ホーム > mixiユーザー(id:57559642) > mixiユーザーの日記一覧 > 小説・限無幻夢 (今日と言う昨日 13)

mixiユーザー(id:57559642)

2016年05月07日06:33

214 view

小説・限無幻夢 (今日と言う昨日 13)

小説・限無幻夢 (今日と言う昨日 13)
「ゴキブリはわたしも食べたことが無いけど・・」
 微笑みながら理沙がメグと俺の会話に割り込んで来る。
「わたしが言った特異な遺伝子ってことは、タンパク質だけでなく、血にも関係してるってことなのよ。タンパク質や細胞の分解再構築作用で、誰でもタイムトラベル出来るってわけでは無く、特別な血を受け継いでいることが条件なの」
「その特別な血ってのは血液型では無いと言うことね」
「だろうな、オートファージ―は過剰なタンパク質や細胞の働きだし、薬品投与などで過剰にしようとしても自己修復作用ってのがあるはずだ」
 俺とメグが反応を違えて理沙に訊ねる。
「自己修復って・・?」
 俺はメグに答える。
「詳しくは知らないけど、生き物は命を守るための再生能力があるらしいよ。免疫力と言うのかな?風邪や腹痛など、ちょっとした病気、それに傷など自然と治そうとする力が起こって、たいてい自己治癒するじゃない・・肉ばっかり食べてても、野菜ばっかり食べてても、どこかで身体に必要な物を補充してるって言うし・・」
 理沙は俺とメグの会話を無視した。
「古代史の謎はわたし達の時代でもわからない部分が多くてね。宇宙人飛来説は非科学的だけど、ありえないと否定できないのもまた確かなの。で、ずっと研究調査が進められて来たわけだけど、世界に時々ではあるけどお爺ちゃんやメグ叔母ちゃんのような体質が現れるってことがわかったわけ・・それは突然変異では無く古代から続く遺伝であることもわかってるの・・親子代々ってことでは無くてね、何らかの条件が必要だろうと思うけれど血筋の中に突然生まれるのよ。能力の差はあるけどね」
「・・・」
「・・・」
「そう言う時々生まれる遺伝子をたまたま私たちは持っていると言うわけ・・」
「・・」
「・・・」
「つまり、わたしは未来へタイムスリップすることは出来ないけど、わたしの住む世界へも同じ血を引く者が来て、わたしの場合は12歳の少年だったけど・・同じ血を引く者を探し当て、タイムトラベルの技術を伝えたってことなのよ。わかる?」
 そう言えば理沙は西暦何年の人間なのだろう?ふと俺はそう思った。いやそういうことを聞くのは無駄だろう。未来の社会を知る意味は無いのだ。俺達は過去へしか戻れない。理沙だって未来へ行けないのだ。今日は昨日に変わっても明日に変えることは出来ない。人に明日は無く、今日は昨日にするしか出来ないのだ。(この章終わり)


わーい(嬉しい顔)クウネル日記目がハート
 唐突ですが、小説「今日と言う昨日」の章は今日で終わりです。ありえないことをひょっとしたらと思わせるために、ほとんど知らない科学の言葉を聞きかじりのままに繋ぎ合わせたりしていたのですが、知識が無いのだから無理ですよね(笑)
 今回は思いついたことをネットで調べたりして嘘をほんとうらしく見せる努力をしているわけですが、嘘は嘘のまま、妄想の面白さしか書けませんねやっぱり(笑)
 でも小説は場面を変えて懲りずに続けるつもりです。これまで書いたことを伏線に話しを展開したいと思ってはいます(笑)
 
2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月07日 06:55
    人には知識欲がありますから、未知のものには興味津々で、楽しく読ませていただいていました。

    すごいキャッチコピーとそのユニークさで他の追随を許さない風俗店があるそうです。
    都城にもあると嬉しいですが(笑)

    地雷!レベルの低さ日本一の風俗 鶯谷デッドボール

    消える魔球〜ピンボールまで、迷・珍選手たちの多種多様な艶熟ボールを体当たりで 体感して下さい。風俗を止めたい方〜各種宴会の罰ゲームまで、遊べば夫婦関係円満 !彼女の有り難さ倍増! 都内随一危険球専門店 デッドボールへようこそ!

    〜 都内随一!危険球専門店 貴方の期待を裏切りません 〜

    都内随一!危険球専門店/出張・待ち合わせ型地雷風俗/鶯谷デッドボール/暴投しても乱闘禁止♪風俗を止めたい方へ…遊べば夫婦関係円満!彼女の有り難さ倍増!危険球いっぱい!貴方の期待を裏切りません。遊ぶと自然と、優しい貴方になれる店。「辛さ・痛さ」疑似体験アトラクション型風俗 鶯谷デッドボール。全ての風俗が最高であれば素晴らしいけど、ある種「地雷」も存在するのが悩み所。「地雷」にあたって、痛くて辛くて、性欲を楽しく満たす為に押さえたはずの残りコース時間が、ただの人生のロスタイムにまでなり下がり、しょぼくれた気持ちで帰路に着いた経験の有る方も多いはず。しかし、その瞬間にこそ人は聖人にもなれるとデッドボールは考えます。涙の数だけ人は人に優しくでき、大抵の事が平気になれます。「痛い」「辛い」それは本来人が持っている「あたたかみ」を引き出す為のカンフル剤ではないでしょうか?本日もエース達は真っ向勝負で貴方のみぞおち深くえぐり込みます。皆様の挑戦を肩を暖めながらお待ち致します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月07日 09:12
    おはようございます。
    終わりですか、コメントは書き込みしませんでしたが、ほとんど毎回読ませてもらいました。
    次回作を楽しみにお待ちします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月07日 09:35
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
      なんとも興味深いお店ですね(笑)本当に痛い、しょぼくれた帰路でもいいではないかと最初から言われると文句も言えないし(笑)でも危険玉がどんなのか試してみたいし(笑)都城は無理でも鹿児島辺りに出来ないかな?新聞休刊日は鹿児島1拍となるかも知れません(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月07日 09:41
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     展開を変えるだけです。小説はまだ続きます。タイムトラベルを実際にさせようと思っています。理沙を仕込まねばなりません。どこで仕込ませるか?引っ張る癖は止めないと事務局長さんに怒られそうです(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!