ホーム > mixiユーザー(id:5875012) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5875012)

日記一覧

 宜野湾市上原にある佐喜眞美術館の上空を米軍機が飛び交う。美術館の屋上からは米軍普天間飛行場が見える。軍事力を象徴する飛行場の目と鼻の先で、館長の佐喜眞道夫さん(72)は、美術作品を通し人間の在り方や沖縄戦を問い掛けてきた。 県民投票実施の是

続きを読む

 幻想のメディア SNSの民主主義(12)第1部 何が起こったか SNS上で多くのフェイクニュースが飛び交った2018年の県知事選。その教訓を生かした動きが県内で広がっている。 名護市在住の多嘉山侑三さん(34)=自営業=は、県知事選投開票日の約1カ月後に

続きを読む

 そもそも辺野古〜県民投票を前に〜(1) 「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」が24日、投開票される。日米両政府が米軍普天間飛行場の返還に合意してから23年。そもそもなぜ普天間飛行場が沖縄にあるのか、なぜ辺野古へ移設するの

続きを読む

 東京都内のホテルで10日開かれた第86回自民党大会で、二階俊博幹事長は昨年の沖縄県知事選や那覇市長選での敗北を報告。4月21日投開票の衆院3区補欠選挙や夏の参院選の勝利に向け励むよう訴えた。 二階幹事長は党務報告で「県知事選や那覇市長選の敗北は大

続きを読む

 那覇市出身の映画監督、宮平貴子さん。本紙連載の「マンガ de エイガ」では時折政治や基地問題を絡ませながら自分が見た話題の作品を紹介している。 「幼い頃、米軍基地は空気のような当たり前の存在だった」と振り返る。「気に掛けることも無ければ、基地

続きを読む

 ■幻想のメディア SNSの民主主義(11)第1部 何が起こったか 暖色系のダウンライトがそそぐ薄暗い室内。キツネの面をかぶった人物がリズムに乗ってコミカルに踊り、県知事選候補者の名前を叫ぶ。 〈買い物ついでにー 玉城デニー〉 〈送迎ついでにー 

続きを読む

 北東アジアの平和や軍事基地について考えるシンポジウム「沖縄・韓国民衆会議」(嘉手納ピースアクションなど主催)が10日、読谷村地域振興センターで開かれた。韓国で米軍や韓国軍基地への反対運動に参加してきた文正鉉(ムンジョンヒョン)さん(83)は「

続きを読む

 名護市辺野古の新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票に向けて、「新基地建設反対県民投票連絡会」が制作した横断幕やツイッター(短文投稿サイト)の表紙の画像やロゴに似せて、正反対の主張をする画像がSNS(会員制交流サイト)で発信されてい

続きを読む

 いま沖縄では、若い世代の動向に注目が集まっている。アメリカ軍基地に翻弄される苦難を味わってきた戦後世代とは別に、生まれたときから基地と共存してきた世代ゆえの葛藤を抱えた若者たち。辺野古新基地建設の是非を問う県民投票にこぎ着けた彼らの胸中を

続きを読む

 「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は9日、宜野湾市の沖縄国際大学で県議会各会派の代表者を招いたシンポジウムを開いた。24日の県民投票で問われる名護市辺野古の新基地建設に必要な辺野古沖の埋め立てについて、全6会派のうち参加した県政与党

続きを読む

 ―県民投票の意義をどう考えているか。 「基地問題だけに焦点を絞って投票するのは大変良いことだ。従来より言われているように、選挙はいろんなしがらみがあり、昔は地盤、看板、カバン、今は組織、人気、利益で決まると言われる。だから選挙とは別に辺野

続きを読む

 名護市辺野古の埋め立て予定区域の軟弱地盤を巡って、想定外の深刻な実態が次々に明らかになっている。 軟弱地盤の深さも、改良工事に要する砂杭(すなぐい)の数も、けた違いである。 海面から海底まで約30メートル、その下にある軟弱地盤の層は最も深い

続きを読む

 「2択が『乱暴』なら、辺野古埋め立ての1択だけで工事が進められている現状はどうなんですかね」。モバイルプリンスこと島袋コウさん(31)=沖縄市=は、辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票に向けられた批判に首をかしげる。スマートフォ

続きを読む

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り24日に実施される辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票に向け、「辺野古」県民投票の会などは9日、県民投票の意義や新基地建設の是非を考えるシンポジウムを、宜野湾市

続きを読む

 ドローンなど小型無人機に関するテロ対策立法で、米軍の施設・区域も飛行禁止対象施設に加える方向で検討されているのは、在日米軍専用施設面積の約7割が集中し、沖縄本島の約2割が米軍基地に占有されている沖縄にとっては、米軍機事故や事件の取材活動で大

続きを読む

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に関し、政府は、軟弱地盤がある大浦湾一帯の改良工事のために浅瀬でも1万3544本のくいを打つ予定であることが8日、分かった。船を使って海上から海底に打ち込むくいはこれまで、6万3155本であることが

続きを読む

 【名護】辺野古新基地建設の埋め立ての是非を問う県民投票に向け、名護市の名桜大学学生有志が実施した模擬投票で8日、同大での投票が実施された。学生有志は6日は名護高校前、7日には北部農林高校前で模擬投票を実施した。学生有志は「お互いに意見を交わ

続きを読む

 菅義偉官房長官の定例記者会見での東京新聞・望月衣塑子記者に対する異様な仕打ちが続いている。 望月記者の質問だけは菅長官がまともに答えない。望月記者の質問だけは司会者(内閣府職員・上村秀紀 報道室長)が妨害する。しかも、この異常事態は1年半以

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、大浦湾の護岸予定地付近で確認されている水面下最大90メートル(水深30メートル、地盤60メートル)の軟弱地盤を改良工事するための作業船が国内に存在しないことが8日、分かった。日本作業船協会(東京)によると、

続きを読む

 浦添市の米海兵隊牧港補給地区(キャンプ・キンザー)のそばで育った芥川賞作家の又吉栄喜さん(71)=同市城間=は幼少期に見た米兵たちの姿が強く記憶に残る。創作の原点は戦争に翻弄(ほんろう)された米兵の様子や基地の風景だ。以来、米軍や戦争、それ

続きを読む

 沖縄の辺野古新基地建設問題や北方領土問題で揺れる今の日本。この時代を日本はどう生き抜くべきか。『日本のいちばん長い日』『昭和史』などの著書で知られ、幕末・明治維新からの日本の近現代史に精通する作家の半藤一利氏(88)は、「一つの判断を間違え

続きを読む

 米軍新基地建設に伴う辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の告示まで1週間を切った。県民投票の投票運動は期間の定めや事前運動の禁止がないなど、規制は極めて少ない。公職選挙法に基づく選挙であれば告示前の事前運動は法律で禁じられているが、投票運動

続きを読む

 四国の最南端、太平洋に突き出す足摺岬がある高知県土佐清水市が生まれ故郷。幕末から明治にかけて、討幕運動や自由民権運動が盛んだった土着の気風が駆り立てるのか▼参院議員を2期務め、自由党の小沢一郎共同代表の知恵袋として知られる平野貞夫さん(83

続きを読む

 14日告示、24日投開票の県民投票に向け、辺野古埋め立ての賛否を考えようと、県主催の「2・24県民投票フォーラム」が7日、沖縄県那覇市の沖縄タイムスホールで開催された。軍事アナリストで静岡県立大特任教授の小川和久氏、沖縄国際大・大学院教授の前泊博

続きを読む

 【名護】辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の14日の告示まで7日であと1週間に迫った。県民投票に対する若者の意識を高めようと名桜大学生の有志らは6日、県立名護高校前でシール貼りによる模擬投票を実施した。県民投票の3選択肢を記した

続きを読む

 会見の「謝罪とお礼」をめぐる議論篠田(本誌) 安田さんが11月2日、日本記者クラブで帰国後初の会見を行った時、冒頭で頭を下げて「謝罪とお礼」を言った。それが後日、外国特派員協会の会見で、なぜ謝罪したのかと議論になりました。ジャーナリストが生

続きを読む

 沖縄県の玉城デニー知事は7日、国会内で岩屋毅防衛相と会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県外移設と早期返還を要請した。岩屋氏は普天間の名護市辺野古への移設を進める考えを改めて示した。 会談で玉城氏は「普天間の固定化は絶対にあってはならな

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票について公明党県本は6日までに自主投票する方針を決めた。金城勉代表は6日、本紙に対し「県本として辺野古反対の立場は堅持しているが、普天間問題は非常にデリケートな問題で、二十数年にわたり解決

続きを読む

 2月24日投開票の米軍新基地建設に伴う辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票は14日の告示まで7日で1週間となった。投票に向け県の県民投票推進課は準備を加速させている。県内各地では、県や市民主催で投票を呼び掛けるためのイベントが連日行われ、投票日へ

続きを読む

 沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設で、沖縄防衛局発注の警備業務に就いていた男性が、警備業大手テイケイ(東京)に残業代約480万円の支払いを求める労働審判を東京地裁に申し立てたことが分かった。8時間勤務の前と後に合計3時間半以上は拘束されていた

続きを読む