mixiユーザー(id:5875012)

2017年02月20日22:23

157 view

ドゥーチュィムニー「岩礁破砕の更新必要=辺野古沖埋め立てで政府に―沖縄県」

 政府が再開した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事をめぐり、同県は3日、埋め立て工事を続行する場合、県の岩礁破砕許可の更新が必要だと防衛省沖縄防衛局に伝えた。岩礁破砕許可は3月末で期限が切れる。県は今月9日までに回答するよう求めた。


 政府は地元の名護漁業協同組合が辺野古沖の漁業権を放棄したため、更新は不要と判断している。これに対し、県は漁協が漁業権を放棄しても、知事が手続きを行わない限り漁業権は設定されているとして、岩礁破砕には知事の許可が必要と主張している。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年02月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728