mixiユーザー(id:5587525)

2018年04月26日18:35

99 view

枕元に読み古した本

先日、こんな書籍を読みました。
フォト
川上ユキさんの著書『心とカラダがやすまる暮らし図鑑』(エクスナレッジ)

この書籍なのですが、
タイトルにもあるように
心とカラダをやすめるには
どおのような暮らしをすればいいのか・・・
などということが書かれた書籍です。

昔は時間に追われる・・・そんな生活をしていたのですが、
カラダを壊してばかりだったので、
仕事も変え、生活スタイルを変えたことにより
今では体調を崩す・・・ということも少なくなりました。

この書籍なのですが、
まさに、僕がしているような
心とカラダを休める・・・というか楽にすることが
たくさん書かれてあり、
時間に追われている人などには
読んでもらいたい・・・そんな書籍でした。

その中で昔から僕がしていることが書いてあったので・・・

「枕元に読み古した本」という項目があり、
枕元に何度も何度も読んだ本をおいて置き、
寝る前などに読むと心が落ち着いて
眠りにつきやすい・・・と書いてあります。

これなのですが、
僕は昔っから枕元の本棚に
可愛い動物(擬人化含む)の癒しの漫画、
可愛いイラストや大好きな絵の本、
可愛い天然キャラが登場する漫画、
心が和む話が載っている短編集、
大好きな話が載っているコミック・・・などなど、
横になっても手に取れる場所に何十冊と置いてあります。

そんな漫画やイラスト集に包まれながら
眠りにつくのって心が落ち着くんですよね。

本が好きな人にはオススメの方法ですので、
眠れない夜なんかには試してみてください。

ただし、読みだしたら止まらない本、
読むとアツくなるストーリーの本などは
枕元には置かないようにしてくださいね。

読みだして寝不足になったり、
カラダがアツくなったりして
余計に眠れなくなる場合もありいますから^^;

あと、食べ物系の本も要注意です。
見たらお腹が減りますから^^;

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する