ホーム > mixiユーザー(id:5796583) > mixiユーザーの日記一覧 > 「怪奇まんが道」を読む

mixiユーザー(id:5796583)

2018年01月19日15:44

62 view

「怪奇まんが道」を読む

藤子 不二雄Ⓐの作品「まんが道」のパターンで、怪奇漫画家を描いた作品。

出演は「古賀 新一」「日野 日出志」「伊藤 潤二」「犬木 加奈子」の四氏。 犬木女史の作品は 寡聞にして存じません、読んでいません。

そもそも「楳図 かずお」が苦手です。(昔のことだが、どこの編集者なのか 彼にウルトラマンを描かせたのも、とっても怖かった。)

「古賀 新一」は、戦前の生まれなので、やはりと言うか「手塚」に刺激を受けている。なので、「古賀 新一」の作品は拒否感なく 読めます。怖いけれど嫌悪感は感じません。
「伊藤 潤二」も読めますが、子や孫には推奨しません。
「日野 日出志」作品は、読書中ずっと辛いだけでした。二度と読みません。

この「まんが道」でのストーリーは怖くはないので、大丈夫。 
 それぞれが どうして「恐怖まんが」を描くに至ったかが、面白い。 生まれつきの特性って あるんだと、得心しました。


0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月22日 11:30
    近寄りませぬ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する