mixiユーザー(id:5540901)

2020年07月28日07:57

126 view

読書日記Nо.1283(街場の日韓論)

■内田樹編「街場の日韓論」2020年4月晶文社刊

新型コロナのパンデミックで、すっかり、前景から隠れているが、2019年
日韓関係が史上最悪と言われていた。

直接の引き金は、韓国大法院の日本の徴用工の補償請求の判決で、韓国の司法は、
日本企業に、補償(1000万程度)を支払わないと、差し押さえるとの判決を下した。

日本企業にしてみたら、大した金額ではないので、金で解決しようとしたらしい
が、待ったをかけたのが、日本政府で、その問題は、1965年の日韓請求権協定で
解決済みとして強く反発した。

そこから、現在の米中の領事館閉鎖応酬のように、日韓政府が互いに、応酬を繰り返し
抜き差しならない関係へと発展していた。

現在は、日韓政府とも、新型コロナ対応でそれどころではなく、収まっているように
みえているが、何も解決しておらず、コロナが収束したら、また蒸し返される恐れ
もある。(コロナの収束期間が、冷却期間となる、希望的観測もあるが)

そんな日韓関係の状況を憂いて、内田樹さんが、十数名の各方面の論客たちに
寄稿の依頼をして、編まれたのが、本書。

早速、惹句を紹介。

“아이고(アイゴー)、困っています。
もつれた結び目を解くために、
みなさんの知恵を貸してください。”

“荒れるネット言説、政治のねじれ、歴史修正主義……。日韓をめぐるさまざまな
事象は、「問題」ではなく「答え」である。11人の寄稿者が考える、日韓相互
理解への道すじ。”

“K-POPや韓国コスメ、文学作品の翻訳などカルチャー面での交流が活発な一方、
泥沼化した政治情況につられてヘイトや嫌韓本が幅をきかせる日韓関係をめぐる
言説。「戦後最悪」とも言われるターニングポイントで、もつれた関係を解きほぐす
糸口をどう見つけるか?”

“韓国での講演や著書刊行が続いている内田樹先生を編者に、思想、歴史、安全保障、
文化などの観点から、11名の執筆者が両国関係のこれからを考えるアンソロジー。「軽々には解けそうもない問題」を前にして、日韓相互理解の道を探る試み。”

目次もすべて紹介。(馴染みの薄い方は、略歴も紹介)

‘眦勅「二人の朴先生のこと」
∧薪張リザ「私が大学で教えている事柄の断片」 (劇作家・演出家ですね)
G魄譱錙嵶鮖飽媼韻両彳佑箸修猟狭遏廖      福岷並廓埓鈩澄彙者)
づ邊隆「韓国は信頼できる友好国となりえるか?」 (地政学研究者)
ッ翕長諭嵶拗颪鮓る視点」           (イスラム学者)
小田嶋隆「炎上案件に手を出す者は、必ずや己の身を焦がすことになる」
鳩山友紀夫「東アジア共同体をめぐる、ひとつの提言」
┿該蟆躪亜峇攅颪里海箸鮹里蕕覆て本人とその理由」(紛争史研究家)
松竹伸幸「植民地支配の違法性を考える」     (ジャーナリスト)
伊地知紀子「卵はすでに温められている」     (朝鮮史・済州島研究)
平川克美「見えない関係が見え始めたとき」    (内田樹さん幼なじみ)

11人の寄稿者は、内田樹さんの本の対談者や、内田さんの本に比較的よく出て
くる人たちなので、名前を知っている人が多かったが、初めてだったのが、い鉢の
お二人だった。

読後感は、もつれた糸をほどく箇所が、奈辺にあるかは、なんとなくわかったが、
現在の日韓の両政治トップが変わらないと、改善は難しいなと感じた次第。

人間関係なら、嫌な人には、近づかないという最強の解決方法があるが、隣国との
関係は、引っ越しができないので、ある程度は、仲良くしていかないとどうにも
ならいないと、素朴に思っています。
25 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 10:41
    興味深い本ですね。35年前から出張で何度も韓国に行っていて、財閥系企業のエリートから中小企業の経営者まで、韓国人の知り合いもいました。最近の日韓関係はとても残念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 12:46
    19年に日韓首脳会談があり、友好の必要は当然に理解されていますが。根強い世論の反発や面子などあり、ぶり返しては小康状態を繰り返しそうです 相手への優位性と国粋主義が相互交流の進展の中、妨げています 多分に構造的で、転機は見出し堅いですね 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 13:15
    興味深いですが、在日の方の意見も読みたい気がしますね。姜尚中さんなど。依頼しなかったのか、デリケート過ぎて断られたのか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 20:12
    ロベルトさん、こんばんは。

    ロベルトさんは、ドイツやアメリカに駐在されて、お仕事をしておられた
    印象が強いのですが、韓国にも何度も行っていらしたのですね。

    日本人・韓国人の生身の関係は、良好だと皆さん言われていますが、
    国対国になると、なんでこんなに、ややこしくなるのか、なんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 20:17
    かみかわさん、こんばんは。

    民主主義国家の長は、世論や政権支持率を気にしていて、政策も国民の
    顔色を見ながらに、どうしてもなります。

    してみると、中国や北の将軍様は、一見、無敵のように見えるのですが、
    民主主義国家とは別の意味で、国民の顔色を窺っているようにも思えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 20:19
    ping pongさん、こんばんは。

    内田樹さんの著作は、韓国ですでに20冊以上翻訳されているようで、
    内田さんは、その筋で、寄稿を打診されたようですが、諸条件に阻まれた
    ようです。

    今、とてもデリケートな時期のようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月29日 05:57
     ご近所さんというものは、利害が大きくかぶる面もあり難しい関係にならないよう気を使いますね。国であればなおさら、と思うのですが今の政権トップのありようをみていると、どうにも大人げなくて、ため息という感じです。この本が出たとき、ちょっとテーマがげんなりする方向に感じてしまい、敬遠していました。もつれた糸をほどくヒントがあるなら、よむべきかなぁと思えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月29日 06:34
    shu1さん、おはようございます。

    ご近所さんは、マンション住まいなどでも気を遣いますが、引っ越しは
    可能です。でも、隣国との関係は、引っ越しができないのですね。

    昨夜のニュースを見てましたら、韓国の公園で、慰安婦像に土下座する
    安倍首相らしき像が設置されたとのことで、菅幹事長がまた怒ってました。
    今回は、韓国政府もさすがに、この像は支持しないと言ったそうですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月30日 21:43
    私はタツラーなので、積ん読の中に眠っています。新型コロナの長期化に備えて買った一冊です。ヤマヤマさんに先に読まれてしまいましたが、このあと、必ず読みます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 06:53
    じろさんさん、おはようございます!

    本書、積読書の中に埋蔵されていらっしゃるのですね。

    「タツラー」というのでしたですね、内田樹愛好家は!
    私は、ハルキストを名乗っていますが、タツラーやヨウロウリスト
    ではあるものの、名乗ってはいませんでした(^^♪(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031