mixiユーザー(id:5540901)

2021年08月03日19:02

175 view

読書日記Nо.1373(ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス)

■ヤマザキマリ「ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス」2021年3月集英社刊

私は対談集が結構好きで、馴染みの著者の対談集をたくさん手に取っていることは
マイミクさんなら、ご存じだと思います。

本書も、ホストのヤマザキマリさんが馴染みであったのと、何より対談者たちの
顔ぶれが豪華で、私の大好きな人たちがたくさん参加されていたので、手に取った
次第です。

早速、惹句を紹介です。

“私たちが「善く生きる」ための道を賢者たちとの対話(ディアロゴス)で示す。
ヤマザキマリ初の対談集。”

“養老孟司、竹内まりや、中野信子、釈徹宗、棚橋弘至、パトリック・ハーラン、
中村勘九郎、平田オリザ、萩尾望都、内田樹、兼高かおる”

“漫画のみならず、TVコメンテイター、文筆活動など縦横無尽に活躍するヤマザキマリ。世界各国を渡り歩いて得た知見は、歴史、文化、スポーツ、科学、政治、経済、宗教
などありとあらゆる分野に及ぶ。その彼女が多彩な識者との連続対談に挑んだ。”

“コロナ禍に世界が翻弄される中、私たちはどうすれば「善く生きる」ことができるのか。養老孟司、竹内まりや、中野信子、釈徹宗、棚橋弘至、パトリック・ハーラン、
中村勘九郎、平田オリザ、萩尾望都、内田樹、兼高かおる、という多様な識者との
「対話」によって、寄る辺なき世界の行方を示す、ヤマザキマリ初の対談集。”

目次も、全部紹介しちゃいます。

■第1回 養老孟司 世界は予測不能、だからおもしろい
■第2回 竹内まりや 私たち表現者はアスリートである
■第3回 中野信子 脳科学が解き明かす運動と人間の秘密
■第4回 釈徹宗 過剰な欲望をコントロールする身体のスキルとは
■第5回 棚橋弘至 「善く生きる」ためにプロレスを観よう
■第6回 パトリック・ハーラン なぜ人間はハイになることが必要なのか
■第7回 中村勘九郎 生身の感動がもたらす爽快感
■第8回 平田オリザ アフターオリンピックの日本が向かう先は
■第9回 萩尾望都 今、この世界を鎮めるために
■第10回 内田樹 成熟しなければ生き延びられない
■特別編 兼高かおる 旅は地球とのランデブー

ヤマザキマリさんは、ご家族がいるイタリアと、作品の発表の出版社がある
日本を往復して、近年生活されていたのが、2020年1月に来日したら、パンデミック
でイタリアに帰れなくなったそうです。

本書も、その間の対談が多いのですが、特別編の兼高かおるさんの対談だけは、
2016年に行われたものでした。兼高かおるさんは2019年に亡くなられましたから。

対談者の中で、馴染みでなかったのは、第5回の対談者、棚橋弘至さんで、この方は
プロレスラーなんですね。

あとは、養老先生しかり、内田樹さんしかり、馴染みの方ばかりで、対談を堪能して
幸せな気分になりました。

ヤマザキマリさんは、あとがきの最後で、こう言います。

“この対談集を読み終えて思ったのは、表現者もまたアスリートであるということ
だった。”

“養老先生、まりやさん、中野さん、釈さん、棚橋さん、パックン、勘九郎さん、
平田さん、萩尾先生、内田さん、そして兼高さん、鍛えられた精神から生み出される
表現で人びとの勇気を引き出し、元気を与え、そして時にはやる気を鍛える様々な
仕事に携わる、こうして皆さんの発言から感じ取れるのは、それぞれの中に蓄積
されている、燃費の良いハイクオリティなエネルギーである。”

パワフルな、ヤマザキマリさんの燃費が何なのか、その秘密のようですね(^^♪
29 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月03日 22:34
    ヤマザキさん、以前も取り上げられたと思われます 直近でも今年4月に『生贄殺し 爆走する脳』講談社+α信書を中野さんの共著で出しておられます 今回の対談相手の方々はご指摘の通り、お馴染みの方ですが、棚橋さんにとっては珍しくも他流試合かもです 兼高さんが今の世界をご覧になってたらと改めて偲ばれますね https://yamazakimari.com/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月04日 05:57
    ヤマザキマリさん、本性にパワフルで、超ポジティブで、愉快な方ですよね。
    養老孟司さん、中野信子さん、竹内まりやさん、ぽーの一族の萩尾望都さん、勘九郎さん、陽気だった兼高かおるさん、素晴らしい方々、魅力的な方々で、面白そうですね。
    ご紹介、ありがとうございます顔(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月04日 09:20
     この本、本屋さんで興味をひかれつつ、置いておきあとで電子書籍をみたら・・・ありませんでした(苦笑)。それっきりになっていましたが、リアルな本として手にするのもいいかなと思います。

     一瞬、中村勘九郎?と思いましたが、存命の息子さんの方ですね。お父さんの五代目は亡くなる前には勘三郎さんになってしまたっけ。無名時代に勘三郎氏とイタリアで会い、テルマエが売れた時に無名なヤマザキさんの作品がパクられたと激怒されたエピソードが印象に残っていたもので、勘違いました(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月05日 04:26
    かみかわさん、おはようございます。

    ご指摘のとおり、ヤマザキマリさんは、脳科学者・中野信子さんとの
    一冊まるごと対談集を、別に出しています。

    2019年に亡くなった兼高かおるさんとの対談は、2016年に行われた
    もので、ヤマザキマリさんがイタリアに行ったのも、世界をまたにかけた
    兼高さんの番組を、小さいときから観た影響大とのことでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月05日 04:31
    マナティさん、おはようございます。

    ご指摘のとおり、ヤマザキマリさんは、細身の清楚な外見ですが、
    パワフルなハンサムウーマンですね。

    本書は、対談者がまたすばらしく、対談好きな私としては、最高の
    ご馳走を面前に並べられたごとく、かぶりついた次第です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月05日 04:37
    shu1さん、おはようございます。

    本書、電子書籍版が刊行されていませんでしたか。

    テルマエロマエで世に出る前に、ヤマザキマリさんは、ポルトガルで
    勘三郎さんに出会い、テルマエロマエが流行したとき、勘三郎さんが、パクリ
    だと怒ったエピソードは、開陳されていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月08日 15:47
    面白そうな対談集ですね。
    ヤマザキマリさんは好きな漫画家ですが、以前からマンガ以外の分野でも活躍されていましたね。
    私も養老孟司さんや内田樹さんのファンなので、どんな話をされたのか興味が湧きます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年08月08日 16:02
    じろさんさん、こんにちは。

    ヤマザキマリさんは、本業は漫画家ですが、最近は、漫画以外でも
    大活躍されています。

    本書、とにかく対談相手が豪華で、私の贔屓にしている人がたくさん
    はいっていて、大いに堪能いたしました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年08月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031