mixiユーザー(id:5643872)

2021年01月11日05:35

54 view

私にも不適切な発信をした前科があります。

■不要不急110番、コロナでも=「県外の親戚帰宅させて」―警察庁
(時事通信社 - 01月10日 05:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6372022
警察ではなく、消防ですが…
亡くなった父が通院を嫌がるようになり、主治医に相談していました。通院間隔が3ヶ月を過ぎるようになると、それまでは「本人が嫌がるなら」と笑っていた医師も「次に来院したらそのまま入院」と冗談交じりいう始末。予約当日にキャンセルの電話をしているうちに「救急車呼んででも連れて来て下さい」と冗談交じりに言われるようになりました。
ある秋の冷たい雨の降る朝、父が通院を嫌がり、母を困らせます。朝刊の配達を済ませ、事務処理を終えて帰宅したのはそんな場面でした。老いたとはいえ、成人男性の父を母と2人で無理矢理軽自動車に乗せようとしましたが、果たせず、主治医の冗談に引きずられるように、119を発信し通院を拒む父を搬送して欲しいと依頼していました。
冷たい雨の中、両親と私は救急車の臨場を待ちました。臨場した救急隊員に、改めて通院を嫌がる父の搬送という緊急性の低い発信を詫びました。母と私と救急隊員による説得の末、救急車で搬送された父は骨になるまで帰宅は叶いませんでした。
何故タクシーを呼ばなかったのかは、未だに判りません。私なりに動転していたのでしょう。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記

もっと見る