mixiユーザー(id:58808945)

2021年12月27日21:43

104 view

大いなる欺瞞【狂気のEV化】

■送電線網だけで全世界で3兆ドルが必要■

地球上のガソリン車とディーゼル車をEV(電気自動車 以下EVとします)に置き換わった場合、ボストン・コンサルティンググループが一体幾らインフラにおカネが掛かるのか試算した。

現在地球上には76億台のガソリン車とディーゼル車が走っているという。そのうち社会的にまずまず多くの人が生活にそれほど支障が出ない普及数は10%で約8億台。8億台がEVに置き換わった場合、送電線網の拡充だけで最低で1.3兆ドル(約150兆円)、最大で約4.3兆ドル(約500兆円)に達するとの試算結果が出た。

しかもこれは飽く迄送電線網の拡大だけである。津々浦々にあるロードサイドのガソリンスタンドを充電スタンドに替えた場合、同所では分からないとのことである。驚愕の金額が飛び出して来るのは間違いないだろう。

送電線網だけで、中央値を採ったとして、約3兆ドル(約350兆円)ものコストが掛かるのは正気の沙汰ではない。

■日本が「化石賞」であれば、フランスは「放射能賞」だ■

そもそも様々なエネルギーを利用しているのは、リスクヘッジの側面が強い。リスクヘッジは金融資産のポートフォリオに限らず、エネルギーにも言える。

下記の資料を御覧頂きたい。▼

https://www.renewable-ei.org/statistics/international/

日本がエネルギー源を石炭に依存していることで、世界から叩かれているようだが、日本の場合、福島第一原発事故を機に原子力依存がタブーに近い状況にあるため、致し方ない側面が強い。現にこの資料から2020年度は4%に過ぎない。私から言わせればゼロではなかったのかと云いたくなるほどだ。

それにしたって、石炭は31%である。中国、インド、豪州は50%を越えているではないか。日本の事を「化石賞」とボロカスにこき下ろすのであれば、フランスはどうだろう。何と原子力「だけで」66%にもなる。こき下ろした連中のなかにフランス人がいたら、

「日本が化石賞ですか。でしたら貴国は放射能賞ですな。アハハ。」

と嗤って言い返せば良い話である。

日本に限らず、中国、インド、豪州も石炭への依存度が高い理由は電気では費用対効果が芳しくないからに他ならない。実際電気はエンドユーザー(我々)には実質30%程度の熱量
しか届かないのである。

■自動車との相性が悪い電気■

現実的に見て、現在最も効率が良いのはコンバインド発電だろう。天然ガスを燃焼させて、電気を作りつつ、その廃熱で水蒸気を発生させ、その水蒸気でタービンを回して発電する方式だ。しかしこれでも約30%は失われてしまう。

このような投稿をすると、決まって

「太陽光、風力は変換効率は悪くてもタダだ。」

と面白いことを云ってくる人たちが必ず出て来る。

しかし電力を生み出すのに必要なのは何も一次エネルギー源だけではない。一次エネルギー源に転換し、電力を上げて送電ロスを出来るだけ少なくするには、変電所や送電線網が不可欠なのである。その減価償却費とて、馬鹿に出来ない。

しかも電力は一度産出出来たら、どんどん使った方が実は効率が良い。乾電池があるじゃないかと云うご意見もあるだろうが、時間が経つと、使おうが使うまいがどんどん放電して無くなってしまう。このあたりは電動工具を多用している職人さんであれば、よくご存じだろう。保管時のロスも考えないといけない。

逆に化石燃料は保管時のロスを考える必要は余りない。必要な時に燃やせば良い。天然ガスはやや貯蔵しにくく、核燃料は安全維持コストが非常に高い。ガソリン、石油、石炭は保管さ気を付ければ保管時のロスは皆無である。日本政府が廉価なのは分かっていても、依然として都市ガス区域をなかなか広げようとしないのは、戦時中にABCD+S包囲網で兵糧攻めに遭った苦い経験からである。プロパンガスの正体は実は石油で、石油は保管しやすいからである。

この放電という保管時のロスがあるお陰で、電気は単純な仕事には実は向いていない。最終消費までのロスが大きいからである。パワーを発する以外のこともやらせなければ、割高にならざるを得ない。都会の物流センターでは電動のフォークリフト(フォークリフトトラック)が普及はしているが、これは偏に騒音抑制のためであって、電気が効率が良いから導入している訳ではない。

これに対し、ガソリンや軽油、プロパンガスは単純にパワーやトルクを得たい仕事には向いている。地方のだだっ広い道をひた進む電動のトラックを見たことがない。フォークリフトも電動より、ガソリン、ディーゼル、プロパンガス車ばかりである。

EVを普及させたければ、特に日本のように100Vの弱電がメインの国となると、送電線網にプラグを差し込んで給電させるしかないが、まさか自宅から延々と途方もなく長いコードを引き摺って走る訳にもいくまい。

という事で、EV普及には実は物凄くハードルが多い。

次回はEV普及によって発生する可能性が極めて高い事件について見てみます。

最後まで御覧頂きまして、ありがとうございました。

(続く)
6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月27日 23:46
    中国、インドは織り込み済でしたが、豪州の石炭依存度もまた凄いですね。日本のことを「化石賞」ですか。笑えますね。

    日本は千代田ケミカル、日揮が石炭を液化出来る技術を持っていますから、伊達に依存している訳ではないのですけどね。
    それにしたって、31%です。ご提示いただいた資料を拝見しても、日本よりも韓国の方がさらに高く37%。受賞候補はたくさんあるのに、なぜ日本が?

    と考えると、EVを推進したい人たちの手先が代表としてCOPに出席したのではないでしょうか。

    工具でもエンジン式よりもバッテリー式はお高いですよね。近所の定年退職をした叔父さまが350mmのマキタのチェーンソーを買いましたが、モノタロウでも9万円もしたそうです。でも型落ちのマキタの350mmエンジンチェーンソーはたとえばKインズあたりですと、44,800円ぐらいですよね。バッテリー式は何か付加価値がないと、本当に費用対効果が悪いのと同様、EVにも云えるのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月27日 23:59
    > mixiユーザー こんばんは。

    コメントとイイネをありがとうございます。

    ミレニアムシンドロームでも書きましたが、日本には舌先三寸でコロッと庶民を騙しおおせるエリートはいない反面、「上に政策あれば、下に対策あり」を地で行く、逞しい庶民は少なくありません。

    10年前はハイブリッドカーで無ければ、エコではないでしたが、今はEV、再生可能エネルギーでなければ、エコではないという論調にまともな人であればあるほど、胡散臭いと感じているはずですよ。ご認識の通り、彼らは手先だと思います。

    我々の代であれば、慌ててハイブリッドや馬鹿っ高いEVに乗る必要なんて、全くありません。

    ご自分の懐具合と相談しつつ、好きなクルマに乗りましょう。

    実際原油先物市場を見れば、高止まりを続けています。先物市場は先行指数の最も先にいる指標です。それが高止まりということは、石油王手(オイルメジャー)はどうせ再生可能エネルギーなんて、上手く行きっこない。縋って来たら、うんと吹っ掛けてやれば良いと手ぐすねを引いて待っているはずです。

    ところでマキタのバッテリー式チェーンソーが売れているのは排気ガスや騒音が軽減出来るからだと思います。エンジン式の方が断然お得です。マキタのチェーンソーは実はコマツゼノアが製造しています。ゼノアはマキタほどネームバリューがないので、ゼノアでしたら、更に5千円安く入手出来るはずです。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月28日 23:28
    送電ロスは以前から指摘されていることですよね。だから電力消費地に近い所に発電所を作るというのは電力会社にしてみればイロハのイです。中国が作ろうとしている大量の石炭火力発電所は消費地に近いところだと聞いています。
    それにしても、10%約8億台がEVに置き換わっただけで、送電線網の拡充だけで最低で1.3兆ドル(約150兆円)、最大で約4.3兆ドル(約500兆円)に達するとの試算は驚きです。10%約8億台でこの数字です。50%だとその5倍の額になります。
    これだけのものを建設するのにどれだけのエネルギーが必要になるのか、CO2換算ではどれだけ排出されることになるのか?

    EV化はもはや中国の国家戦略なので、地球温暖化防止は二の次だと感じます。COP26に国家元首が参加しなかったのはその証と受け取られても仕方ありません。
    こう考えるとEV化には大量の石炭火力発電所と原発が必要になるので、車のEV化と環境保護、温暖化防止とは相容れないと私は考えてしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月29日 00:34
    > mixiユーザー こんばんは。

    コメントとイイネをありがとうございます。

    流石に御詳しいですね。御認識の通り、広大な送電線網を建設するのにどれだけのエネルギーが必要になるのか、CO2換算ではどれだけ排出されることになるのかまで指摘したものは皆無でした。私も減価償却費までしか考えが及びませんでした。

    ガソリン車、ディーゼル車、プロパンガス車をEVに替えることと、環境保護、温暖化防止と相容れないと私も考えております。

    些かサブタイトルがセンセーショナルで「狂気」と記しましたが、我々庶民から見て、経済力も資産も学歴も高い方たちがこのような計画を立てていること自体、驚愕すると同時に、良くない方向に向かっているのではないかと考えざるを得ませんでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する