが、間近だからこそこのような動きをしたと考えられる。

というのも、さしものPRCといえども五輪開催中にこのようなことは出来ないからだ。

ということは日本としてはラストチャンス。

以前も別の尖閣問題関連のニュース記事で、日本の憲法の範囲内でPRCに実効支配をアピールするチャンスを述べたが、それをやるチャンスだ。

実効支配というと、軍隊を常駐させることを誰もが考えがちだが、そこまでハードにやらなくても行う事は出来る。

元々この地域は海難事故が多く、水死者溺死者が多いところだ。ということで、ソフトなところであれば墓参りをし、日本国政府の名で慰霊碑を立ててしまえば、実効支配をしていることへのアピールとなる。

もしこの件でPRCが日本の民間人の墓参りの船舶を拿捕し、拘束しようものであれば、人権に五月蠅いバイデン政権が先ず許さないだろう。それこそPRCを叩く絶好の理由になるから、PRCもやれない。

もう少しハードな対策としては、民間で使用出来る建造物であればアメリカは黙認していることから、24時間、360度監視出来る灯台を建設するのもアリだ。この灯台は普段観光客が見学出来るようにする一方で、中国海警が侵入した際はリアルタイムで動画サイトで公開されるようにしておけば良い。特にPRCから散々痛めつけられたグーグル、YouTubeは嬉々として協力するだろう。

こんな絶好の大チャンスが訪れているというのに、総理がPRC寄りで、朝日、毎日、時事通信、読売まで支持しているきっしーでは無理か。冷や汗

(了)
7 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月17日 23:46
    おっしゃるように北京五輪間前の今が実効支配の最大のチャンスですね!
    ただご指摘のように岸田首相、林外相では考えも及ばないないでしょう。できるのは高市早苗氏ぐらいでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月18日 10:19
    灯台はいい案ですねexclamation ×2
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月18日 20:53
    再度の投稿失礼します。
    最近の米国ブリンケン国務長官の表情に焦りと無力感にも似たものを感じています。
    中国の台湾進攻への懸念が大きく影響しているものと感じます。事実、中国の軍事力の増強は近い将来アメリカの防衛能力を上回る可能性があります。

    中国が台湾侵攻を決断へ その日、日本が狎鐓讚瓩砲覆
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce9bca168659f331f893e23259d159f6f3904f10?page=4

    > 第一に、中国の中距離ミサイル戦力が増強され続けてきたことは、日本でもようやく一般に認知されるようになってきた。しかし、その増強ペースは専門家でも狹抓里鯣瓦れる瓩曚匹澄F本では北朝鮮のミサイル発射が注目されがちだが、中国が20年に実験や訓練などで行った弾道ミサイル発射は250発を超える。これは同年に中国以外の国で行われたミサイル発射を全て足し合わせた数よりも多い。

    > 19〜20年にかけてはランチャーの増勢は見られなかったものの、DF-26のミサイル本体については約200基から300基へと100基分の予備弾が増産されたことが確認されている。また、日本を射程に収める準中距離弾道ミサイル(MRBM)は、19〜20年に100両分が増産されて計250両となった上、ミサイル本体に至っては19年に150基以上とされていたものが、20年には600基と凄まじい勢いで増産されていることが明らかになった。

    > しかもこれらの増加分の多くは、DF-17と呼ばれる極超音速滑空ミサイルだとみられる。21年の時点で、DF-17が即時投入可能なMRBM戦力の約4割を占めていると仮定すると、20年代後半にはこれらの増勢がさらに進んで、南西諸島を含む西日本の自衛隊基地・在日米軍基地の大半が開戦と同時に瞬時に無力化されてしまうという状況が現実味を帯びてくる。これは日本の防衛態勢を考える上で極めて憂慮すべき事態である。

    > さらに言えば、MBRM戦力の増勢はより射程の長いDF-26に運用上の柔軟性を与えることにも繋がる。これまでにもDF-26は、DF-21Dと並んで「空母キラー」と称されてきたが、ランチャーの増勢によって同時発射能力が強化されたことに加え、予備弾が追加されたことで、DF-26は空母のような高価値目標に限定することなく、イージス艦や補給艦などのその他の艦艇にも使用されうる対艦弾道ミサイル(ASBM)となりつつある。

    上記引用の中で特に目を引くのは次の部分です。
    > しかもこれらの増加分の多くは、DF-17と呼ばれる極超音速滑空ミサイルだとみられる。21年の時点で、DF-17が即時投入可能なMRBM戦力の約4割を占めていると仮定すると、20年代後半にはこれらの増勢がさらに進んで、南西諸島を含む西日本の自衛隊基地・在日米軍基地の大半が開戦と同時に瞬時に無力化されてしまうという状況が現実味を帯びてくる。これは日本の防衛態勢を考える上で極めて憂慮すべき事態である。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月19日 23:07
    > mixiユーザー こんばんは。

    コメントとイイネをありがとうございます。

    ご紹介のウェッジの投稿、拝見致しました。

    執筆者は日高義樹氏かなと思ったら、村野将氏で、何と彼もハドソン研究所の人でしたか。日高氏もそうですが、ハド研はアメリカの保守層と考え方を共有する論調で知られております。ハド研の考え方に協調する人は民主党よりも共和党の支持者が多く、対アジア政策も中国ではなく、日本を中心に考えます。

    日本のマスコミは中韓両国から手玉に取られ、財界も中国にビルドインされている企業が多いので、音なしの構えをしています。

    更に「プライマリーバランス(PB)黒字化」という財政愚策で、防衛費に割いた分、どの予算を削るのかとツッコミを入れられる状態です。国滅んで借金返済出来たというのでは話になりませんが、それを推し進めているのが、財政再建原理主義者(大増税無くして、財政再建無しと考える連中)の首魁・財務次官の矢野康治に手玉に取られているきっしーです。

    最早防衛力を嵩上げして抑止力を上げる段階は過ぎてしまったと思い、現行法で何とか出来ることを上記に記した次第ですが、それすらする気配がない岸田政権では・・・。

    ブリンケン国務長官の焦りと無力感はチャイナの調略を知り、日本の政治家、財界、マスコミに至るまで、すっかり無力化されていることに気付いたのもあるかもしれません。

    今から20年ほど前ですが、国際ジャーナリストの落合信彦さんが『ザ・ラストウォー』というシミレーション小説を書いています。ラストウオーとは米中戦争のことです。その結末は日本も一度は覚悟を決めてアメリカと共闘しようとするのですが、結局日本はチャイナの調略で日和見を決め込み、米中との間で戦端が開かれようとしているところで終わっています。落合氏は2008年の北京五輪の年を舞台にし、年は当たっていませんが、政治家、財界、マスコミに至るまでチャイナの調略で無力化しているところは不気味な符合と言わざるを得ません。

    遠い昔、壬申の乱で勝利した天武天皇(大海人皇子)の長男で実質的な総大将だった、高市皇子の子孫と考えられる高市早苗氏を誰か(多分安倍さんしかいないでしょうが)担いで政治的にクーデターを起こすぐらいのところまでやらないと、冗談抜きでこの政権では台湾、尖閣はおろか沖縄すら危ないかもしれません。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月19日 23:13
    > mixiユーザー こんばんは。

    コメントとイイネをありがとうございます。

    機雷を流せば良いという意見もありますが、それはソフトオプションが効かなくなった場合だと思います。灯台を置けば、国家公務員が1人以上常駐せざるを得ません。ということで、日本国の領土であることを無言のうちに主張出来ます。

    またもう少し時間があるならば、国際海洋研究所を建設し、世界の高名な学者を集めるのも良いと思います。もしチャイナが攻撃してくれば、学者の本国政府が黙っていません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する