mixiユーザー(id:5540901)

2020年07月31日19:36

116 view

読書日記Nо.1284(本当のことを言ってはいけない)

■池田清彦「本当のことを言ってはいけない」2020年1月角川新書

今、ニュースを見ていたら、本日(7/31)の東京都の新型コロナ感染者数が、
463人と、過去最高となったと報道されていた。

大阪や愛知もひどいことになっていて、全国でも、過去最高の1400人を超える
という。驚くべき数字だが、毎日更新していて、感覚も麻痺してきた。

本日は、「七月尽」という季語のとおり、7月の晦日だが、振り返ってみれば、
1月の末から、半年間、コロナ・コロナの毎日だったと、茫洋とした思いがあり、
春は、緊急事態宣言下で、愛でることもできず、長い梅雨の時期も逼塞していて、
その梅雨も、首都圏は、明日明けるという。

本来なら、今頃は、東京オリンピックの祝祭の中にいたのだろうに、全く、何と
いう年回りかと、思わないでもないが、パンデミックが起こってしまっては、
いたしかたない。

さてさて、日々の感興を書くと、とめどもないが、読書日記なので、閑話休題。

本書の惹句を紹介。

“現在、日本の85歳以上のうち約5割は認知症である。学校はほぼ最悪のブラック
職場になりつつある。近い将来、エリート層は国外へ逃亡する――”

“「日本すごい」と馬鹿の一つ覚えみたいに騒ぐけど、本当に「すごい」のは日本の
凋落速度だ! 人気の生物学者が、独自のマイノリティ視点で快刀乱麻を断つ。
世間にはびこるウソと無駄を見抜くエッセイ。”

目次と小見出しも全部紹介。

■1 生と死の意味について
・「物事にすべて意味がある」は妄想だ
・老化に進化論的な意味はない
・老人になって生き続けるのも大変だ
・記憶と死の恐怖
・ヒトは酒だけの食事でも生きていける!?
■2 AIと私たち
・AIの未来
・AIは人間を超えるか
・AIは格差を固定する?
・AIがもたらす不労社会
・遺伝子とAI
■3 市場原理と成果主義
・教育に市場原理を持ち込む愚行
・何事もほどほどに
・国民の知的レベルの二極化
・効率第一主義は国を亡ぼす
・無駄働きの強制が日本を滅ぼす
■4 動植物散策
・多摩動物公園に行ってみた(1)
・多摩動物公園に行ってみた(2)
・ネキ(カミキリムシ)を採りに沖縄に行く
・生物の進化パターンは予測可能か
・外来種は悪者なのか
■5 短絡的正義がもたらすもの
・遅きに失した国際捕鯨委員会脱退
・未来展望なき虚勢による日本の衰退
・優しくていい人ばかりの国は亡びる
・老人を無理やり働かせるのはやめよう
・加藤典洋『戦後入門』を読む

池田清彦さんの著書を読むようになったのは、養老孟司さんの「虫仲間」という
ことから興味をもったのだが、専門の生物学だけでなく、その舌鋒が広く社会や
文化におよび、あまりにも的確なので、馴染みになり、この読書日記でも、片手
くらいとりあげている。略歴も以下に紹介。

1947年、東京生まれ。生物学者。早稲田大学名誉教授。構造主義生物学の立場から
科学論・社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。

著書は『ほんとうの環境白書』『不思議な生き物』『オスは生きてるムダなのか』
『やがて消えゆく我が身なら』『生物にとって時間とは何か』『真面目に生きると
損をする』『正直者ばかりバカを見る』『いい加減くらいが丁度いい』『生物学
ものしり帖』など多数。

著者の一般読者向けの著作は数十冊以上で、タイトルは編集者につけてもらうらしいが、
本書のタイトルも秀逸だった。

期待したとおりの、カタルシスに包まれた(^^♪

24 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 19:51
    本当に東京、大阪、名古屋は、やはり大都市だから、仕方ないのかとも思いますが、第二派で、大変だけれど、なんだか、かずのカラクリのような気もします。

    85歳の半分は認知症とはあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

    戦時中と日本は基本的に変わらないのかしら、情報派全部は真実ではなくて、隠していることもあるのかもしれませんね。

    おもしろそうな本ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 20:38
    面白そうな本ですねー!

    私は直ぐに認知症になる気分になります、、、、。information
    情報とは、自己の内側で「インフォーム」する事なのでしょうね。鵜呑みはいけないのかとも。しかし、今日もテレビやネットニュースに踊らされる自分がおります。

    興味が湧きました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 01:07
     >効率第一主義は国を亡ぼす
        ↑
     共鳴したのでしょうか、小生も池田 清彦氏の記事を一昨日に読み、腑に落ちるところがありました。 ※
     特に、「世界的な少子高齢化と財政基盤の脆弱化のなかで、新自由主義的な政策で弱者を切り捨てたり、ときには相模原市の事件のように抹殺しようとしたりする者が現れるのは、消極的優生思想の現代的な特徴といえるでしょう。」

     特に「津久井やまゆり園」植松被告における「消極的優生思想」の恐ろしさが印象に残りました。


     現代の優生思想
     池田 清彦(生物学者)後編歴史は繰り返されるのか
     「神聖な義務」論の復活
     前回の連載でも述べましたように、私は現代の優生思想の表れ方には二通りのパターンがあると捉えています。(小生註:二〇一六年七月に神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」の入所者ら四五人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた)植松被告のように「社会の役に立つ人間」と「役に立たない人間」との間に恣意的な線を引き、後者の生命を絶つことを正当化する「消極的優生思想」と、出生前に何らかの方法で「役に立つ人間」のみが生まれるように操作しようとする「積極的優生思想」の二種類です。P175
     遺伝は操作可能か
     実際、「行動遺伝学」という分野では双生児を用いた研究が進められてきました。たとえば心理学者の安藤寿康の研究グループでは一万組以上の双生児ペアを調査し、遺伝子が100パーセント一致する一卵性双生児と、普通の兄弟姉妹と同様に50パーセント程度一致する二卵性双生児とで、相似の傾向に違いが出るのかどうかを調べています。
     その研究でわかったのは、指紋や体重といった表現型に関するものでは、一卵性双生児に非常に強い相似性が現れたものの、IQについてはやや強い程度の相似性が見られる程度でした。IQの個人差は、「50パーセント程度は遺伝によるが、残りは生育環境によって決まる」というのが安藤の結論です。P179
     結局のところ、膨大な遺伝情報のうち、何がどのような行動を規定するのかは、まったく解明されておらず、特定の部分を編集してある能力を伸ばすことなどできないというのが現状です。にもかかわらず、遺伝子解析やゲノム編集といった技術の進歩は、今後も優生学に魅了される人びとを生みだしていくことでしょう。P179
     世界的な少子高齢化と財政基盤の脆弱化のなかで、新自由主義的な政策で弱者を切り捨てたり、ときには相模原市の事件のように抹殺しようとしたりする者が現れるのは、消極的優生思想の現代的な特徴といえるでしょう。
     逆に、遺伝的に優れた子どものみを産み、湯水のように教育への投資を行いエリートとして育てようとする人たちは、積極的優生思想に無意識に加担していると言えます。P179
     マジョリティの側にいる人は、まさか自分が排除される側になるとは思ってもいないでしょうが、次に排除されるのが自分ではない保証は、どこにもありません。同じ悲劇を繰り返さないためにも、まずは優生学的な思想によって人類がどれほどの過ちを繰り返してきたのかを、我々は深く知る必要があるでしょう。P179
     構成・文=柳瀬 徹
    (『kotoba 2020 Summer Issue No.40―特集スティーヴン・キング』 集英社)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 06:20
     池田清彦氏の本は、ときどき読みます。本書も本屋さんでぱらりらとめくり、最後の『加藤典洋「戦後入門」を読む』のところで、少し立ち読みしました。あぁ、同僚だったのか、と。池田市、すっとぼけたおじさんというイメージがありますが、けっこう楽しい文章を書かれますし、本書もいずれ読みたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 07:26
    マナティさん、おはようございます。

    今朝の新聞を見ましたら、新規のコロナ感染者数、愛知は193人、
    福岡は170人、全国でも1571人と過去最高を更新したようですね。
    なぜ、PCR検査をもっと増やさないのかという素朴な疑問がぬぐえません。

    現在の日本の為政者たちも、どうしていいのかわからないと思いますが、
    国民を守るという、気概を示して欲しいものだと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 07:32
    ベルさん、おはようございます。

    認知症に関していえば、男女に明らかな差があって、90〜94歳では
    男性49%、女性65%、95歳以上では、男性50%、女性83%だそうです。
    認知症を発症後の余命が、男性の方が短いのが原因とのことですが。

    この先生の言説は、歯に衣を着せぬ物言いで、結構、腹オチします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 07:44
    AKKIYさん、おはようございます。

    長文の引用、いつもありがとうございます。
    このテキストは、初めて目を通します。

    著者も津久井やまゆり園事件に関して、本書で以下のように述べています。

    “個人は何かの役に立つために生きているわけでもなければ、意味を求めて
    行動しているわけでもない。しかし、意味という病に頭を侵された人は、
    無意味な存在を許すことができず抹殺したくて仕方がなくなるようだ。”

    “国家権力がこういう妄想に取り憑かれるとナチスになるし、個人が取り憑かれる
    と、「津久井やまゆり園」で2018年に起こった相模原障害者施設殺傷事件に
    なる。個人の妄想で殺されるのも、国家権力の妄想で殺されるのも、勘弁して
    もらいたいと思う。”(本書、10p)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 07:52
    shu1さん、おはようございます。

    shu1さんも、池田清彦さんの読者でいらっしゃいました。
    私も、3月に「初歩から学ぶ生物学」を読んで、読書日記を書いていました。

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1975172851&owner_id=5540901

    ひょうひょうとされていますが、核心を突いた物言いが魅力の先生です(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 08:35
    > ヤマヤマ様
     ナチスの優生思想については、アーリア系の女性にアーリア系の男性との強制結婚という「積極的優生思想」の事例が、『kotoba』SpringNo.39 の「現代の優生思想 前編」に紹介されていました。
     池田 清彦(生物学者)氏の説く「消極的優生思想」がホロコーストであるので、ナチスは「積極的・消極的」双方の「優生思想」を実践したことになります。
     
     「マジョリティの側にいる人は、まさか自分が排除される側になるとは思ってもいないでしょうが、次に排除されるのが自分ではない保証は、どこにもありません。同じ悲劇を繰り返さないためにも、まずは優生学的な思想によって人類がどれほどの過ちを繰り返してきたのかを、我々は深く知る必要があるでしょう。P179」
         ↑
     SNSをはじめとするネットが普及した現代社会において、上記の池田氏の結びが下記の佐藤 優氏の記事とともに、ナチスの事例以上に現実味をおびているようにも思うものです。※
                                記

     分節化する世界
     佐藤 優(作家)
     
     差別に加担しないために
     現在、特定の人種や民族に対する常軌を逸したヘイトスピーチが、インターネットなど一部のメディアで横行していますが、そうした人たちの理論的な背景には粗雑なものが多く見受けられます。P61
    極めて粗雑な思想や理論が大勢に受け入れられてしまったという事例は、歴史上多々あります。いや、ナチズムがそうであったように、むしろ差別や排除の思想の多くは、そうした類のものなのです。
     だから、どのように粗雑でレベルの低い議論であっても、それが危険な分節化を助長するようなものであれば、軽視すべきではありません。これもまた歴史から学べる大事な教訓です。P61
    (『kotoba 2019 Winter Issue No.38 戦争と共存』 集英社)


     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 09:06
    (追記)

     佐藤 優氏の記事はナチスに言及するという点では池田 清彦氏と共通しますが、
    池田 清彦氏の「結び」と相似の意見を下記の山崎 雅弘氏の記事に見ることができる等に思います。 ※
                      記

    差別や人権軽視は、
    いつか自分に牙を剥く 
    山崎 雅弘(戦史・紛争史研究家)

    弱者を切り捨てる政治
     差別や人権軽視は、いつか自分の方にも牙を剥くものです。普通の人と差別される人との間に普遍的な境界線はなく、主観と情緒でどのようにも境界線は書き換えられてしまいます。攻撃されないよう、常に権力者側についているつもりでいても、いつしか権力者とその支持勢力から排斥される側に回っていたという例は歴史上、枚挙に暇がありません。P54
    (『kotoba 2019 Winter Issue No.38 戦争と共存』 集英社)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 13:07
    書籍紹介ありがとうございます 今回の感染禍で先ずあったのは重症・死亡リスクの高い層を淘汰することこそ意義があり、その理屈を敷衍させるなら集団感染の推進こそが国策と言う事になります 流石に犠牲者が多岐に渡る大量感染地域ではそんな理屈などありませんし、罹患が人体に大きな後遺症などを残し得る事も分かっています 可能な限りの防止策は集合知として共有し得る筈でも必ずしも為し得ない、凡そ魔法があるわけでもない、でも感染禍を極力留めた成功例(その結果として経済活動再開も可能に)に学ぶより、何が重要なのか分かりません 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:50
    AKKIYさん、こんにちは。

    重ねてのコメント、ありがとうございます。

    山崎 雅弘さん(戦史・紛争史研究家)は、前回の読書日記でとりあげました
    内田樹編「街場の日韓論」にも寄稿されていました。内田樹さんの
    ツィッターでも、よくリツイートされていて、戦史・紛争史研究家というと、
    右の方かなと思われますが、とても真っ当でリベラルな方ですね(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 17:53
    かみかわさん、こんにちは。

    新型コロナ対策として、スウェーデンが、集団感染を採用しているとのこと
    ですが、必ずしも成功しているとはいえないようですね。

    やはり、ワクチンが行き渡るまでは、人類はコロナの脅威と付き合わざるを
    得ないようです。となると、あと半年は、ウイズ・コロナ状態でしょうか。(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 20:08
    > ヤマヤマ様
     毎度毎度、小生の「しつこい」書き込みにも拘わらず丁寧な対応をしていただき、ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 16:49
    酒だけの食事でも生きていけるんですか?これはいいこと聞きました、実践してみようかな。
    でもツマミをたくさん食べるだろうけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 18:54
    AKKIYさん、こんばんは。

    あははは。この場は、ヴァーチャルな読書サロンですから、ご遠慮なく
    過ごしていただいて、おしゃべりしていただいて、いいです。
    今後とも、よろしくお願いいたします(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 19:00
    ボス☆パパさん、こんばんは。

    そこに目が留まられたのですね!

    エチオピアのある村の事例らしいのですが、住民の主食とする酒が、
    低アルコール濃度で、高栄養価の食材らしいのです。いろいろな条件が
    揃わないと、そうならないとのことでしたが(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月03日 16:30
    ヤマヤマさんは殆どの書物の目次を丁寧に取り上げてくださってます。目次を読むと全体像が分かるので良いですよね。

    指摘は妥当なものだとは思うのですが、ではどうすればいいのかを考えると「何事もほどほどに」という指摘でさえ、人の数だけほどほどの程度が違うので、難しいものだなぁと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月03日 17:57
    不思議さん、こんにちは。

    本日、不思議さんの日記に、「同世代」と記したのは、五木寛之さんと
    不思議さんが同世代という意味ではなく、私と不思議さんが、ほぼ同世代
    ではないかと思った次第です。

    本書は、具体的な処方箋は示していませんが、こう考えたらいいのではという
    ヒントのようなものがたくさんあったと思った次第です。「何事もほどほどに」
    というのは、「足るを知ること」かなと思いました(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月03日 18:30
    > mixiユーザー あ、私の早とちりでしたねあせあせ(飛び散る汗) はい、ヤマヤマさんとは同世代で少し後輩に当たる…かもです。

    最近、あまり読書ができていないので、お邪魔するのを控えております…。この本も機会を見つけて手に取りたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 07:14
    不思議さん、おはようございます。

    コメント、ありがとうございます。

    ここは、バーチャルな読書サロンですから、お気兼ねなくご来訪ください。
    いつでも、お待ち申し上げております(^^♪

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031