mixiユーザー(id:58808945)

2019年12月07日20:57

128 view

ポタリストの記録・【北相模ポタリング・その3】

■お見舞い■
 
 とある医療施設にある建物に入ったここは津久井湖を一望出来る。

 嘗て相模湖が職場だった頃、このあたりから通えたらどんなにラクちんだろうと思ったものだ。施設にいる方は一様に穏やかだ。ヘルメットをぶら下げ、ラフな格好で入る輩は私ぐらいでしかない。

ここまで読まれた方は「なあんだ、高齢者の施設に見舞いか。」と思われたかもしれない。確かに見舞いは事実だが、相手は高齢者ではない。

若年性認知症を発症した人である。

若年性認知症は64歳までに発症したものだが、発症者の平均年齢は51歳。晩婚化が進んでいる日本ではこの歳だとまだ子どもが大学生であることが多々あり、最もおカネのかかる時期のはずだ。一家の大黒柱を直撃するのだ。彼もまた52歳で発症した。若年性としては決して早すぎる発症年齢ではない。厚労省の調査では若年性認知症は約4万人。少なくは無い数字である。

グループホーム(注1)のユニット(注2)では最も若いメンバーである。が、発症前の彼とは別人ともいえるほど老けていた。最初は物忘れから始まる点は高齢者と一緒だが、次第に酷くなっていった。鬱病だと思って医者に行き、医者から抗うつ剤を処方されたが、効かず。やっと脳ドックを受けて判明した次第である。矢張り病気よりも精神的ショックが酷かったという。

本来若年層認知症の方が早期発見、治療が望まれるが、日本は依然として働き盛りの者に対する病気への配慮が少ない。何しろ40代、50代の引きこもりの問題とて、若年層が罹るものと見做し、見て見ぬふりをし続けがゆえに問題が顕在化した。今までの泥縄的な方法の「前科」からすると、若年性認知症も同様のケースになる可能性が高い。彼を始め、若年性認知症の場合予後が心配である。

グループホームの建物の中はユニットごとにゆったりとしたスペースが与えられている。壁も緑系やウッディなもので、温もりのあるデザインとなっている。嘗ての「収容所」のような印象は鳴りを潜めた。措置制度(注3)から地域包括ケア(注4)に変わった恩恵だろう。だが残念ながら認知症は現代の医学では完治することは出来ず、進行を遅延させるのが精いっぱいである。この点も彼を酷く落胆させたという。

しかしながらそれでも彼はまだマシな方かもしれない。

現実には物忘れが酷くなった、とご自分を誤魔化して働き続けている人も少なくないと聞いたことがある。

■認知症を引き起こす者の正体■

ここではサイクリングが主なテーマなので詳しくは触れないが、認知症を引き起こす者の正体は段々と分かって来た。これまで認知症を引き起こすのはアミロイド・B(ベータ)タンパク質だった。特に彼のように糖尿病を元々持っていた人は一層発症しやすい(通常の健康な人の発症率の4〜5倍)。なぜかといえばインスリンもこのタンパク質も分解する酵素は同じ。糖尿病の場合、インスリンの分解が優先される為、どんどんこのタンパク質が蓄積される。この蓄積によって、脳内の海馬細胞が本来の機能を果たせなくなり、死滅していく。その結果神経細胞が無くなり、認知症に至ると考えられてきた。

しかし今ではアミロイド・Bタンパク質も勿論だが、タウタンパク質が主犯と目されるようになって来た。

タウタンパク質

それ自体は普段は認知症では無い人の体内に普通に存在する。神経細胞を支えるいわば足場パイプのような役割を担っている。ところが何らかの事情でこれが異常にリン酸化すると、遊離してしまう。遊離するとやがてタウタンパク質同士が固まり、神経細胞を壊してしまう。伝達が上手くいかなくなり、神経細胞が機能不全となる。神経細胞の先端にはシナプスと呼ばれる情報伝達の役割を果たす糸状のものがあるが、それも脱落してしまうのである。脳内にはミクログリアという白血球の単球の細胞が常に免疫の役割を果たしている。修復を手伝う、或いは死んだ細胞を食べて処分することも行なう。だが、タウタンパク質によってバラバラになった神経細胞に過剰反応して攻撃するようになる。神経細胞の壊死が進み、認知症が進行、臓器不全も引き起こし死へと向かうのである。今後はタウタンパク質の蓄積が引き起こす作用を抑制するところに予防が置かれることは間違いない。

■就職氷河期世代の若年性認知症はきっと多いはず■

医学の進歩が先か、認知症の進行が先かという問題に今後は直面してくるかもしれない。

やや暗澹とした気持ちになりつつ、施設を後にした。楽観視はとても出来ないのは私が就職氷河期世代ということもあろう。この世代の社会に対する見方をひとことで言えば

「渡る世間は鬼ばかり」

である。自己評価も低く、会社なんぞこれっぽっちもあてにしないで自分のことは身体に過度な負担が掛かってでも全て自分でやろうとする人が多いから、バブル世代、ゆとり世代から一目置かれることも多々あるものの、彼らに対して気を許さない人は多い。そもそも我々の世代の多くは彼らを同じ日本人とは思っていない。

恨みつらみ、因縁というものは人生で最も重たいストレスのひとつだ。それを生涯抱えて生きるのは余程強くないと出来ない。きっと我々の世代の若年性認知症患者は潜在的には相当多いはずである。何しろ好景気に就職出来なかったというだけで、三菱総研の調査では年齢で線を引いた場合、バブル世代との年収格差200万円もある。社会、行政なんぞ信用していない人も同級生には少なくないのだ。相当ストレスから若年性認知症を誘発し、罹っている人は多いのではないかと心配である。しかも社会、行政に対する不信感は根強いから、健康診断で限りなくクロに近い結果が出たとしても、治療に応じない人が多いかもしれない。

■来年は川尻八幡宮もお宮参りに検討■

R411を進むと道志方面から来たと思しきローディーの一団がいた。同じ方向であれば先に行かせる積りだった。ポタリングとはマイペースのサイクリングであり、追いまくられるものではないからだ。目的が前にいる人をぶち抜く事で快感を覚える走り方とは正反対である。

一団は津久井湖北岸に行ったので、R411を進むことにした。津久井湖までは一転下り坂なので苦にならない。しかもこの日は湖上祭だったこともあり、所謂ノロノロ状態だったので、後続の乗用車に追いまくられることもない。

湖の東側はなだらかな上り坂。相変わらずノロノロ。ここは最早慢性的としか言いようがない。私が相模湖の職場にいた時も同様だった。それで仕方なく配達の時は北岸の信号のない、夜はちょっと怖い道を通ったものである。311の時もこの道を通って退勤した。周囲は崖崩れも恐れもあるから行かない方が良いぞと忠告してくれたが、この道を通った。なお、津久井、相模湖周辺で日赤の病院の前以外は信号機も停電していた。ならばなおのこと、崖崩れが無いとしたら、山道を走った方がより安全である。

旧城山町の住宅地を抜けて進んだ。途中八幡宮が見えて来た。鳥居からでは果たしてお宮の名は分からない。七五三の子どもが出て来るから地元では有名な名刹なのだろう。それゆえ一応は参拝した。幾ら貧乏人の私でも神仏を受け容れる余裕はある。ここまで事故が無かっただけでも感謝すべきだ。

直進すれば来た道に出るが、右折した。高尾街道に出るはずだが、途中懐かしいスーパーセンターがあった。アルプス系のコピオ城山である。25年ほど前にアルプスが手塩に掛けて出店したお店だ。しかし嘗ての賑わいはない。なぜだろうか。

とりあえず、こちらのパン屋でパンを購入して遅い昼にした。風水、奇門遁甲の面でそこが凶方位であったとしても、南西の方角は野菜、パン食は推奨されるのである。

アルプスは嘗てスーパーセンターを作る構想を立てていたが、今やローカルなスーパーに甘んじている。それもそのはず、傍にエコスが出来たからだろう。

なだらかな下り坂。T字路前に鳥居・・・。

先程参拝した神社が実は土地の氏神であることを知った。帰宅後川尻八幡宮という名も分かった。

しかもこちらの神社は何と鶴ヶ丘八幡宮の注連縄も作っているという。それほどの場所らしい。以前令和の時代は八幡宮と不動尊が最もお勧めだと書いたが、ならばいかない手はないと思った。
 
なぜ県道近くの神社が鎌倉殿(源氏)から見たら、鎌倉の精神的な支柱のひとつである鶴ケ丘の注連縄を作るところになったのだろうか。

それは地理的な理由もあろうかと思う。

境川は嘗て相模と武蔵を分けていた。しかもお寺、神社は地域住民のコミュニティの場という意味もあるが、戦時になると本陣が置かれることはよくある話だ。鎌倉幕府とすれば川尻八幡宮は北方から攻めて来る勢力の防衛ラインのひとつにもなるし、仮に武蔵が陥落した場合、そこを足掛かりに奪回を狙う事も想定していたかもしれない。

時代が下って後北条氏(戦国大名の北条氏)は伊豆から手堅く関東を窺ったが、史書には詳しく述べていないものの、矢張り相模伊豆程度で満足しているような大名ではないから、ここから武蔵の大地を窺った事は容易に想像出来る。しかも背後には津久井城があった(勿論当時は津久井湖は存在しない。津久井城跡へのアクセスは津久井湖南岸から散策は可能)。

特に3代氏康の代で北条氏は関東の占有権を獲得したと言っても良いほど拡大した。

川尻八幡宮は地味だが、ちょっとそのような想像を掻き立てる名刹である。自宅から見て南西の名刹として令和時代を通じて親しみたい名刹のひとつとなった。

往路はそのまま直進、橋本市街地から相原駅前を通り、八王子市の東京造形大前の裏御殿峠を抜けて片倉、そして浅川へ。来た道を帰った。

往復で約67kmのライドだった。

最後まで御覧頂き、ありがとうございました。

(注1):小規模多機能介護施設。認知症の人専用の施設で、原則はその地域に住民票がある人しか出来ない。

(注2):班のこと。

(注3):申請者が各地方自治体に申請し、受理し、審査後、各地方自治体が一方的に施設を決めていた制度。

(注4):地域包括ケア:地域における医療・介護の総合的な確保、推進を図る為のシステム。平成26(2014)年に改正された介護基本法のトピックのひとつである。

6 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月07日 22:41
    お見舞い、お疲れさまでした。

    認知症の話も興味深かったです。認知症は進みを遅らせたり、症状を軽くする(ソフトランディング)させるしかないと思っていましたが、今はここまで進んでいるのですね。

    タウたんぱく質の変異を防ぐにはどうしたら良いでしょうか。また効きそうな食べものはありますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月07日 23:39
    > mixiユーザー こんばんは。

    コメントとイイネをありがとうございます。

    S-アリルシステインという硫黄系の化合物がタウタンパク質だけでなく、アミロイドベータタンパク質の暴走も防げることが分かって来ました。しかもこの物資は脳関門を容易に通過してくれます。薬品とは異なります。

    いわば、脳が「君は安全だからOK」と認めた物質という訳です。

    ではこのS-アリルシステインはどのような食べ物に多く含むのか大変気になるところですね。黒ニンニクに多く含まれます。S-アリルシステインは毎日0.5mg摂取した臨床例では3カ月でMMSE(アメリカの認知症度を測るスケール)では殆どが正常になっていました。

    その他、認知症を誘発しかねないのは血管の傷みなので、塩分、糖分控えめの食事を心がけた方が良いです。お肉、お魚は摂るなとは申しません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 00:07
    > mixiユーザー ご返信ありがとうございます。

    黒ニンニクですか。目

    近所のファーマーズでパックで5個で2千円で売っていました。あせあせ

    うぁ〜。高級。あせあせ

    でもそれがすぐに売れてしまうんです。衝撃購入している人の多くがママさんか、高齢者。聞くと腸の環境に良いだけでなく、精力もつくんだぞ指でOK、と得意げに年配のオジさまがわたしに教えてくださいました(笑)。

    腸の環境を整えるのであれば、コンビニやヤクルトでヨーグルトを買えば良いのにと思いましたが、認知症に絶大な効果があるだけでなく、予防につながるのであれば見逃せないですね。

    それ以外は意外なほどオーソドックスなのですね。昔の人は最先端の医学を知らずとも健康でした。塩分、糖分控えめはやっていたことです。

    わたしも甘いものやパンが好きなので、気を付けます。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 00:50
    > mixiユーザー ご返信ありがとうございます。

    S-アリシステインを摂取すること以外は認知症予防は意外とシンブルです。

    ですが、ご飯とスイーツが好きな人は気を付けた方が良いです。既に糖尿病に罹ってしまった方も同様です。中性脂肪に「脂肪」という言葉がついていますが、正体はグリコーゲンに成り損なった糖分です。名前に騙されないようにした方が良いですね。

    誤解を恐れずに言えば、エネルギー効率が最も良いのは脂肪です。炭水化物の2倍強ありますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 10:30
    ありがとうございますm(__)m
    参考になりました。

    脳にミネラルが足りないことで痴呆になりやすいと、聞かされて…どうでしょうか!?
    黒ニンニクは高い(><)

    甘い物は好きではないけど…ご飯粒は好きです、控えましょう(笑)
    その言った、施設は増やさないと、、、(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 13:05
    > mixiユーザー こんにちは。

     コメントとイイネ指でOKをありがとうございます。

     脳にミネラルは良いと思います。とはいえ所詮は重金属なので、摂取し過ぎは有害になりますから程々にしたいです。
    脳という臓器は意外に聞こえるかもしれませんが、水分を除くと実は脂質で出来ています。ということはどんな油脂を日頃摂取するかも重要になって来ます。オメガ3、アマニ油、エゴマ油(但し、国産が良いですが、国産は殆どないです)ココナッツオイルも有効かと思います。これらの良質な油にもミネラルは含まれているので、同時に上手く摂取すると良いかもしれません。

    ご飯がどうしても止められない場合は麦を入れるという方法もあります。これで血糖値を大幅にダウンさせた人も少なくありません。

    日本は人口一人あたりの公務員の数はOECD諸国では最低です。本当はこのようなケアは国がやるべきですが、全く公務員の数も増やそうとしていません。増えているのは大阪を中心とした、非常勤、非正規の公務員ばかりです(これを推進したのがパソナです。パソナのお偉いさんに竹中平蔵さんがいるのです)。何しろ駐禁の取り締まりすら民間に委託しているほどです。他のOECD諸国では不景気になると公務員を増やすのが景気対策となります。GDPの項目のうち、

    政府消費最終支出

    という項目が増えるからです。ところが日本ではあろうことか、今年は公務員の募集はしません、というと経済に不勉強過ぎる中高年(特に高の方)国は無駄なお金を使っていない、と解釈され、歓迎されるから呆れたものです。その結果、割を食ったのは若者たちでした。

    それでいて、行政コストは馬鹿っ高いです。例えば地方自治体の議員の年間報酬ですが、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、スイスでは「年間で」数万円です。月間ではありません。ところが日本では年間で700万円。しかもこの「おらが村の先生」には何と一般企業でアルバイトでも良いので、1年でも汗をかいて働いた事があるのか、と言われたら、そんな経験も無く少子高齢化であることにつけこんで議員に居座っているものですから、ろくなことをしない訳ですね。このままいけば冗談抜きで地方議会は利権ブローカーの巣窟と化すでしょう。

    行政コストを削り、その分福祉関係の公務員を増やして欲しいところです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 13:27
    > mixiユーザー 
    本当に…(>_<)
    これからの日本は大丈夫かしら…??
    ある経営者の方はもう日本に未練はないです(^○^)

    でもね、(苦笑)
    結構、海外に行って居る方は少なくない・・・

    海外に移住できないの人々は大勢居ますので、
    どうしたら、よいのか?日々の宿題だね、

    宝くじを当たりたい(大口)わ〜(笑)
    来年の方位を是非教えてくださいませ〜♪(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 23:29
    > mixiユーザー こんばんは。

    ご返信ありがとうございます。

    来年のラッキープレイスは外国であれば台湾とカナダが良さそうです。インド、スリランカも南西なのですが、この地域は土の気の乱れが見受けられます。もし行かれるのであれば、食中毒にはお気を付けください。

    ただ宝くじを当てたいのであれば、吉方位よりも凶方位が実は当たりやすいかもしれません。というのも、宝くじで大当たりすることは事故に遭うような確率ですから。その意味では試したことはないですが、

    ・相性の悪い月に・・・例えば子年の人であれば、午の月、6月
    ・相性の悪い干支の人と・・・例えば子年の方であれば、午年の人と
    ・グレー以外の色の服装で・・・グレーは偶然性を除外します。テストでは良いのですが、宝くじ、デートには向いていません。
    ・その年の凶方位に・・・来年の立春以降は東、西、南が凶方位なので、ここで買います。
    ・購入日はその人とたらふく食事をして・・・凶方位に行くことで、災厄を背負いますが、無駄遣いすることで凶災が減ります。

     以上のことをやると確率が高くなるかもしれません。もしご自分の相性の悪い月が分からなければ干支をお教え下さい。

    なお、凶方位に行った時に無駄遣いするという方法は効果的です。特に人におごればより効果的です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月09日 17:21
    > mixiユーザー 
    お疲れ様です♪

    巳年二黒土星
    歳がばれましたわ(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月09日 23:41
    > mixiユーザー ご返信ありがとうございます。

    ということは亥年の人と買うと良いでしょう。ママさんがおごる側になれば当たる確率は高くなります。

    巳年の人にとって相性が逆に抜群に良いのは、丑年(私もそうです、笑)、酉年です。干支の相性って、馬鹿に出来ないですよ。亥の月は過ぎてしまいましたが、11月です。来年は11月に亥年の人と宝くじを買うと良いかもしれません。

    金運アップ、という点では逆に丑の月(1月)、巳の月(5月)、酉の月(9月)はお財布を新調して使い始めるチャンスです。来年のラッキーカラーはエバーグリーン(ややゴールド掛かった濃いグリーン)です。この色のお財布を新調すると使用し始めた日からカウントして、1000日は金運が伸び続けます。出来れば無理のない程度で背伸びして新調するのも良いでしょう。年収×200倍という話は強ち出鱈目ではありません。タイミング良く、ラッキーカラーであればヒットします。二黒土星と九紫火星生まれの元々のラッキーカラーはグリーンですから、こちらも是非ご検討いただければと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 00:43
    > mixiユーザー 四緑木星の人は緑ではないのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 00:53
    > mixiユーザー こんばんは。

     コメントに対するご返信ありがとうございます。

    四緑木星の緑は緑色を意味しているのではありません。自然の緑です。木星は生命を意味していますが、三碧が動物ならば四緑は植物なのです。

    では何色かと言いますと、オレンジが四緑木星の方のラッキーカラーです。エルメスオレンジのような濃い目の明るいオレンジです。

    四緑は企業でいえば、運輸、鉄道を暗示します。

    「やるなあ」電球と思ったのは、JRです。

    嘗てJRにはオレンジカードというサービスがありましたね。相当風水のことを分かった人が企画したと考えられます。
     

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する