ホーム > mixiユーザー(id:58494903) > mixiユーザーの日記一覧 > 大島優子号泣「この映画嫌い」挨拶取り止め

mixiユーザー(id:58494903)

2017年10月14日10:25

368 view

大島優子号泣「この映画嫌い」挨拶取り止め

優子号泣「この映画嫌い」挨拶取り止め

 銃を持って登場した伊藤英明に驚くAKB48のメンバー=TOHOシネマズ六本木ヒルズ 1枚
拡大
 AKB48の大島優子(24)が18日、都内で行われた伊藤英明(37)主演の映画「悪の教典」の特別上映会で、伊藤ふんする英語教師が生徒を次々に殺りくするという衝撃的な内容に肩を震わせ号泣した。
 ショックのあまり、上映終了後の舞台あいさつをキャンセル。大島は、関係者を通して「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに涙が止まりませんでした。映画なのかもしれないけど、私はダメでした」とコメント。舞台あいさつでは、観客動員が60万人を突破したことを祝い、伊藤に花束を渡す予定だった。
 上映会は、総合プロデューサーの秋元康氏(54)が「勉強のため」と提案し実現。R‐15指定であることから、15歳以上のメンバー38人が参加した。檀上で感想を求められた秋元才加(24)は「めっちゃ怖かった…」と涙を見せれば、柏木由紀(21)は「人間不信になりそうになりました」と、声を震わせた。
 伊藤が、映画そのままに散弾銃を手に「オラー!!」と舞台あいさつに登場すると、メンバーは本気で悲鳴を上げ、顔を引きつらせた。09年にAKBのシングル「涙サプライズ!」のミュージックビデオに英語教師役として出演した伊藤だが、“教え子”たちの“ドン引き”ぶりに「複雑です…」と戸惑いを隠せなかった。配給元の東宝関係者は「劇場に来て(是非を)判断してください」とコメントした。
https://www.daily.co.jp/gossip/2012/11/19/0005537261.shtml


アメリカのみならず、にほんでも過去二十のの乱射や無差別殺人などの事件が多数
起こっている。人間が簡単にしかも残酷な方法でいとも簡単に殺されるのを、もし
遺族か観てしまったら、観どれほど傷つくだろう。ましてや舞台あいさつに冗談半分
とはいえ銃を持ち、現れ打つ真似をすれば、きずつくだけではなく恐怖にかられる人もいるんしゃあないか?
そんなこと言ってたら映画は作れないし確かにフィクションの世界ではある。
嫌なら観なきゃいいという意見もあるだろうが、何描こう配慮のようなものが
あっていいのではないかと思ってしまう。
0 1

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する