mixiユーザー(id:5755958)

2020年05月27日09:50

9 view

「山中静夫氏の尊厳死」

「阿弥陀堂だより」などで知られ、医師でもある芥川賞作家・南木佳士の小説の映画化です。
末期がんを宣告された男と彼を見守る医師を主人公に、人間が死んでいくこと、最後まで生きぬくことの意味を描いたヒューマンドラマです。末期がん患者の山中静夫は自宅のある静岡から生まれ故郷である信州の病院を訪れ、入院したいと頼みます。
山中の希望をかなえ、彼の気持ちに最後まで寄り添った主治医の今井でしたが、過労に加え、職業柄多くの死に直面し過ぎて、うつ病になってしまいます。

末期がん患者の山中静夫を中村梅雀、医師の今井を津田寛治が演じていて、好演です。

映画館の営業再開後、初めて見に行った映画です。気が晴れる映画を見ようかと思いましたが、静かな感動を味わえ、とても考えさせられる映画で、満足でした。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する