mixiユーザー(id:5540901)

2020年07月04日20:05

132 view

読書日記Nо.1277(村上春樹が父親について語るとき)

■村上春樹 絵・高妍「猫を棄てる 父親について語るとき」2020年4月文藝春秋刊

本書は、小説ではなく、村上春樹が父親について語った文である。

村上春樹のエッセイなどでは、日中戦争から帰還した父親が、朝、仏壇に
向かって一心に祈る姿が書かれていて、父親は詳細は語らなかったが、戦争で
亡くなった人びとへの、鎮魂の祈りをしていたのではと。

村上春樹も古希を迎えて、父親について語っておきたいという気持ちが、
本書を書く動機となったらしい。

本書の惹句を引用。

“時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある。ある夏の日、
僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。
このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた。―村上文学のあるルーツ。”

誰もが不可解な記憶を心のどこかに温存していて、なぜそんなことを憶えて
いるのかさえわかならい、かすかな記憶の断片。

本書もそんな思い出を語るところから始まる。家で大切に飼っていた猫を箱に
入れて、父と一緒に自転車に積んで、西宮の海岸に棄てにいった、という記憶。

理由は定かでない。とにかく箱を置き去りにして、逃げるように家に戻った。
すると玄関に、当の猫が先回りして待っていた。父はほっとしたような顔を
していた。そこから父についての回想が始まる。

村上春樹はあとがきでいう。

“亡くなった父親のことはいつか、まとまったかたちで文章にしなくては
ならないと、前々から思っていたのだが、なかなか取りかかれないまま、
歳月が過ぎていった。”

“僕がこの文章で書きたかったことのひとつは、戦争というものが一人の人間
の生き方や精神をどれほど大きく深く変えてしまえるかということだ。そして
その結果、僕がこうしてここにいる。”

“父の運命がほんの僅かでも違う経路をたどっていたなら、僕という認番は
そもそも存在していなかったはずだ。歴史とはそういうものなのだ。”

“歴史は過去のものではない。それは意識の内側で、あるいはまた無意識の
内側で、温もりを持つ生きた血となって流れ、次の世代へと否応なく持ち
運ばれていくものなのだ。”

“短い文章なので、どのような形にして出版すればいいのか、ずいぶん迷った
のだが、独立した一冊の小さな本として、イラストレーションをつけて
出版することに決めた。”

“絵に関しては、台湾出身の若い女性イラストレーターである高妍さんの画風
に心惹かれ、彼女にすべてを任せることにした。彼女の絵にはどこかしら、
不思議な懐かしさのようなものが感じられる。”

村上春樹がそういうように、挿絵が、不思議な懐かしさを醸し出して、素晴らしい。
それは、台湾に行ったとき感じた、昭和の懐かしさのような気がした。
29 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月04日 20:54
    >“歴史は過去のものではない。それは意識の内側で、あるいはまた無意識の
     内側で、温もりを持つ生きた血となって流れ、次の世代へと否応なく持ち
     運ばれていくものなのだ。”
       ↑
     単にDNAのような肉体的なものの継承に限らず、精神的な太古の記憶もまた子孫へ継承される、ということを意味するのかも知れない、と独断的に解釈しました。そして、過去、現在を意識することで、未来もあることを思います。※
     ひょっとすると、村上春樹さんは、「猫」を介して父の思い出を文章化することで、過去を意識化しようとしたのではないか、と妄想を重ねています。


     戦争の定義と哲学
      堤 未果(国際ジャーナリスト)

     特に現代史をしっかり学ぶこと。戦争も共存も、過去と現在を一本の線でつなげることで初めて未来が見えてくるものだからです。P41
    (『kotoba 2019 Winter Issue No.38 戦争と共存』 集英社)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月04日 21:08
    文芸春秋だったか他の文芸誌だったか、読んだ記憶があります。
    加筆して内容が変わったのなら、読んでみようかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 05:59
    雑誌文藝春秋を購読しているので、この文章は雑誌の方で読みました。Amazonレビューで、雑誌掲載のエッセイ一本に絵をつけただけで本にした、と批判するものがありました。実際に本屋さんで手に取ると絵と文章の雰囲気が良くて、これはモノとして魅力のある本だな、と私は思いました。本文を読んじゃってるんで、買ってはいないんですけど(苦笑)。

     村上氏と父性との関わり、ひいては実際にご自身との父親の関係をうかがう見方は内田樹氏や加藤典洋氏など、村上作品について語る向きでたまに見る気がします。そういった面で興味深かったと思いますが、加藤典洋氏が亡くなっているのがちょっと残念です。読んでどんなことを語られたかなあ、なんて。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 12:28
    くろねこさん、こんにちは。

    本書の初出は、月刊「文藝春秋」の2019年6月号のようです。
    単行本として編む際、とても素敵なイラストがついて、上梓されました。

    イラストレーターは、1996年台湾・台北生まれの高研(ガオイェン)さんで
    台湾・日本でイラストレーションや漫画を中心に作品を発表されています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 12:48
    AKKIYさん、こんにちは。

    村上春樹は、あとがきでさらに続けていいます。

    “ここに書かれているのは個人的な物語であると同時に、僕らの暮らす世界
    全体を作り上げている大きな物語の一部でもある。”

    “でも僕としてはそれをいわゆる「メッセージ」として書きたくはなかった。
    歴史の片隅にあるひとつの名もなき物語とてひ、できるだけそのままの形で
    提示したかっただけだ。”
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 12:51
    ボス☆パパさん、こんにちは。

    ご指摘のように、本書は、月刊「文藝春秋」の2019年6月号に掲載された
    文章です。

    文章はたぶん、そのままだと思いますが、台湾出身の若きイラストレーター
    とのコラボが素敵で、ひとつの作品として結晶したように感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 12:58
    shu1さん、こんにちは。

    男の子にとって、父との関係は。微妙なものがあります。男の子にとって
    父は乗り越えるべき対象でもあり、それはエディクス・コンプレックス
    とも呼ばれます。

    村上春樹さんも古希を迎え、父親が亡くなって十年以上経て、やっと父に
    ついて書けるようになったのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 15:09
    表紙の絵が、高研さんのイラストなんですね。
    たしかに、懐かしい気持ちになりますね。
    また、“時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある”という
    言葉も素晴らしいと思いました。本屋さんで探してみます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月05日 19:37
    僕の両親も戦争で疎開した経験を持っているのですが、父は一切戦争の話をしません。母から聞かされた父の往時の物語は、さぞや寂しく辛かったであろうと思わされる内容だったのですが、父本人は封印しておきたいのかも知れませんね。
    村上春樹は肉親を通じて戦争がもたらしたものは何か、歴史としてそれを引き継ごうとしているようにみえます。村上春樹のエッセイは、いつも私個人の心の奥底の記憶を揺さぶってくれます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月06日 07:56
    じろさんさん、おはようございます。

    表紙が、高研さんのイラストです。村上春樹さんがあとがきで、
    「ふしぎな懐かしさ」と形容しているとおり、昭和レトロを感じ
    させるタッチです。

    内容も短い文章ですが、とてもしっとりと堪能できました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月06日 08:01
    キンさん、おはようございます。

    キンさんのお父様も、戦争のことは一切話されませんでしたか。
    そういう父親が、昭和時代は、たくさんいたように思います。

    >村上春樹のエッセイは、いつも私個人の心の奥底の記憶を揺さぶって
    くれます

    本書も、キンさんにとってストライクな本だとご推奨いたします(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月06日 17:23
    皆様

    すみません。イラストレーターの名前の漢字が間違っていました。

    高「研」ではなく、高「妍」でした。
    読書日記の本文は訂正しましたが、コメントは訂正できていません。
    悪しからずご了承いただきたく。(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月06日 22:50
    亡き父母の相続の際に閉鎖謄本まで探しましたが思えば戦争の記憶の共有化は叶わなかった事を想起されます 春樹さんのご両親は国語教師とお伺いしましたが、記憶は記録とならねば消えるだけでしょう 消えていった無数の歴史も歴史です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月07日 07:38
    かみかわさん、おはようございます。

    ご指摘のように、村上春樹さんのご両親は、ともに高校の国語教師だった
    と本書に述べられていました。お母さんは音楽教師の恋人がいたらしいの
    ですが、出征して帰らぬ人となり、出征したものの戦禍を潜り抜けて帰還
    した父親と結婚して、春樹さんが生まれたそうです。

    人びとの記憶は、歴史の中で消えていき、こうして記録された物語だけが
    後世に受け継がれていくのですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031