mixiユーザー(id:55664038)

日記一覧

 ゴロリと横になる。 鬱屈と卑屈を薪にして怒りの種火で心に灯し火を。 怒り強ければすぐに燃え尽きる。  灰は風に舞ってすぐ消えていく。 鬱屈多すぎれば 黄泉路の道が開く 卑屈過ぎれば 人の足引きずりこむ海の底 闇の中。 ただ闇の中。 燻る炎

続きを読む

詩『暗い個室』
2020年05月22日05:25

  重苦しいドアを開いて部屋に入れば、三畳のスペースしかない。 あるのはテレビと机、そしてキーボードと隙間にすっぽりと入れられて存在感すら薄っぺらいデスクトップパソコン。 合皮の床にドカリと座り込む。 上着を脱ぎ一息をつく。 そして灯りを消

続きを読む

 どうも人間というものは良くも悪くも大抵のことには『慣れる』ようだ。 そしてこれもまた人間らしいが当てはまるのだが『良くも悪くも』という言葉。 題名が随分と大げさというか気取ったように書いているように思う人もいるだろうが、な〜に、もっと簡潔

続きを読む

 恥の多い一夜でありました。 ベタベタとしたピンクにベタリとした赤色を混ぜたような光りの下、私は横たわっておりました。 その上には女が一人。 私の両肩の辺り、両足の外側にその四肢を差し込みながらもユラユラと私の上で風に流れるように揺れている

続きを読む

詩『殺戮者の懺悔』
2020年04月24日12:59

もう動かない。 空っぽのそれ。ほんの少し前までそれは生きていた。それだけじゃない。 見渡せばあちらこちらに動くことはないそれらが横たわっている。少女。 少年。 青年。 老人。 あるいはそのどちらにも当てはまらないもの。思い出せ。 思い出せ。

続きを読む

詩『花見酒』
2020年04月19日09:01

朱色の杯によく映える桃色の花船を浮かべ煌めく酒精の海 ことごとく飲み干せば溺れ溺れる 赤ら顔 いやはや果たしてここは極楽か現世(うつしよ)か?揺れる水面 千鳥足 風の吹くまま 流されてもう知らぬ構わぬそれでよし投げ出す四肢と身体でふと見上げ

続きを読む

詩『頃無くして死す』
2020年04月19日02:50

アパート。マンション。 一軒家。壁で隔たれた数十メートルの中で横たわっている。読み違いした代償はあまりにも大きくて『危機はもう近い』と言った『君はもう居ない』のにさ。不思議に君が見えるよ。『大袈裟だよ』ととぼけた僕を彼岸の君は悲哀に満ちた瞳

続きを読む

 ちょいちょいちょい待ち! いま助けてくれるって言った?  いやマジ助かるわ ほんとっ! マジ! マジ卍! 君って本当神だわ、マジゴッド! いやゴッドじゃなくて姫かな? 女の子だもんな やっぱ落ち込んだときはオチンコ出さないとあがらねえもん

続きを読む

詩『蝿の王』
2020年04月06日04:38

あちこちにぶつかって叩かれたブリキの男 フラフラとあての無い旅の中で彼が手に入れた心は無骨でボロボロの金属の中で腐敗していく守るための鎧の中でそれはくすみグズグスと崩れ落ち、疫病のような失意と想いを食い散らかす蝿の王知っていてほしい そうな

続きを読む

詩『求め人』
2020年03月30日23:00

とっぷりと夜は更けていきますとふと煩わしく思ってしまうのです。照明もテレビの音、りんとなく虫の声うるさくてうざったくて不必要に思え、そして何か責められているような気がするその全てを消して、私は部屋の真ん中に…いいえそんな恐ろしいことはできま

続きを読む

詩『桃のスムージー』
2020年03月30日22:08

テラテラと甘く優しい果汁に包まれてキンキンに冷えて固まった氷カラカラと放り込むトロトロとした果肉、溢れた瑞々しく乾いた身体を濡らして意識を潤す砕いて咀嚼 飲み込めばつるりと入り お腹の中ドロドロに溶けて混ざり合いやがて僕の一部となる今日は少

続きを読む

詩『勤労』
2020年03月29日21:47

月が登る夜にやってきて火の中を潜り抜け水の中ですら留まることなく進む木々の間をなぎ払うように金を求めて、休みを求め土の中に埋もれてもなお死ぬことはなく日没まで、ただ横たわるそして月が昇ればまた動かなければならない死ぬまでずっと

続きを読む

詩『同じ風』
2020年03月29日21:41

夜と朝の間、風が吹きます夜露に湿ったアスファルトの上、風が吹きますボンヤリと灯る街頭の横を風が吹きます閉店した商店街で、剥がれかけたポスターの左隅をパタパタと揺らして、風が吹きます埃とタバコの煙、飽和する部屋に耐えかねて窓を開けます。 ふー

続きを読む

外に出るなと怒るけど大人は困らず、篭らずに仕事へ向かう巣穴で虎振るようにイキリ散らすよりトラブル恐れず抜け出す空の下トラトラトラ! 我、脱出に成功!そらご覧? お空は青く雲を走らせてる

続きを読む

 パンとサーカス たんと沸かす そんなグラディエータ(剣闘士)みたいに暮らしてえんだ 互いに傷つけあう 損しかない コロシアムから 気をつかいあい 友になる  そんな頃合 でもそんな思い欠く現状 それでも思い描く 欝苦しい未来よりも美しくあ

続きを読む

金金金 誰かれ構わず欲しがる金でもマネーマネーだけじゃ駄目駄目晴ればれ過ごす為にゃマジで必要なアレコレけど心の雨 晴れず枯れ井戸の中みたくハマり落ちるマネーのイドさあ金の前で踊れ踊れ触れ!触れ! 腰を手を 声を高らかに回れ!回れ! 懇うように

続きを読む

何かしなきゃならねえ明日にしちゃなんねえでも支度が終わらねえ仕方ねえ また明日で 日が暮れ夜は明け たわけた輩はまた言い訳明日になったらあれしようこれしよう明日になればさてどうしよう?繰り返し 繰り返し 逃げまくり 振り返り 思えば お前はそれだけ

続きを読む

韻踏詩『ぶらつく街角』
2020年03月15日12:29

韻踏詩『ぶらつく街角』ぶらつく街角 新宿に進出 ぶらつく街角 新宿に出没帰宅する人の群れ 来たる人の群れあてどもなく 金もなく 足取り 覚束なく合法的な療法に翻弄される異邦人吐き出したる煙と差し出した札と小銭ラムの香りに満たされ 蔓延するスモーク

続きを読む

 白いシーツの土の上 根が這うように横たわり動けない  ただ耐える 耐える 耐えがたきを耐えて それで得るものはなに? 誰かの為に 我慢して 淘汰されていく 名も知らぬあなた  懸命に生きて 終りは紙の上で一行にすらない。 無機質な数字の一

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。