mixiユーザー(id:5875012)

日記一覧

 沖縄県が有識者の意見を政策に反映させるために設置した「米軍基地問題に関する万国津梁(しんりょう)会議」(柳沢協二委員長)は25日までに在沖米海兵隊を段階的に県外・国外への分散することが合理的であるとする提言書をまとめた。米軍普天間飛行場の

続きを読む

 「あいちトリエンナーレ2019」に交付される予定だった補助金約7800万円が昨年9月下旬に「不交付」となり、約半年が過ぎたタイミングで一転「交付」となった。この間、不交付撤回を求める署名活動を行い、10万筆もの署名を集めたのが、同トリエンナーレ参加

続きを読む

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)返還の方策などを有識者で議論する「万国津梁会議」が、米海兵隊の訓練を県外の自衛隊基地などに分散し、普天間の段階的返還を目指す提言書をまとめたことが25日、関係者への取材で分かった。普天間の危険性を早期に除

続きを読む

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、建設に反対する市民らは25日、新基地建設に使う土砂の搬入が行われる名護市辺野古や安和、本部町で抗議の声を上げた。 名護市安和の琉球セメント桟橋前では午前7時30分ごろから土砂の搬入作

続きを読む

 「7年間という長期政権で安倍さんは権力を持ちすぎてしまった。安倍さんを守るために官僚も大臣も平気で嘘をつき、国民ではなく安倍さんのための政治になっている」 山井和則衆院議員は第2次安倍政権をそう批判する。 通算すると歴代最長の長期政権となり

続きを読む

 文部科学省は24日、2021年度から中学校で使用する教科書の検定結果を公表した。歴史教科書の検定を合格した7社中6社が沖縄戦における「集団自決」(強制集団死)を記述したが、いずれも「(集団自決に)追い込まれた」などの表現にとどまった。前回検定に続

続きを読む

 戦争を実感したのはいつか――。2018年に亡くなった女優の赤木春恵さんにとって、その日は昭和20年8月9日だったという。満州の関東軍を慰問する劇団にいながら、終戦直前の、ソ連軍が侵攻を開始した日を挙げたのだ。 戦下ですら肌に触れて初めて戦争を実感

続きを読む

 新基地建設が続く名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では23日も、大型車両による資材搬入が続いた。反対する市民ら約30人が「みんなで工事を止めよう」「われわれは屈しない」と声を上げた。午前9時には69台の大型車両の搬入があった。 また、

続きを読む

 【平安名純代・米国特約記者】沖縄施政権返還に携わった元米政府高官のモートン・ハルペリン氏は22日までに、米首都ワシントン市内で沖縄タイムスの取材に応じ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題について「返還交渉と本質は同じ」と指摘。日本政

続きを読む

 3月某日。那覇市の県庁には終業後も職員たちが沖縄振興の説明資料を作成していた。「沖縄のために汗を流してきた先輩たちの軌跡をここで途絶えさせるわけにはいかない。今が踏ん張りどころだ」 沖縄振興特別措置法の期限切れまで残り2年。県は沖縄戦で沖縄

続きを読む

 「強行」と怒りの拳/基地建設抗議決議を採択 宮古島で21日、陸上自衛隊のミサイル配備に抗議する集会とデモ行進(主催・ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)が21日、上野千代田の陸上自衛隊宮古島駐屯地前や市役所平良庁舎前で行われた。市民団体らが

続きを読む

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古埋め立ての是非を問う19年2月の県民投票実施を直接請求した「辺野古」県民投票の会の元メンバーらが21日、那覇市内で会合を開き、今後の対応を協議した。投票結果を根拠に埋め立て承認の再撤回を行うことや、全国

続きを読む

 年末年始の1面トップは独自ネタ「年末年始の10日間、全国紙と同じネタを1面トップにしたことは一度もありません」 そう語るのは東京新聞の臼田信行編集局長だ。話を聞いたのは1月9日。12月29日からその前日まで、同紙は独自ネタで1面トップを飾っていると

続きを読む

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で19日午前、建設に反対する市民約70人が同市の米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の声を上げた。大雨の中、市民が「工事を止めろ、民主主義を守れ」などと声を上げて土砂の

続きを読む

 那覇地裁は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通相が関与したのは違法だとして、移設予定地周辺の住民15人が国に裁決取り消しを求めた訴訟で、19日に予定していた判決期日を取

続きを読む

 国土交通相が県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決をしたのは違法だとして、沖縄県名護市辺野古の住民ら15人が裁決の取り消しを求めた抗告訴訟について、那覇地裁は18日、19日に予定していた判決期日を延期すると発表した。理由は明らかにしていない。 住民

続きを読む

 「困っている保育園に届けたい」「消毒液を役立ててほしい」。全国的な新型コロナウイルス感染拡大を受け、沖縄県内の小規模保育園でマスクや消毒液が不足していることを報じた本紙の記事を読んで、県内外から支援を申し出る声や物品が相次いで寄せられてい

続きを読む

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県による埋め立て承認撤回を取り消した国土交通省の決定(裁決)は違法だとして、県が裁決の取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は16日、上告審判決を26日に言い

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県による埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決は違法だとして、県が裁決の取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は16日、上告審判決を26日に言い渡すと決めた

続きを読む

 名護市辺野古の新基地建設を巡る「国の関与」取り消し訴訟で、最高裁は16日までに、県側の上告に対する判決を26日に言い渡すことを決めた。国側の勝訴となった一審福岡高裁那覇支部判決を見直すために必要な口頭弁論を開かないため、県側の敗訴が確定する見

続きを読む

 【軍事の展望台】海自保有で、海外にも災害派遣 人類は何度も疫病による大打撃を被ってきた。14世紀ヨーロッパで大流行したペストでは1億人程が死亡し、ヨーロッパの人口は半減したとされる。19世紀インドに発し世界的に流行したコレラは、幕末に開国した

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、11日午前、沖縄防衛局は同市安和の琉球セメント社の桟橋敷地内に辺野古埋め立て用の土砂を搬入した。 同桟橋の入り口では、市民約20人が「新基地NO」などのプラカードを掲げ、座り込んだり、反対の声を上げて抗議し

続きを読む

 13日に成立見込みの改正新型インフルエンザ等特別措置法は、いわゆるパンデミック対処法であり、戦時や大災害時に適用される「緊急事態法」の一形態だ。その問題点を、表現の自由の観点から解説する。(誤植を12日に一部修正)  現政権に緊急事態法制を運

続きを読む

 3月10日、政府は改正新型インフルエンザ等特別措置法案を閣議決定した。同法案は、新型コロナウイルス肺炎に対処するための現行法の改正であるが、法律の中身には一切変更はなく、いわゆる緊急事態対処法そのものである。こうした法制度は、戦時や未曽有の

続きを読む

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は9日、埋め立て工事のための土砂投入作業を続けた。米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸近くの浜辺では、沖縄防衛局がウミガメの産卵場を整備する様子が確認され

続きを読む

 「沖縄の現状を見て」。沖縄国際大の学生約40人が8月に来日予定のアントニオ・グテレス国連事務総長宛てに手紙を送った。事務総長は被爆地の広島県で営まれる「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」などに参列予定。その合間に来県するよう提案している。「沖縄

続きを読む

 河野太郎防衛相にブロックされていた。ツイッターでの個人的経験を沖縄タイムスのコラムに書いたところ、新聞4紙と週刊文春が記事にしてくれた。「沖縄の記者を拒絶」という見出しもあった。ただ、私としては「記者がブロックされた問題」というより、「公

続きを読む

 3月5日の午後4時16分、「十分な時間を確保したオープンな『首相記者会見』を求めます」と書かれた署名キャンペーンが始まった。そこには、「まだ質問が有ります」と書かれている。 「十分な時間を確保したオープンな「首相記者会見」を求めますこれは、安倍

続きを読む

 名護市辺野古の新基地建設を巡り沖縄県が国を相手に起こした抗告訴訟で、那覇地裁は4日、9日に予定していた第2回口頭弁論の期日を新型コロナウイルスへの感染拡大防止のため延期すると発表した。 那覇地裁は延期理由について「当事者と傍聴人が多数にな

続きを読む

 那覇地裁は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、9日に予定されていた名護市辺野古の新基地建設を巡る県と国の「抗告訴訟」の第2回口頭弁論期日を延期すると発表した。新たな期日は今後の状況を踏まえて判断する。 同地裁広報は「当事者や傍聴人

続きを読む