mixiユーザー(id:5540901)

2020年05月25日20:00

169 view

読書日記Nо.1268(それでも読書はやめられない)

■勢古浩爾「それでも読書はやめられない」2020年3月NHK出版新書

副題は、“本読みの極意は「守・破・離」にあり”

本書も、コロナ自粛前に、新宿紀伊國屋の店頭で手に取った本。
著者は知らない人だったが、以下の帯の文言で、手に取る気になった。

“名うての市井読書家が送る 痛快なる読書一代記!”

私はmixiで、2006年から、読書日記を連載している。
私のmixi読書日記の方針は、一貫していて、この読書日記を書くことに
よって、バーチャルな読書サロンとしたかったから。

私が読んだ本を肴に、mixiでしか出会えないヴァーチャルの同好の志の
皆さんとおしゃべりがしたかったからです。

そして、私のこの読書日記は、道楽読書であると宣言している。

読書は、決して、高尚なものでもなく、教養を高めるものでもなく、道楽
とすると、こんな安上がりで、愉楽の極に誘ってくれるものはない。

そんな風にして、14年かかって、今回で1268回の読書日記を書くことができた。

だから、他人の読書論なんて、どうでもいいのですが、まぁでも、こんな風に
気になって読んだりします。

本書の惹句を紹介しますね。

“普通一般の読書で、本はこう読みなさい、というルールはなく、読書は技量
の上達や心の成長を競うものでもない。つまり、読書の作法は人それぞれだ。”

“ただし、自分自身を相手に、自分なりの読書の道筋として「守・破・離」を
見つけられるとしたら、どうだろうか?加齢とともに移り変わる読書傾向は何を
意味するか?約1万冊を読んできた、名うての市井読書家による渾身の読書論。”

読後感は、まあ、☆が2つか3つくらいかな。
悪くはないのですが、私の読書ライフとは、違うかなと思った次第。

いいんです。読書好きな人それぞれに、読書論があっていいんです。

ここ10年くらい読んだ、読書論の中で、いいなと思ったのは、下の2冊です。

一冊目は、2009年によんだ松岡正剛さんの「多読術」。

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1202866311&owner_id=5540901

二冊目は、2018年に読んだ森博嗣さんの「読書の価値」。

https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1966444519&owner_id=5540901

この2冊は、☆が4つ〜5つです。

まぁでも、本書のタイトルの通り、道楽読書は、やめられないです(^^♪

25 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 21:12
    道楽読書!なるほど。私も道楽で読んでます。
    ミクシィに入ったきっかけは、ある作家さんをリサーチしてて、ネットでヤマヤマさんの読書日記にたどり着き、このサロンに入りたかったからです〜。これからもオススメ本紹介してください。
    さて、読書読書。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 21:22
    私も「読書論」なんて、あまり読みたくない。というか、多分64年の人生で読んだことがない。好きなミステリーやSF、洋の東西を問わない時代小説、たまにラブロマンスも(笑)、好き勝手に読んでます。
    昔、著者インタビューなどでお金を貰ってたことは脇に置いて(笑)。
    ヤマヤマさんのこの読書日記は、いつもこれから読む本の参考にさせてもらっています。あまり主観を押し付けないように、内容を紹介しているだけなのがいいですね、ちょっと物足りなさも感じますが(笑)。「感染症の世界史」は面白かったです。
    今はmixiには書かず、LINEのタイムラインに主観丸出しの読書日記を書いてます。
    とりとめなくてすみません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 21:46
    いつも読書日記を楽しく読ませていただいております。おかげで読書量が少し増えましたよ。私は大半が娯楽で読んでいるので、あまりタメにはならないかもしれませんが、読書そのものが愉しみです。これからもどうぞ読書日記を継続お願いします。楽しみにしておりますよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 22:26
    この本、本屋さんでちょっと気になっていました。この本に限らず、読書についての話は好きなので、そういう本をみかけるとつい手に取ってしまうんですけどね。本を読むのは楽しいですし、他の人がどんなふうに本を読んでいるかも、聞いてみたいところ。まさにヤマヤマさんがこういう読書サロンをやって味あわせてくれる楽しみですね(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 06:58
    道楽読書exclamation ×2いい響きで、いいですね(^_^*)
    それに、守 離 破  順番は違いますが、よく 仕事の局長が使っていた言葉でした(^_^*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:31
    ベルさん、おはようございます。

    ベルさんは、つい最近、マイミクになっていただきました!
    私のマイミクさんは、98%が、mixi上で知り合ったヴァーチャルな
    関係で、同好の士どおし、おしゃべりできるのが、無上の悦びです。

    今後ともご贔屓、どうぞよろしくお願いいたします(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:36
    おぢさんさん、おはようございます。

    私の読書日記、主観や主張が薄くて、どうもすみません!
    あまり色を出しすぎますと、引かれる方もおおいのではとの、
    全方位外交的なスタンスのサロンを、なんとなく目指しています。

    お互い、還暦過ぎると、好き勝手に読みたいですよね(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:40
    ロベルトさん、おはようございます。

    大手出版社・講談社の礎を築いた「キング」という雑誌のスローガンは、
    「面白くてためになる」でした。

    私なりに、この言葉を解釈すると、面白い+ためになる、ではなく
    面白い=ためになる、かなと、我田引水的に思っております(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:43
    shu1さん、おはようございます。

    shu1さんとは、たぶん、20歳くらい離れていると思いますが、
    shu1さんの特にノンフィクション分野の守備範囲が、私と重なる部分も
    多く、頼もしく感じております。

    この本を読んだらこんなに面白かった、という話をたくさん聞きたいです(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 07:48
    マナティさん、おはようございます。

    ふつうは、娯楽読書と言いますが、あえて道楽読書と言っています!
    娯楽より、道楽の方が、なんとなく野放図な感じがして。

    守破離(しゅ・は・り)とは、お能の言葉かと思ったら、武道や茶道で
    用いられる、学ぶ順序を表現した言葉のようですね(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 09:27
    ヤマヤマさん おはようございます。
    早速、二冊の読書論予約しました。
    どうしてもチョイスする本は片寄ってしまいます。ヤマヤマさんの読書日記にはいつもお世話になっていまするんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月26日 12:27
    こすもすさん、おはようございます。

    ありがとうございます。

    私の取り上げる本は、自分でもわかるのですが、偏向していますので、
    その点だけ、ご注意願えればと思います。(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月29日 00:07
    いつもありがとうございます 勢古さんは四十冊を超えてその書籍が伺えますが、中島みゆきを端緒として、吉本隆明を師と仰ぎ、シベリア抑留の石原吉郎にて世に出て、白洲次郎など、軽めのエッセイを中心にしながらも、拘りを伺わせている方です とっつけるかどうかはあると思われます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月29日 12:35
    かみかわさん、おはようございます。

    勢古浩爾さんは、全く存じ上げない方でしたが、著書も結構
    あるようですね。吉本隆明を初めて読んだときに、ビビっと
    電気に打たれたとは、本書にもありました。

    1947年生まれなので、私よりもちょっと上の世代で、この世代の
    方には、吉本隆明ファンが、結構いらっしゃいます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31