ホーム > mixiユーザー(id:5875012) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5875012)

日記一覧

 6月19日、沖縄で元米海兵隊員による女性殺害事件に対する抗議、そして辺野古への米軍基地移設阻止を訴える県民集会が開かれた。香港に拠点を置く中国唯一の民間放送局、フェニックステレビの李(リ・)ミャオ東京支局長は、こういった“沖縄の動き”“県

続きを読む

 未だ先行きが不透明な普天間基地移設問題。そして、長年熾火のように燃え続けている沖縄独立運動。これらについて、当事者である沖縄県民はどのように考えているのでしょうか。無料メルマガ『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』ではその一つの意見

続きを読む

 4月28日、沖縄県うるま市の女性会社員(20)がウォーキング中に性的暴行を受けて殺害された事件で、沖縄県民は大きな怒りにつつまれている。沖縄県警は6月9日、元米海兵隊員で米軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)を殺人と強姦致死の容疑で

続きを読む

 「海兵隊の撤退・削減を含む基地の整理縮小、新辺野古基地建設阻止に取り組んでいく不退転の決意を表明する」 沖縄県の翁長雄志知事は6月19日の県民大会でこうあいさつ。公式の場で米海兵隊撤退に初めて言及した。 今回の県民大会は、翁長知事を支える社

続きを読む

 菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる国地方係争処理委員会の結論を受け、7月中に県側と協議する考えを明らかにした。菅長官は「国の考え方を説明し、県の真意を確認したい」と述べた。

続きを読む

 菅義偉官房長官は26日、沖縄県恩納村を訪れ、米軍属による女性殺害事件で被害者の遺体が見つかった現場で献花を行った。菅氏の沖縄入りは参院選候補者応援のためだが、沖縄に衝撃を与えた事件の現場を訪れることで、再発防止に取り組む姿勢を明確にする狙

続きを読む

 沖縄独立について、龍谷大学教授の松島泰勝さんがアエラ6月27日号にご寄稿くださった。特別に全文を公開する。 昨年9月、翁長雄志知事は国連人権理事会において「沖縄の自己決定権が蔑ろにされている」と訴えた。国際法で保障された民族(人民)の自己決定

続きを読む

 「なぜ娘なのか、なぜ殺されなければいけなかったのか。被害者の無念は計り知れない悲しみ、苦しみ、怒りとなっていくのです。次の被害者を出さないためにも全基地撤去、辺野古新基地建設に反対。県民がひとつになれば可能だと思っています」6月19日、沖

続きを読む

 戦後71年がたち、沖縄戦を体験した世代が少なくなっていく。 そんな中、体験と不戦への思いを次世代へ引き継ごうと努力する人たちがいる。 現在の沖縄の基地問題はすなわち、あの凄惨極まりない沖縄戦からストレートに繋がっている大問題である。「原点」

続きを読む

 安倍晋三首相は23日、沖縄全戦没者追悼式出席のため沖縄県を日帰りで訪問した。7月10日投開票の参院選で、沖縄選挙区(改選数1)は自民党の現職閣僚と野党統一候補の元市長が対決する激戦区の一つだが、米軍属による女性暴行・殺人事件で高まった県民

続きを読む

 安倍晋三首相は23日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「住宅や学校に囲まれた基地の固定化は絶対にあってはならない。それは国と沖縄の共通認識だ」と述べ、移設を推進する方針に変わりはないとの考えを強調した。また、県

続きを読む

 太平洋戦争末期、国内最大の地上戦で多くの住民が犠牲となった沖縄県は23日、戦後71年目の「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で県主催の沖縄全戦没者追悼式を行い、平和の誓いを新たにした。式典では安倍晋三首相と

続きを読む

 米海兵隊はなぜ、沖縄にいなければならないのか。日本政府は表向き、沖縄の地理的優位性などを挙げるが、本当の理由はほかにあった。 日本政府が沖縄駐留を望んでいる。なぜなら、本土で代替地を探せないからだ──。 6カ月ごとのローテーションで沖縄に

続きを読む

 「ぐすーよー、まきてぇーないびらんどー(皆さん、負けてはいけませんよ)」 本土出身の筆者にはまったくわからない沖縄の言葉だったが、その怒気をはらんだ大きな声に身震いがした。沖縄の生の怒りに触れたような思いがしたからだ。 早くも梅雨が明け、

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をめぐり、日米両政府が返還で合意した際に官房長官だった梶山静六氏(故人)が直筆の書簡で、本土の反対運動を理由に名護市での代替基地建設を追求するほかないと記していることが21日、分かった。書簡は22日、沖縄

続きを読む

 沖縄戦を体験した高齢者の4割がPTSD──。衝撃的な調査結果を提示した精神科医は「基地の存在が今なお、沖縄の人々の心に打撃を与えている」と語る。 待合室には、かすかに耳に届く音量でクラシックが流れていた。室内を照らす柔らかな光が心を落ち着かせ

続きを読む

 3日にモハメド・アリの訃報に触れたとき、偉大な人が去ったと感じた。このヘビー級史上最強のボクサーは、1967年にベトナム戦争への徴兵を拒否したために世界チャンピオンの資格を剥奪されていたが、無罪を勝ち取ったのち、72年3月に初来日した。滞在中に密

続きを読む

 [那覇市 19日 ロイター] - 沖縄県那覇市で19日、米軍属による日本人女性殺害事件に対する抗議集会が開かれた。米軍基地に反対するデモとしては、ここ20年間で最大規模。米軍基地をめぐって対立する日米政府と沖縄県の関係をさらに悪化させ、米軍

続きを読む

 沖縄で元米海兵隊員の軍属の男が女性を暴行し殺害した容疑で逮捕された事件を受け、那覇市で19日、被害者を追悼する県民大会が開催された。沖縄県の翁長雄志知事を支えるグループ「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」による開催で、30度を越す真夏日

続きを読む

 沖縄県うるま市で起きた米軍属女性暴行・殺人事件に抗議する「県民大会」が19日、那覇市の奥武山公園陸上競技場で開かれた。主催者発表で6万5000人が参加し、海兵隊の沖縄撤退や日米地位協定の抜本改定、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の閉鎖を日米両

続きを読む

 女性暴行殺人事件で元米海兵隊員の男が逮捕されたことを受け、19日に開催された県民大会。主催するのは「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」。「オール沖縄」が掲げられているものの、自民・公明・おおさか維新などの県内組織は「(革新側の)政治色

続きを読む

 集団的自衛権の行使容認、2度にわたる消費税率引き上げの延期……歴代内閣なら、在任中に一つ成し遂げられれば「御の字」の重大政策を次々と断行してきた安倍政権。 発足3年半の中間評価を下すべき参院選を前に、その政策を検証する。「エスカレートは避け

続きを読む

 [那覇市 18日 ロイター] - 沖縄県に駐留する米海兵隊のトップ、ニコルソン中将は18日、ロイターとのインタビューで、本島北部の訓練場の一部を来年初めに日本へ返還する用意があることを明らかにした。19日に県内で大規模なデモが予定されるなど

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設問題で、翁長雄志(おながたけし)知事は18日、国の第三者機関「国地方係争処理委員会」が17日に示した審査結果を不服とせず、提訴しない考えを示した。翁長知事は「委員会の判断を尊重し

続きを読む

 総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(委員長・小早川光郎成蹊大法科大学院教授)は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐる審査会合を開いた。国と沖縄県に対し、「普天間飛行場返還という共通目標の実現に真摯

続きを読む