ホーム > mixiユーザー(id:57559642) > mixiユーザーの日記一覧 > 小説 サングラス (姉妹)23

mixiユーザー(id:57559642)

2019年05月23日21:16

28 view

小説 サングラス (姉妹)23

小説 サングラス (姉妹)23
 わたしはいつからか気づいていた。マスターもまたわたしに好意を持っている。可愛い不器用さに、わたしは魅かれたのかも知れない。一番はコーヒーで2番は仕事。どんなに頑張っても、わたしは3番にしか慣れなさそうだったが、それでもかまわないと思っていた。
 思えば彼氏を尚美に奪われてから、ある種の人間不信とコンプレックスの塊になっていたわたしに接客と言う仕事を教え、心を装う術を教えたマスター。恩人であり師でもあったが、時に、弟にも思える。父親よりも年上のマスターを弟のように思うのは不遜かも知れないが、どこかほっておけないのだ。出来の悪い弟の商売を手伝っているような気分にさせられる。雇い主と従業員となったり、姉と弟になったりしながらわたしとマスターの関係は深まっている気がする。
「佐々木さん、うまく尚美ちゃんの心を掴んだようだよ」
 マスターからのショートメールが入った。恋人でもないのに、マスターはこまめにメールをくれる。そんなところが可愛くもあり、弟のようにも思えるのかも知れない。
「良かったね。これでバトンタッチできるわね。でも、マスターも撮らないと駄目よ。たくさん撮らないと尚美はまだ撮ってもらっていないって言うわよ」
「了解」
 短い返信しか返って来ない所を見ると、撮影に夢中になっているのだろう。ちょっと不満でもあり、ちょっと腹立たしくもある。マスターはどんな顔で尚美を撮っているのだろう?
 ぼんやりそんなことを考えていると、ふと小杉さんに言われたことを想いだした。小杉さんは週に1度、自分の店が休みの時に顔を出すらしいが、ほとんどが夜なので、わたしは何度かしか顔を合わせていないのだが、ぶしつけな言葉でわたしを驚かせたのだ。
「あんた処女だね」
 わたしは意味が解らなかった。ぽか〜んとするわたしに小杉さんは続けた。
「何度か男に抱かれた方がいいよ。そしたらびっくりするくらいきれいになる」
「小杉さん、イタリア人もびっくりの口説き方しますね」
 わたしがやっと言葉の意味を理解したとき、マスターが割って入った。(続く)

獅子座クウネルのつぶやき獅子座
 なんとか今日アップする分の小説を書きあげました。いっちょうまえに書けない苦しみで午前中をつぶし、気分転換に本屋へ行き、その足で少し写真を撮ったら、なんとかなりました(笑)明日の分はまた明日。あじさい・・どんどん色づいて来ました。でも日差しが昨日・今日強いので紫陽花は脱水状態。フニャッとし俺、花も枯れだしていました。日陰の花はどうにか元気でした。

1 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月24日 10:18
    紫陽花のシーズンになってきましたね。

    小説に頭を使い、撮影で体を使い、美穂さんに下半身を使うのは大事ではないでしょうか。
    これからも頑張って健康で長生きしましょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月24日 10:47
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     雨が降らないとせっかくのアジサイが枯れてしまいそうて心配です。雨が降ったら振ったで文句を言い。降らねば降らないで愚痴るクウネルです(笑)
     妄想と適度な運動を心掛けているほかに、白米に雑穀を混ぜたりヨーグルトにココアを混ぜたり野菜ジュースを飲んだりと、食にも気を使いだして来ました。一応長生きするつもりのようです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月24日 14:50
    ご無沙汰しております
    体にきをつけて 長生きですか 良いことですね

    もう 紫陽花の季節ですね
    一緒に撮りに行けたらいいですね

    四国に旅行してきました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月24日 23:03
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     写真クラブを作ろうと言いながらそのままになっていますね。気ままに思いついた場所に行ってるので、誘うこともせず申し訳ないです。いつか一緒に撮影に行きましょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する