mixiユーザー(id:5540901)

2020年07月08日07:40

143 view

読書日記Nо.1278(虫とゴリラ 養老孟司・山極寿一大いに語る)

■養老孟司・山極寿一「虫とゴリラ」2020年6月毎日新聞出版刊

対談集は結構好きで、この読書日記でもよく取り上げる。

先月も、今回の対談者である山極寿一さんと中沢新一さんの対談集
「未来へのルーシー」を取り上げたばかり。

それ以上に、私は養老孟司先生のファンで、私淑しており、養老先生の
本をみつけたら、思わず手に取ってしまう。本でなくても、新聞のコラム、
雑誌のコラムで養老先生の名前をみつけたら、必ず読む。

この読書日記は、今回で1278回目だが、養老先生の本は、たぶん30冊以上
はとりあげてきたと思われる。ただ、いつ、何を読んだかは、すぐには
わからない。

この読書日記も、書きっぱなしになっていて、整理がついておらず、いつ
何を読んだかの検索は、たいてい、刊行されて1年以内に読むことが多い
ので、刊行年月日をキーに再検索している。

リタイアしたら、エクセルで整理をしてみたい。

さてさて、本書でした。惹句を紹介。

“生物界からの緊急提言!
 解剖学者と霊長類学者が語りつくした日本の未来像”

“未曾有の危機を迎えている人類。待つものは希望か、滅亡か――
<虫とゴリラ>の目で、人間の世界をとらえ直し、自然との新たな共存の道をさぐる。”

“「人間以外の自然とも感動を分かち合う生き方を求めていけば、崩壊の危機にある
地球も、ディストピアに陥りかけている人類をも救うことができる」”

目次と小見出しの抜粋も紹介。

■はじめに 共鳴する世界
■第一章  私たちが失ったもの
・虫の列島史
・サルの列島史
■第二章  コミュニケーション
・触覚ぎらい
・つながる感覚
■第三章  情報化の起源
・言葉の誕生
・交換するということ
■第四章  森の教室
・手間がかかるヒト
・論理vs.感覚
■第五章  生き物のかたち
・外に出る能
・抽象化と脳容量
■第六章  日本人の情緒
・縁側の思想
・本人というノイズ
■第七章  微小な世界
・ヒゲの振動
・限界を超える
■第八章 価値観を変える
・ゴリラの墓
・人間の改造
■エピローグ 日本の未来像
■あとがき 虫とゴリラの旅

今回もいっぱいインスパイアされまくりで、とても愉楽の読書を
堪能しました(^^♪
21 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月08日 08:05
    私も養老孟司さんのファンです。いろんな角度から、医学的、科学的、そして びっくりすることにとてもスピリチュアルなことも、他人の目を気にせずに、対談では、特にドンドン 話されますよね。
    この本も面白そうですねー(^^)
    いつも、ありがとうございます顔(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月08日 15:14
    バカの壁、遺言、超バカの壁を読みました。どれも感慨深かったです。
    対談型式、私も好きです。読んでみたいと思います!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月08日 18:20
    マナティさん、こんにちは。

    マナティさんも、養老孟司さんのファンなんですね!
    私と同好の士でありますね(^^♪

    この読書日記で30冊以上とりあげていると申しましたが、
    最初に取り上げたのが、13年前の2007年でした。紹介します。

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=446790554&owner_id=5540901
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月08日 18:30
    ベルさん、こんにちは。

    ベルさんも、養老孟司さんの本、読まれていますね!

    「遺言」は、2018年に読んで読書日記を書いていました。
    このときは、「遺言」ともう一冊、新書を読んで読書日記を
    書いていましたので、紹介しますね(^^♪

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1965628040&owner_id=5540901
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月09日 06:39
    養老さんの本は私も好きなので、本屋さんでチラ見はしていました。最近、積読ばかりなのでまだ控えてますけど。

     山極寿一氏の本も、最近けっこうみかけますね。先日は単著の新書がありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月09日 07:08
    *.ようすけさん、おはようございます。

    9月に「AIの壁」を刊行予定との情報、ありがとうございます。
    AIについて、養老節がどんな炸裂をするか、予想できますが、楽しみです!

    調べてみたら、養老先生は、単著より対談集の方が多いかもです。
    建築家・隈研吾さんとの対談を2012年に読んでいました。

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1845789525&owner_id=5540901
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月09日 07:14
    shu1さん、おはようございます。

    shu1さんも、養老先生の本をたくさん読まれていますね!

    山極さんの本は、対談集ばかり本書で3冊目ですが、その中では
    昨年読んだ、小川洋子さんとの対談集「ゴリラの森、言葉の海」が
    一番でした。(shu1さんにもコメントいただいています。)

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972834392&owner_id=5540901
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月09日 20:04
    私も養老先生のファンです。
    あの独特な思考方法は、とても魅力的です。
    山際さんは、ゴリラの研究で有名な方ですよね。この本、ぜひ読みたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月09日 21:03
    じろさんさん、こんばんは。

    じろさんさんも、養老ファンでいらっしゃいましたですね!
    そして、さらに、私と同じく、内田樹ファンでもありました。

    養老先生と内田樹さんも、なんと対談していたのです。
    2007年の、お二人の対談集「逆立ち日本論」の読書日記を紹介します(^^♪

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=475058115&owner_id=5540901
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月13日 18:15
    凡そ森の人たるオラウータンのみならず、毛深い部族ゴリラも、半獣半人の牧神パンに由来するチンパンジーに至るまで森住性でヒトに至って森を捨て直立歩行と手を得たわけですが、それでも脳を以てやっと少なからぬ動物の持つ感性を補わざるを得ません 確かに人類の危機ではあっても、地球の崩壊を人類による以外も想定し救済するのはSFの世界ですが、人類を直因とする場合は直面する課題です 従来の生態系の枠組みを多分に壊してしまった人類の道はいずこにありましょうか
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月14日 07:19
    かみかわさん、おはようございます。

    フィールドワークで、ゴリラの森に入り、ほとんどゴリラと一体化して
    研究した京大の山極寿一さんのお話を聞いていると、逆にヒトという存在の
    奇妙さが浮き彫りになります。

    そしてそのヒト属も、太古からたくさんの種が出現し、滅んで、残って
    いるのは、我々ホモ・サピエンスだけです。危機意識は持ったほうがよいですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031