ホーム > mixiユーザー(id:57559642) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:57559642)

日記一覧

 昨日は頭痛薬などを貰いにペインクリニックへ。その帰りに思いついて神柱公園へ寄りました。以前撮った、川に映るお店のカラフルな色が流れや風で揺れる様をもう一度覗いて見たかったのです。前回は何気に撮っただけでしたが、一番良い揺れ具合をきちんと撮

続きを読む

ちょっとピンボケ(汗)
2017年02月27日09:58

 ちょっとした散歩写真でも三脚が必要な歳になったようで、ピントを合わせシャッターを切る前に身体が思いのほか揺れています(笑)葉脈の向こうに顔を覗かせる球体の種か蕾を見つけて撮ったのですが、ピントが甘かったですね(笑) それにしても、撮影の時

続きを読む

県美展選外作搬出
2017年02月26日10:58

 県美展が昨日から展示開始で、同時に昨日・今日が選外作の搬出日でした。搬出と同時に観覧も出来るとは親切です(笑) しかし、歳を取ると眼がしょぼつき、おまけに極度の乱視なので暗い場所は苦手です。搬出の前に観覧を済ませたのですが、作品名や作者名

続きを読む

今年最後の薄氷?
2017年02月25日10:21

 今朝も寒かったです。新聞の配布先にスーパーがあるのですが、ポスト近くの水たまりが凍っていました。今年最後かもと、以前撮った薄氷が張る場所へ。時間をかけて、解ける状況など撮れば良いのでしょうがそこまでの根性が無く(笑)今回もまた考え無しにシ

続きを読む

ズームレンズ
2017年02月24日10:54

 故障したズームレンズ、修理にいくらかかるか見積もりをお願いすると1万6千円でした。「新しいのを買った方が良い」と宮カメの店長に薦められ、結局購入することに・・マニュアルなら使えたので迷ったのですけどね(笑)新品が1万5千だったもんで、つい

続きを読む

天気が悪くても・・
2017年02月23日09:39

 飫肥まで独りドライブした翌日の昨日は、曇り空でしたが高崎町の梅園の下見だけでもしておこうと・・日頃の行いが悪いので雨が降り出して・・カメラ雑誌などには「雨の日は良い写真が撮れる」などと書かれていますし、雨の日はコンデジでと思っていたので、

続きを読む

日南市飫肥の桜
2017年02月22日10:48

 何日か前、マイミクさんに教えられていたのですが、やっと昨日行ってきました。寒桜なんですね。昔HPをやっていた時に知り合った日南市の男性が、しきりに山桜の話しをしていたので、そういう種があるのだと思っていました。桜と梅の区別もあいまいな男で

続きを読む

休園の日
2017年02月21日09:53

 いつもは水の上をボート遊びする家族やカップルがいるのですが、池の水が無い。宮崎県内のあちこちの市で鳥インフルが出、その防止と看板が出てました。渡り鳥が来るのを防ごうと言う気持ちなのかな? でも水の名残はあって、光を反射しています。撮る人が

続きを読む

春になれば
2017年02月20日11:50

 猫もラブラブを楽しむようです。新聞配達中に、いつもと違う気配を感じて懐中電灯を向けて見ると猫が2匹見つめ合ってました。無粋なお爺さんをちらっと見ただけで、逃げようともせず二人の世界。羨ましく思ったクウネルです(笑) ところで、昨日は天気が

続きを読む

三寒四温
2017年02月18日11:12

 暖かくなったと思ったらすぐ寒くなりますね。昨日の配達は暑くて、「もう春物のジャンバーかなぁ」と思ったのに、今朝は木枯らしぴゅーぴゅー。気温の変化に身体がついて行きませんあせあせ寒さと暖かさを繰り返しながら春が近づいています。 今朝の配達後

続きを読む

県美展の結果は
2017年02月17日11:08

 選外でした。美術館のホームページを見るまでも無く、11時前に郵便屋さんが・・入選を祈っていたのですが・・・ 選外なので、今年の市美展に再出品できます(笑)ちなみに出品作品は

続きを読む

機能も一昨日も
2017年02月16日16:24

 自分の若さを実感しました。歳を取ると眠れないと言いますが、新聞配達と食事以外はほとんど寝てるクウネルは絶対若いです。15時間ほどは、まだ寝れますね。ただ年寄りがずっと寝ていると永眠したのかと思われそうです(笑) さすがに今日は寝れません。

続きを読む

 書き貯めが無くなり、前日に書いて翌日修正アップして来たのですが、30話をもう少しで描き終わるってとこで投げ出しちゃいました(笑)天気が不安定なせいでしょう、多分(笑)心が落ち着かず集中できませんげっそり  これはいけません。今日は日記の分

続きを読む

ドアをたたく者 30「あなたとお別れしないといけなくなっちゃった・・」 翌朝の新聞配達時、俺が来るのをサヤカが待っていた。今朝はチホがいない。「アレックスの所へ行くんだ・・」「あなたも一緒にって、アレックスに言ったのだけど・・」 アレックス

続きを読む

ドアをたたく者 29 ドアを開けると、クスクスのマスターとチホが立っていた。何気に壁の掛時計を見ると、午後2時を過ぎている。昼飯を食べていないチホがマスターへ電話し、一緒にサヤカを迎えに来たようだ。軽く俺に会釈して、マスターがサヤカに言う。

続きを読む

ドアをたたく者 28 ドアを開けると坂上社長がいた。近くへ来たついでに寄ったのだと言う。上がってコーヒーを飲まないかと言う誘いを断りすぐに帰った。 俺はサヤカとの話に戻る。親父のことはずっと気になっていた。どんな仕事をしているのかを知らなか

続きを読む

ドアをたたく者 27「思い当たることがあるでしょう?」 サヤカの問いに俺は応える。「特殊能力と言われたら・・そうかもとは思うけど・・一子相伝と言ったよね。つまり俺が何も知らずに育ったのは、親父が早く死んだので伝えられなかったと言うことなのか

続きを読む

ドアをたたく者 26 サヤカと顔を見合わせてから、俺は立ってドアを開けた。機動隊から転属した来たばかりと言った雰囲気の制服警官だった。身長も体型も俺の倍近くはある。「巡回訪問です。変わったことはありませんか?」 警官は軽く敬礼し、ファイルを

続きを読む

ドアをたたく者 25 サヤカは、類人猿の時代に不時着し、救援を待つしかなかった13名のクルーは、類人猿と混血して子孫を残し、今も生き残ってると言った。「アレックスとか言う学者がその子孫だと言うこと?」「そう・・人類の進化を速め、自分の星と通

続きを読む

ドアをたたく者 24 思わず顔が赤らむ俺を、サヤカは隠微な眼で見つめながら微笑む。「あなたたちの場合、心を読むと言うより、予知みたいなものかしら?次に起こることを予知する能力があるみたいね・・って言うか、わたしたちよりはるかに進んだ文明の星

続きを読む

ドアをたたく者 23「今度は何?またどこかへ行くの?」 そうでないことはわかった。簡単で、あなたも喜ぶことよと、サヤカの瞳が語っている。「まずコーヒー飲ませてよ。急ぐことではないし・・」「怖いんですよ。チホだって、結局強引に押し付けたし・・

続きを読む

ドアをたたく者 22 夢を見ていた。俺はまだ布団から出ていない。新聞を配り終えたのはいつもより20分も遅く、帰宅したのは5時半を過ぎていた。チホを起こさぬよう注意しながら玉子焼きを作り、バナナやイチゴ、キウイなどをカットしヨーグルトに混ぜて

続きを読む

ドアをたたく者 21 深夜の室内、彷徨った呼吸が絡まる。ふいと湧き出る抑えようのない欲望。無意識にメグを抱き寄せ唇を求めたい気持ちを、かろうじて俺は抑えた。メグが立ちあがる。「絵梨のおっぱいはさぁ、大きいだけだよ」 メグはそう言って、着てい

続きを読む

ドアをたたく者 20 チホやクスクスのマスター夫妻が帰った後、メグと久々に話すのは楽しかった。変わらないメグの笑顔が嬉しかったせいかも知れない。チホと暮らしたおかげで、女性と意識せずに異性と一緒にいることに慣れたせいかも知れない。「絵梨ちゃ

続きを読む

ドアをたたく者 19 坂上さんは、商談で来たり、嘘か本当か愛人だと言ってはホステスさんらしい女性を連れて来てくれるありがたい客だった。不動産会社の社長らしく顔も広かったし、スケベ話ししかしないわりには女性にも人気があった。 ある日、社長がコ

続きを読む

ドアをたたく者 18
2017年02月01日11:13

ドアをたたく者 18「誰?」 刑事か?と身構えて、すぐにはドアを開けなかった。たとえ刑事であっても拒むことは出来ないと解っているくせに返事を待つ。「メグよ。・・覚えてるマスター?」 まさか・・と思いながらドアを開ける。すでに陽が沈み、すっか

続きを読む