ホーム > mixiユーザー(id:5875012) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5875012)

日記一覧

 米軍統治下を舞台に、沖縄の若者たちを描いた小説「宝島」(講談社)で直木賞受賞が決まった作家真藤順丈さん(41)が22日、東京都内で共同通信のインタビューに応じた。沖縄県に米軍基地が集中する現状に関し「『そういうものだ』と思考停止してはいけない

続きを読む

 沖縄県内では、辺野古米軍基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の全県実施の行方が話題になっているが、石垣島ではもう一つ注目されているものがある。島中央に鎮座する県内最高峰の於茂登岳のふもと、平得大俣地域への陸上自衛隊配備計画への賛否を

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票は、署名集めを主導した「辺野古」県民投票の会が、選択肢を2択から3択に増やす条例改正案を容認する方針を示したことで新たな局面を迎える。新基地に対する明確な民意を求めた条例制定

続きを読む

 <解説> 沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、政府が埋め立て予定海域の地盤改良に向けた変更申請の手続きに入る見通しとなった。これまで県や識者から幾度となく指摘されてきた軟弱地盤への対応を迫られていることが明らかになり、埋め立

続きを読む

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の全市町村実施に向け、県民投票条例の制定を直接請求した「辺野古」県民投票の会は21日、3択への選択肢の修正を認め、県議会での全会一致に向けた条例改正を容認する方針を決めた。同日夜の同会請求代

続きを読む

 新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を求めた元山仁士郎さん(27)のハンガーストライキは、ドクターストップで終わった。塩と水だけで105時間、命懸けの行動には頭が下がる思いしかない▼私たちはなぜ県民投票をやるのだろう。約4年前、県民は建設反

続きを読む

 新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を巡って、先週末から、さまざまな動きが一気に表面化した。 沖縄、うるま、宜野湾、宮古島、石垣の5市が県民投票への不参加を表明しており、このまま県民投票が実施されれば、全有権者のおよそ3割が投票できなく

続きを読む

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は今春にも、埋め立て予定海域の大浦湾側に存在する軟弱地盤の改良工事に向けた設計変更に着手する方針を固めた。年内に県へ設計変更を申請したい考えだが、玉城デニー知事はこれまで、申請を承認しない考えを

続きを読む

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て賛否を問う県民投票を巡り、投票事務を拒否している5市長に参加を求めるため、「辺野古」県民投票の会代表の元山仁士郎さん(27)が実施したハンガーストライキは15〜19日の5日間、計105時間

続きを読む

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設計画を巡り、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(委員長・富越和厚公害等調整委員会顧問)の3回目の会合が21日午後、総務省で行われた。委員会終了後、会見した富越委員長は「審査申出書

続きを読む

 沖縄県は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う2月24日の県民投票に関し、不参加を表明した宜野湾市など5市の投開票日について1週間延期する方向で検討を始めた。県が21日、新里米吉県議会議長に伝えた。 新里氏が記者団に

続きを読む

 【うるま】「辺野古埋立て・新基地建設反対の民意を示す県民投票うるま市連絡会」は20日夜、県民投票の事務を拒否している島袋俊夫市長に事務実施を要求する緊急総決起大会を沖縄県うるま市生涯学習・文化振興センター「ゆらてく」で開いた。参加した市民ら

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施を求め「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)がハンガーストライキをした宜野湾市役所前では、ハンスト終了翌日の20日も、請願署名に訪れる市内外の県民が後を絶たなかった。同所での

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設中止を求める、米大統領への嘆願署名運動を呼び掛けたハワイ在住の沖縄系4世、ロバート・カジワラさん(32歳)に1月14日午後、東京都杉並区の「ライブ&イベントハウス 高円寺グレイン」で約1時間のネットインタビューを行

続きを読む

 「会員弁護士のバックグラウンドだけで懲戒を請求した。個人への攻撃だ。強く非難しなければならない」 2018年7月25日、記者会見を開いた沖縄弁護士会の天方徹会長は、沖縄弁護士会に大量の懲戒請求書が送られてきたことを明らかにした。そして懲戒請求を

続きを読む

 【東京】安倍政権による辺野古新基地建設強行が憲法の重要な原理を侵害し憲法違反だとする声明を全国の憲法研究者ら有志が準備している。20日時点で、小林武沖縄大客員教授や高良沙哉沖縄大准教授、飯島滋明名古屋学院大教授ら126人が賛同している。24日

続きを読む

 立憲民主党の枝野幸男代表は20日、与野党一騎打ちとなる見通しの4月の衆院沖縄3区補欠選挙に向けて沖縄入りした。那覇市での党会合で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に伴う埋め立てに関し「(政府に)工事を止めて米国と再交渉しろ

続きを読む

 名護市辺野古の埋め立て賛否を問う県民投票の事務を拒否している5市長に参加を求めるため、ハンガーストライキを実施していた「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が、ハンストと並行して集めていた請願書の署名受け付けが、20日も正午から宜

続きを読む

 沖縄県うるま市の島袋俊夫市長は18日、市役所で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票への不参加を正式に表明した。「現状では環境が整っておらず、事務執行できない」と述べた。県内41市町村のうち、うるま市を

続きを読む

 琉球大学学生会は昨年10月、辺野古沿岸部への土砂投入の賛否を問う学生投票を実施した。約75%の学生が「反対」「どちらかといえば反対」と答えた。総投票数は1259票。「反対」467票、「どちらかと言えば反対」476票、「賛成」81票、「どちらかと言えば賛成

続きを読む

 名護市辺野古での辺野古新基地建設に伴う工事は18日も引き続き進められた。 大浦湾側のK9護岸では午前8時半ごろ、台船上に積み上げられた土砂をショベルカーがダンプに積み替えていた。土砂を載せたダンプはその後、土砂投入が進められている辺野古崎側

続きを読む

 「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が、沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に参加しない5市に投票実施を求めハンガーストライキを始めて、17日で3日目を迎えた。水以外を口にしていない元山さんは疲れた様子だったが、「5市が

続きを読む

 【宜野湾】「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が、沖縄県民投票の投票事務を拒否している5市の首長に県民投票への参加を求めるハンガーストライキを宜野湾市役所前で始めて17日で3日目を迎えた。請願書に署名するため、朝から多くの人が市内外か

続きを読む

 那覇市議会(翁長俊英議長)は17日、臨時会本会議で「危険性除去へ米軍普天間飛行場の運用停止を求める意見書」を賛成多数(賛成30、反対7)で可決した。意見書では「政府の責任で5年以内の運用停止を確実に実現するよう強く要請する」と求めた。 意見書

続きを読む

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり、来年2月24日の県民投票まで工事を停止するようトランプ米大統領に求める電子署名活動について、8日午後3時までに署名数が20万218筆に上った。請願を求めるサイトでは、5番目に多い署名となった。 人気ロックバン

続きを読む

 【糸満】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票について、糸満市議会(大田守議長、定数21)は8日、市議会臨時議会を開き、上原昭市長が再議書を提出した県民投票実施のための事務費に関する補正予算案を議長裁決で可

続きを読む

 辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、宮古島市、宜野湾市に続き沖縄市の桑江朝千夫市長が事務の執行をしないと表明した。先んじた2市長と同様に、関連予算を否決した市議会の判断を尊重したと強調する桑江市長だが、投票参加の機会を奪われる有権者

続きを読む

 沖縄の基地問題に関して安倍政権幹部からは「フェイクニュース」と取れる間違った情報や誤解を与える可能性のある発言が度々発出されてきた。菅義偉官房長官は昨年の国会で、米軍普天間飛行場返還合意のきっかけについて、少女乱暴事件ではなく、あくまで「

続きを読む

 【糸満】「市長・議員に県民投票権を奪う資格なし!」ー。「『建白書』を実現させる島ぐるみ糸満市民の会」(島ぐるみ会議いとまん)は8日、市議会での県民投票に関する補正予算案の再議を前に、市役所前で県民投票の実施を求めるスタンディングを行った。

続きを読む

 名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票への不参加を表明している宜野湾市の松川正則市長は7日、同日までに県から求められていた勧告への回答を9日に延期すると記者団に明かした。ただ、「現状では事務執行しないという回答を覆すだけの理由はない」

続きを読む