mixiユーザー(id:5540901)

2020年07月12日17:12

136 view

読書日記Nо.1279(「折々のうた」のアンソロジー、汲めども尽きぬ)

■水原紫苑編「大岡信『折々のうた』選 短歌(一)」2020年2月岩波新書

私は日本の短詩型文学(短歌や俳句)の鑑賞が好きで馴染んでいるとは、
この読書日記で、兼ねてから表明していて、ときどき取り上げている。

2020年になって、岩波新書から、「大岡信『折々のうた』選」全五巻が
刊行されはじめて、まず、短歌編から手に取ってみた。

全五巻は、俳句編が二巻(選者は、長谷川櫂)、短歌編が二巻(選者は、水原紫苑)、
詩と歌謡編が一巻(選者は、蜂飼耳)。

大岡信さんの「折々のうた」とは何かについて、念のためにに記すと下記。

「折々のうた」は、朝日新聞に、1979年〜2007年、途中休載はあるも、
29年間にわたって連載された、日本語の短型詩のアンソロジー。

掲載は、6762回におよぶという。

新聞掲載後、岩波新書から、「折々のうた」として刊行され、索引も
含めて、累計21冊が刊行された。

その21冊目の最終巻を読んで、2007年に読書日記を書いていたので、紹介します。

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=644054910&owner_id=5540901

さてさて、遅ればせながら、本書の惹句を紹介。

“短い詩句によって長い詩の織物を織る。連句の骨法を生かして織り上げた、
壮大な詩歌アンソロジー『折々のうた』。本巻では、大岡信が選んだ古今の和歌、
短歌のかずかずから精選し、四季折々の流れに乗せてゆく。古代の「よみ人しらず」
の歌人から、中世、近世、近代の著名な歌人まで、季節の移ろいに人びとの豊かな
詩情が映しだされる。”

私が日本の短詩型文学に馴染むようになったのも、中学・高校の国語の教科書の
影響もあるが、大岡信さんの「折々のうた」をずっと読んでいたせいがあると
思われる。

本書でとりあげられた短歌から、心に残った歌を、各季節5首ずつ、紹介。

■春のうた
・春風の花を散らすとみる夢はさめても胸のさわぐなりけり 西行法師
・花びらをひろげ疲れしおとろへに牡丹重たく萼(がく)をはなるゝ 木下利玄
・ならさか の いし の ほとけ の おとがひ に
 こさめ ながるる はる は き に けり   会津八一
・桜ばないのち一ぱい咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺めたり 岡本かの子
・動乱の春のさかりに見し花ほどすさまじきものは無かりしごとし 斎藤史
■夏のうた
・めん鶏(どり)ら砂あび居たれひっそりと剃刀研人(かみそりとぎ)は過ぎ行きにけり
  斎藤茂吉
・またひとり顔なき男あらはれて暗き踊りの輪をひろげゆく 岡野弘彦
・森かけてきてほてりたるわが頬をうずめんとするに紫陽花くらし 寺山修司
・みどり児の重さをかひなは記憶せり赤枇杷一枝宙に撓(たわ)めり 稲葉京子
・砥ぎてもつ厨刀(ちゅうとう)青き水無月や何わざのはて妻(め)とはよばるる 
馬場あき子
■秋のうた
・秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかれぬる 藤原敏行
・かたはらに秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな 若山牧水
・なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな 与謝野晶子
・父の背に石鹸(しゃぼん)つけつつ母のこと吾が訊いている月夜こほろぎ 北原白秋
・ぞろぞろと鳥けだものをひきつれて秋晴の街にあそび行きたし 前川佐美雄
■冬のうた
・最上川逆(さか)白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも 斎藤茂吉
・凧(いかのぼり)凩(こがらし)風と記しゆき天なるもののかたちさびしき 山中智恵子
・さむきわが射程のなかにさだまりし屋根の雀は母かもしれぬ 寺山修司
・北向きの廊下のすみに立たされて冬の歌などうたへる箒(ほうき) 永井陽子
・ふかぶかと雪をかむれば石すらもあたたかき声をあげんとぞする 山崎方代

比較的、近現代の歌をとりあげたが、実際は、万葉・古今・新古今の歌がたくさん
とりあげられている。

大岡信さんの注釈を読んでいるだけで、1200年にわたる日本の詩歌の伝統に
アクセスできている悦びを感じる。

22 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月12日 23:12
    西行法師、岡本かの子 寺山修司、若山牧水 、与謝野晶子、北原白秋、斎藤茂吉 の名前は知つています。でも歌はいくつ知つているだろう。そうですか短歌などにも造詣がおありですか、さすが、業界のお人です。貴重な紹介感謝します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 11:10
    こんにちは、私は短歌しかしりませんが、この世のどこかで、だれかがそっと形にした一首。それは千年前残してくれてなかったら知ることが出来ない感覚、気分、世界観が詰まっています。

    こちら読みました。とても好きな表現多かったです。繰り返し読むと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 13:12
    >“短い詩句によって長い詩の織物を織る。連句の骨法を生かして織り上げた、
    壮大な詩歌アンソロジー『折々のうた』。本巻では、大岡信が選んだ古今の和歌、
    短歌のかずかずから精選し、四季折々の流れに乗せてゆく。古代の「よみ人しらず」
    の歌人から、中世、近世、近代の著名な歌人まで、季節の移ろいに人びとの豊かな
    詩情が映しだされる。”
      ↑
    「長い詩の織物を織る。連句の骨法を生かして織り上げた」という表現に、
    Carole King(キャロル・キング)さんの
    アルバム『Tapestry』
    を思い起こしました。

     さて、ここからは独断と偏見ですが、古来「詩歌」は文字として表記されたのは人類の歴史でいえばかなり後の時代のことであり、長らく伝承されてきた詩歌は、専ら口頭でおそらくは抑揚をつけた音楽における曲と歌詞が一体になったものではないかと。
     その意味では、文字という視覚ばかりではなく、平安時代であればそのときの発声で、江戸時代であればそのときの発声でその時代に作られた詩歌を聴くことができれば素晴らしいのではないか、とCarole Kingさんの曲と歌詞が一体となった『Tapestry』(つづれおり)のアルバム・タイトルから思った次第です。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 21:30
    hirozi53さん、こんばんは。

    挙げていただいた歌人は、国語の教科書にも載っていて、日本人なら
    馴染みのある方も多いのではと思います。

    日本の短詩型文学の華である短歌(和歌)は、日本人の感情を乗せる
    舟として、1200年以上の伝統の厚みがあり、日本語の宝だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 21:33
    ベルさん、こんばんは。

    ベルさんは歌人でもいらっしゃって、mixi日記で詠まれる短歌を、いつも
    鑑賞させていただいています。

    私が、日本の短詩型文学である、短歌や俳句に馴染むようになったのは、
    振り返れば、大岡信さんの「折々のうた」の影響が大だったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 21:38
    AKKIYさん、こんばんは。

    >さて、ここからは独断と偏見ですが、古来「詩歌」は文字として表記されたのは人類の歴史でいえばかなり後の時代のことであり、長らく伝承されてきた詩歌は、専ら口頭でおそらくは抑揚をつけた音楽における曲と歌詞が一体になったものではないかと。

    まったくもって、その通りだと思います。現代人は、文字として短歌や俳句を
    認識しますが、古往今来、詩というものは、まずは音声で表現されるもので、
    平安時代の短歌も、朗々と歌われるものだったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月14日 05:48
    折々の歌って、21巻も出てるんですね。短歌をそれとしてまとめて読むことはしたことがないのですが、ときどき何かに出てくることがあって、印象に残ります。誰の短歌なんだろうと思ったら、西行とか在原業平とか。遠い世界のものと思っていた平安時代とか、短歌という表現形式が、いきなり身近に感じられて楽しい気分になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月14日 07:09
    shu1さん、おはようございます。

    そうなんです。21巻出ていまして、最初の方は購入していたのですが、
    さすがにコンプリートで揃えることは、できませんでした。

    西行の和歌って、鎌倉時代の「新古今集」にたくさん収録されていますが、
    言葉の選択と、激しい詠みっぷりは、現代の短歌と見まごうほどです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 07:04
    TORATONTONさん、おはようございます。

    朝日新聞に連載されていた頃、時折読んでおられたのですね!

    今回とりあげたアンソロジーとは別に、オリジナルの方も以下のように
    まだ絶版にはなっていないようです。

    “岩波書店から『折々のうた』全10巻、『新折々のうた』全9巻が刊行されて
    いる(『折々』シリーズ、『新折々』シリーズそれぞれの総索引も出版され
    ている)。また、朝日新聞社からは『新編折々のうた』として単行本版5冊、
    文庫版6冊、Katydid Press と講談社インターナショナルからは、ジャニーン・
    バイチマンによる英訳版が出版されている。”

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031