ホーム > mixiユーザー(id:5875012) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5875012)

日記一覧

 立憲民主党の枝野幸男代表が26、27日に沖縄県を訪れ、秋の同県知事選を見据えて今夏の県連設立をめざす考えを表明した。ただ、基地問題をめぐる民主党政権時代の「トラウマ」を今も抱え、車座集会や地元議員との懇談を通じた足場固めから始める考えだ。

続きを読む

 立憲民主党の枝野幸男代表は27日、那覇市内で沖縄県の翁長雄志知事に近い地方議員らと会談した。枝野氏は、民主党政権が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で迷走したことについて「期待に応えられなかった反省を踏まえて検証する。考え方が近いと思われ

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に対する賛否を問う県民投票に向け、学生や弁護士らでつくる「『辺野古』県民投票の会」が実施に必要な署名集めを23日からスタートさせた。「ウチナーンチュ(沖縄の人間)として、自分

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、市民団体「『辺野古』県民投票の会」は23日、埋め立ての賛否を問う県民投票を実施するための署名活動を始めた。県民投票条例制定を県に請求するには、2カ月間で有権者の50分の1に当た

続きを読む

 新天皇即位にあわせて「恩赦」の実施が検討されている来年(2019年)5月1日に新天皇が即位することに伴い、恩赦の実施が検討されているとの報道がありました。そもそも「恩赦」とは、国家の刑罰権を行政権において軽減ないし消滅させる制度のことで、我が国

続きを読む

 憲法への願いや望みを歌にしませんか――。日本弁護士連合会(日弁連)は14日から、憲法にちなんだ詩を募集する。「憲法を詩(うた)おう♪コンテスト〜あなたの思いをメロディに乗せて〜」と題した企画で、大賞作には曲を付け、CD化する。 憲法施行7

続きを読む

 自衛隊退職者の最大組織「隊友会」(会員約7万2千人)の支部「東京都隊友会」が憲法改正を求める署名活動を行い、その送付先を自衛隊東京地方協力本部としていたことがわかった。同本部の会議室で改憲運動を議論したこともあったという。 隊友会は公益社

続きを読む

 菅義偉官房長官が19、20両日、沖縄県を訪れた。米軍施設の返還式典出席が表向きの理由だが、基地負担軽減に取り組む政府の姿勢をアピールし、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に影響する今秋の沖縄県知事選の勝利につなげたいとの思惑が

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古海域の米軍基地建設に伴うサンゴ移植をめぐって、研究者が怒りの告発をしている。何が起きているのか。「論文を曲解され、怒り心頭です」 4月21日に沖縄県名護市で開かれた市民団体主催のシンポジウム。サンゴの移植研究で博士号を持つ

続きを読む

 沖縄は15日、1972年の本土復帰から46年を迎えた。今なお全国の米軍専用施設の7割が集中し、政府が進める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡っては約20年にわたって反対の声が上がる。だが、いまだに解決には

続きを読む

 沖縄が日本に復帰して15日で46年。沖縄県内で11日に始まった「5・15平和行進」は13日、最終日を迎え、宜野湾市の宜野湾海浜公園で「平和とくらしを守る県民大会」が開かれた。「日米両政府によって強行される米軍基地の強化、拡大に反対する」と

続きを読む

 沖縄が本土復帰した1972年5月15日を記念し、平和を願って歩く「5・15平和行進」の最終日の13日、「平和とくらしを守る県民大会」が沖縄県宜野湾市で開かれた。炎天下に約3500人が参加し「日米両政府によって強行される米軍基地の強化、拡大

続きを読む

 沖縄が日本に復帰して15日で46年となるのを前に、県内の米軍基地や沖縄戦跡を3日間かけて歩いてたどる「5・15平和行進」が11日、始まった。全国から集まった参加者は「中北部・基地コース」と「南部・戦跡コース」に分かれ、各約40キロの道のり

続きを読む

 沖縄が本土復帰した1972年5月15日を記念し、平和を願って歩く「5・15平和行進」が11日、沖縄本島の2コースで始まった。沖縄平和運動センターなどでつくる実行委員会が主催。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向けて名護市辺野古沿岸部

続きを読む

 沖縄県の本土復帰から15日で46年となるのを前に、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対などを訴える「5・15平和行進」が11日、始まった。参加者は県内2コースに分かれ、13日まで太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を悼む慰霊塔

続きを読む

 沖縄が本土復帰した1972年5月15日を記念し、平和を願いながら歩く「5・15平和行進」が11日、沖縄本島内の2コースで始まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向け名護市辺野古で埋め立て護岸工事が着々と進む中、全国から駆けつけた

続きを読む

 3カ月で367回、多い時には1日29回――。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接し、昨年12月に米軍ヘリの窓落下事故が起きた普天間第二小学校では、いまも米軍機が近づく度に児童たちが校庭から避難している。市教委は「教育に大きな支障が出て

続きを読む

 政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)を、国際自然保護連合(IUCN)が「登録延期」と勧告したことについて、環境省は8日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦書の取り下げを含め、地元

続きを読む

 国内5例目の世界自然遺産を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)は、今年の登録が厳しい状況になった。ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産委員会の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)が「登録延期」の勧告を

続きを読む

 「この1年間で憲法改正の議論は大いに活性化し、具体化した」。昨年の憲法記念日に憲法9条への自衛隊明記を提起した安倍晋三首相の目には、1年たって現状がそう映っているという。「議論がない」「理解が広がらない」と感じる人たちは、それぞれの方法で

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設工事を巡り、東京都の警備会社が海上警備費を国に過大請求していた問題で、沖縄県選出の野党国会議員5人が2日、工事を発注した防衛省沖縄防衛局を訪れ「徹底した真相究明と再発防止、辺野古

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県)の名護市辺野古への移設工事を巡り、下請け業者が約7億円を過大請求していた問題で、沖縄防衛局が内部告発者を特定できる情報を元請けの大成建設に伝えていたことが26日、分かった。防衛省は「個人情報保護の観点で不適切だっ

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事をめぐり、受注した大成建設から海上警備を委託された警備会社が、人数を水増しして人件費約7億4000万円を過大請求しようとしていたことが26日、防衛省への取材で分かった。内部通報を

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けた護岸工事の着手から1年。米軍キャンプ・シュワブ付近の道路に座り、抗議活動をする人たち=25日午後、沖縄県名護市  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、護岸工事

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設で、埋め立て工事のため国が計画するサンゴ移植について「今の時期は繁殖に影響する」と反対する意見が研究者から出ている。防衛省は「繁殖の時期を避けるべき」だと明記された沖縄県のサンゴ移植マニュアルなどをもとに、

続きを読む

 いまだに森友学園問題の説明から逃げ続けている安倍昭恵夫人が、今度は、ヘイト運動関係者が主催した政権応援デモに"感謝のメッセージ"を送っていたとして話題になっている。 その政権応援デモとは、大阪府で21日に行われた「偏向報道に負けるな!安倍政権

続きを読む