ホーム > mixiユーザー(id:555360) > mixiユーザーの日記一覧 > GPファイナルの衝撃

mixiユーザー(id:555360)

2019年12月09日22:40

5 view

GPファイナルの衝撃


イタリアトリノで開催されたフィギュアスケートグランプリが終了しました。

結果はおおかたの予想どおりでしょうか。

なんといってもロシアの3少女が強い、、、

コストルナヤ、シェルバコワ、トゥルソワ、この3人が上位独占となりました。

日本の紀平さんは4位でしたが、素晴らしいです。

この3人につぐ順位で、ロシアの3人が宇宙人だとすれば人類の中では一番
世界一ということになります!

そして、驚いたのがザギトワさんが最下位に終わったことです。

これについては、ロシアの元女王が見解を述べています。

コストルナヤが世界最高点でGPファイナル制覇、紀平4位
https://www.afpbb.com/articles/-/3258548

【12月8日 AFP】19-20フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルは7日、イタリア・トリノ(Turin)で女子シングル・フリースケーティング(FS)などが行われ、ロシアのアリョーナ・コストルナヤ(Alena Kostornaia)が世界最高点となる247.59点で初優勝を果たした。紀平梨花(Rika Kihira)は4位に入った。

 今季シニアデビューを飾った16歳は、前日のショートプログラム(SP)で首位に立つと、映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ(The Twilight Saga: New Moon)』や『トワイライト〜初恋〜(Twilight)』の楽曲に乗せたFSでも、3回転ジャンプ8本を組み込んだプログラムをきれいに演じた。

 コストルナヤは「きょうは記録を出すつもりで滑った」「とてもうれしい。きのうと同じようになんとかクリーンなスケートができたし、もちろん、私が良い滑りができるよう、このリンクのたくさんの人がサポートしてくれた」とコメントした。

 SP6位と出遅れた紀平は、FS冒頭の4回転サルコーは転倒したが、合計216.47点で4位に順位を上げた。

 紀平は「SPのことがあったので、ミスはできないと思っていた」「4回転はうまくいかなかったが、残りはうまくまとめられた」と話した。

 今大会には、コストルナヤと同門のロシア選手3人も出場。『火の鳥(The Firebird)』に乗せたFSを披露した15歳のアンナ・シェルバコワ(Anna Shcherbakova)が、合計240.92点で2位に入った。

 アレクサンドラ・トゥルソワ(Alexandra Trusova)は5本の4回転ジャンプに挑戦し、そのうち3本に成功。233.18点で3位に食い込み、今季のGPシリーズ6戦で優勝を分け合っていたシニア1年目の3人がファイナルでも表彰台を独占した。

 平昌冬季五輪と世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2019)を制しているアリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)は、クレオパトラ(Cleopatra)をテーマにしたフリーで崩れ、205.23点の最下位に終わった。


最下位ザギトワの敗因は体形変化か 元世界女王が見解「彼女はもう女性なのです」
https://the-ans.jp/news/96944/

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子はアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子3人で表彰台を独占したが、同門の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はよもやの最下位に終わった。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏は、ロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで敗因を問われ、ロシア国内で指摘される「体形変化」について見解を語っている。

「テレビの映像は実際とは異なった印象を与えることがあります」と断った上で「しかし、アリーナは太っているようには見えません、女性らしく見えます。そう、彼女はもう女性なのです。戦うのが大変です。平昌五輪では彼女は少女でした。そして今、成長が始まった。これは誰にでも起こることで、体重が増えますし、残りのスケーターにも同じことが言えます」と分析した。

「加えて、ザギトワは今、考え方や精神面が全く違ったものになっています」と指摘。「彼女は何のために滑っているのかを分かる必要があります。なぜなら、他のスケーターはすべての力を振り絞って戦おうとするでしょうが、彼女はもうすべて勝ってしまいすべてを達成してしまった」と見解を語り、成長による体形変化を認めながらも、モチベーションに問題があると見ていた。

ーーー

平昌オリンピックの勇姿はよく記憶に残っていますが、もはや勝てないとは、、驚きましたね。

美しさは健在ですがそれでも体格が変わっているんですね、大変さみしいですね。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する