mixiユーザー(id:57559642)

2016年02月02日14:40

241 view

小説・こっこ物語 (バラ一輪 41)

小説・こっこ物語 (バラ一輪 41)
「どうしたの?」
 夕食を用意して待っていた裕子が訊ねる。散歩の帰りに、俺は花屋の店先に置かれていた白バラの鉢を見つけ、購入した。特に意味は無い。なんとなく目に付き、なんとなく裕子に買って帰ろうと思った。透明のビニール袋に入ったバラに気づいて裕子がいたずらっぽい笑みを見せた。店の2階に作られた6畳ほどの休憩室。都城にいる時はそこが俺の部屋となる。厨房で作った夕食を裕子が部家へ運んだと聞いて俺はそのまま部屋へ上がったのだが、鉢花を部屋へ持ち込んだことに裕子は軽口を思いついたようだ。
「わたしにプレゼント?台風でも来させようと言うの?」
「何だよそれ〜っ。まぁ、たいした意味は無いよ。散歩中に眼に入って、お土産にしようと思っただけ・・」
「駄目ねぇ・・女性に花を贈るんだからお土産なんて言わずにプレゼントって言わなきゃぁ。それにどうせなら白いバラで無く真っ赤なのを30本くらいの花束にしなきゃぁ・・」
「赤色のバラなんてたくさんあるじゃん。白いバラは珍しいと思って買ったんだけど・・裕子さんが育てるだろうと思って・・」
「良く見かけるのは赤いバラが多いけど白もピンクも黄色もあるわよ」
「今は一輪しか咲いてないけど、蕾がいくつかあるからこれから咲くさ。花束にするより得した気分にならない?たくさん咲いてから自分で花束にしろよ」
「あはは、その花束をわたしがあなたにプレゼントするわけ?ま、花言葉で言えばそれが妥当だわね」
「花言葉?そんなのがあるの?」
「これだから男の人は・・バラは愛情を伝えるのよ。赤色は熱愛。白色は尊敬」
「あ、だから映画などで男はバラの花束を持って女性を訪ねるのか」
「アザミには復讐って意味があるし、紫陽花にはあなたは冷たい人って意味があったりするから注意してよ」
 花言葉があることは知っていたが意味にまで興味は無い。それでも俺は紫陽花の花言葉に反応した。紫陽花は「コッココーヒー」のシンボルマークとしてユニフォームやメニューにプリントしてある。一つ一つの小さな花が集合して一つの花になることと、冬の寒さに枯れたように見えながら、春になると芽吹いて枝を広げ、鬱陶しい梅雨の時期に眼を楽しませてくれる花として選んだのだが、冷たい人と言う意味は知らなかった。いや考えて見ると、客は冷たい人だ。店への魅力や利用価値が無いと判断するとすぐに見切りをつける。そう自覚する意味でも紫陽花をシンボルと選んだのは間違った選択では無い。そんなことを思いながら、なぜか顔を赤らめる裕子に鉢を手渡した。(続く)


わーい(嬉しい顔)クウネル日記目がハート
 今日は良い天気です。でも頭痛と眠気が・・小説なかなか書けないけど、とりあえず昼寝します(笑)
2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月02日 18:52
    今日はお天気でしたが寒かったですね。
    もう少し暖かくなると花粉の季節で、困る人増えますし、いろいろ難しいですけど、薄着になる季節の方が、基本的には好きです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月03日 12:31
    赤い薔薇の花束を持って街を歩くなんてのはイケメンのお兄さんにはむくでしょうが私だと出来ません。ロコドルの誕生祝ライブにおじさんがでっかいキティちゃん?をもってきた時はおどろいたなー、きょうも天気はいいですね。ただ寒いので腰が痛くて休みたいのですが平成生まれのひとたちと違い腰ぐらいでズル休みに思われないか気になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月08日 13:41
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     女性の洋服がどんどん薄くなって行く春が一番良い季節ですよね。僕は大好きです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月08日 13:45
    > mixiユーザー ハート達(複数ハート)
     そう言えば昔、よく通っていたスナックの女の子から誕生日プレゼントを請求されて、赤いバラ1本だけ贈ったことがありますが、隣のコーヒー屋のマスターに頼んで渡してもらいました。僕も自分には似合わないとわかってましたので(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する