mixiユーザー(id:57559642)

2020年08月04日19:49

21 view

妄想小説 暁烏 23

蟹座 暁烏 23
「あ、そうだ、マスター、美佳ちゃんがね。入院してるのに奥さんが顏をださいないって、どうしてだろうって・・」
「離婚したんですよ。正確には追い出されたんだけどね」
「うそ〜っ・・だって私がマスターのお店行った時、マスター結婚30周年とか言ってましたよ」
「仲が悪いって程ではなかったので、離婚するとは僕も予想してませんでしたよ」
「いつ?」
「さぁ・・何年前だろう・・離婚と同時に店も追い出されたから、その時なんだけど・・」
「何でまた・・」
「正直、良く解らない。でも、女性が離婚したいって言うなら、もうどうしようも無いだろうと、抵抗なしに円満離婚・・」
「離婚だったら、夫婦の財産は半分こだから、マスターはお店を取れば良かったのに・・」
 その時、マスターが散歩から帰って来た。何気に壁の時計をみると、6時40分。タバコを2本も吸っていたし、病院へ帰らねばならない時間になっていた。
「また午後にでも・・」
 慌てて立ち上がった俺を、マスターが睨んでいた。
「あ、これを・・」
 咲さんがミントガムを渡し、同時に香水みたいなのを身体に吹き付けた。
「臭い消しよ。これも美佳ちゃんのキープ」
 思いだした。美佳は実家暮しで、両親はタバコを吸っていることを知らないという。店を出る時、必ず襟元に香水らしきものをスプレーしていた。「絶対ばれてるよ」と俺は笑ったのだが・・
 病院に帰ったことを看護婦詰め所へ報告すると、刑事から電話ががあったとメモが載っていた。後で電話して欲しいと言う。電話をすると担当の刑事であった。現場から逃げたグループが特定され、今日、任意同行を求めるとのことだった。
「刑事さん、言われるままに被害届を書いたのですが、取り下げることは出来ませんか?」
 俺は彼がまだ高校生であると聞いて言った。ちょっとワルぶりたい年代だ。たまたま一人がナイフを持っていて、弾みで出しただけのような気がした。俺が財布を持っていて、いくらかの金を払えばもめることも無かったし、ナイフを振り回して事件になることもなかったのだ。
「そうは、言っても・・」
 刑事は困ったようだったが、被害届を取り下げると言うならと、了解してくれた。(続く)

獅子座クウネル日記 
 今朝は久々の寝坊(汗)昨夜、目覚ましのスイッチを入れ忘れたらしく、眼が覚めたら3時前でした。慌てて着替えていると、所長が起こしに来てくれて「おぉ起きたか?」と(笑)
 でも、急いで配達し、慌てて配り忘れや事故などが無いように気合いれたので、、終了後その勢いで早朝散歩。残念、今日は朝焼けが出ませんでした。陽が昇る時、ちょっと赤くなっただけ・・写真があまりとれなかったので、散歩時間を長めようと、下流へ歩いたのですが、ぱっとした被写体が見つかりません。
 写真ブログの方にコメントが書き込まれ「医師会病院の西側にヒマワリが咲いている」との情報・・明日の朝行って見る予定です。たまには広角レンズかなぁ・・
2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 20:34
    キレイな、朝焼け>ですよね?
    取り下げハートしましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 20:52
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     後で利用せねばならないエピソードかも(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月05日 17:08
    赤崎さんは、離婚されて思う存分楽しく生きようとなさっていますね。
    これから、女性に刺されるのでしょうか。(笑)

    赤崎さんが被害届を取り下げてもらえば、私は、高校生たちが許されるのだと思い、
    調べてみました。

    結論から言えば、小説の通り、不起訴になって罪に問われない場合がありますね。

     弁護士法人みやざきの 中倉さんのコラムがありました。

     被害者が被害届を取り下げても、それで加害者に対する刑事手続が終了するとは限りません。

     まず、親告罪に当たらない非親告罪については、そもそも告訴が取り消されようが被害届が取り下げられようが関係なく刑事手続は進行します。
     事実上、被害届が取り下げられたことを検察官が考慮して、不起訴処分を行い刑事手続が終了するといった流れが一般的ではありますが、これはそういうケースが多いというだけであり、法的に必然性があるものではありません。

     そして、窃盗や傷害など、一般的で馴染みの深い犯罪は非親告罪です。
     すなわち、例えば自転車を盗まれた人が犯人(正確には被疑者または被告人といいます。)から謝罪とともに自転車を返してもらい、もう犯人が処罰されなくてもいいと考えて、警察に行き被害届を取り下げたとしても、その犯人が処罰されるか否かは検察官と裁判所の判断次第ということです。

     常識的な考え方として、盗まれた人がもう許すと言ってしまえばそれで終了なのではないかと思う人は多いと思います。しかし、日本の法律は必ずしもそうなるようには作られていないのです。常識と法律が異なる場面というのは多少なりともあるものです。

     被害届は捜査機関が捜査を開始するきっかけに過ぎません。捜査が開始された以上、その後に犯人の処遇をどうするかは捜査機関ないし裁判所の判断に委ねられます。被害者の意見というのは、その捜査機関ないし裁判所の判断において考慮される事情の一つに過ぎません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月05日 20:42
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     相変わらず正確に調べますね(笑)法的な判断は一旦取り掛かった案件ですから、規定どうり行われると思います。が、僕は刑事の気分もあると思います。被害届が取り下げられたのなら、詳しく調べる気を無くすだろうし、よっぽどの重罪で無い限り、検察も裁判まで持って行く価値無しと判断するかも知れません。と、甘くみたのですが・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する