ホーム > mixiユーザー(id:5540901) > mixiユーザーの日記一覧 > 読書日記Nо.1201(将棋は指せなくても面白い)

mixiユーザー(id:5540901)

2019年08月16日19:47

136 view

読書日記Nо.1201(将棋は指せなくても面白い)

■梅原猛・羽生善治・尾本恵一「教養としての将棋」2019年講談社現代新書

副題は、“おとなのための「盤外講座」”。

お盆でしたので、8/13-8/15まで、名古屋郊外の実家に帰省しました。
実家は、現在空き家になっていて、老人ホームに入居している92歳の老母
を見舞ったのですが、一応長男ですので、実家のお盆の行事は遂行して、
お坊さんもお迎えし、お墓参りもしてきました。

実家の近所には、姉夫婦が住んでいるので、実家の管理は任せていますし、
老人ホームに入居している老母のところにも、ときどき顔を見せてくれている
ので、まぁ、安心しています。

振り返ってみれば、実家を出て、もう40年になります。
でも、その40年間、盆正月には必ず実家に帰り、父母に顔を見せるのが習慣に
なっていて、今回も、元気な老母の顔が見れてよかったです。

さてさて、本書でしたですね。

私は、趣味を聞かれれば、「月並みですが読書です。」と答えています。
読書以外では、音楽鑑賞、美術鑑賞、そして将棋かなと思います。

将棋の腕前は、日本将棋連盟のアマチュア3段の認定証を持っていますが、
実力は、アマチュア初段程度だと思います。

日曜の朝、NHKの将棋トーナメントを観戦するのが、習いになっていまして
先週は、俊英の藤井聡太さんの勇姿も観ることができました。

遅ればせながら、惹句を紹介。

“古代インドの発祥とされる疑似戦争ゲーム「チャトランガ」はさまざまに形を
変えて洋の東西に伝わり、 極東の島国にたどりついたとき、世界に類のないゲーム
として完成した。日本人がつくりあげた「将棋」の面白さ、深さはプレーする者
のみならず、広く人々の知的好奇心を刺激し、学問・研究のテーマとして興味が
尽きないほか、いまや「観るだけのファン」も多数現れている。”

“将棋はなぜ世界でオンリーワンのゲームなのか? 将棋はどのようにして生まれ
たのか? 将棋はなぜ人を夢中にさせるのか?わが国を代表する哲学者と将棋界のスーパースター、そして将棋を盤外で探求する識者たちが解き明かす日本文化としての
将棋の謎。将棋を指さずに将棋を知りたい人のための、かつてなかった将棋の教養書!”

章立ても紹介。

■序 章 「将棋学」ことはじめ――盤外の文化、ここに集う 尾本恵市
■ 第1章 いまこそ将棋を知ってほしい――大山・升田からAI、怨霊思想まで
 梅原 猛×羽生善治
■第2章 将棋はどのようにしてできたのか――考古学が追う「誕生」のミステリー
 清水康二
■第3章 将棋はなぜ人を夢中にさせるのか――数理で示す「面白さ」のメカニズム
 飯田弘之
■第4章 将棋の駒はなぜ芸術になったのか――職人が明かす「わざ」の見どころ
 熊澤良尊
■第5章 将棋はなぜ「頭のよい子」を育てるのか――教育者が説く「負けました」
の効能 安次嶺隆幸
■第6章 将棋の「観戦記」はどう変わったか――取材現場で見た将棋界の「
 ハイテク化」 大川慎太郎

梅原猛さんは、残念ながら、亡くなられたので、本書における羽生さんとの対談が
「鳥の歌」かもしれないですね。
24 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月16日 22:55
     私自身はたいして将棋が強いわけではありませんが、最近、息子がちょくちょく将棋を指そうというようになりました。飛車角落ちでもまだ私が勝ちますが、息子は負けたときにがっかりした顔はするものの、それでもまた「指そう」といえるのは、どういう思いなんだろう、なんて不思議に思ったものです。ふだん、トランプとかだと泣いてくやしがるもので(苦笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 10:04
    ヤマヤマさん  おはようございます

    そして名古屋への帰省お疲れ様でした。

    夫の実家も今は空き家になっていますが、近くに住んでいる義弟にお世話になっています。

    夫も年に4回程実家に行きお墓参りをしています。

    私も来年は両親の顔を見に里帰りを予定しています。実家が遠いと何かと大変です。

    夫はスマホで毎日のように将棋を楽しんでいます。負けると悔しがっています(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 11:40
    shu1さん、おはようござます。

    小学生になられた長男さんが、将棋を指そうとお父さんに
    言ってこられるとのことで、いいですね!

    私は娘ふたりで、孫も娘がふたりなので、教えようとした
    こともあるのですが、なかなか興味を示してくれません。(泣)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 11:45
    こすもすさん、おはようございます。

    名古屋郊外の実家までは、新幹線を使うと、ドアツードアで
    4時間程度なのですが、帰郷するのは、年3回程度になります。
    実家の近所に、身内が住んでいることが、安心材料ではあります。

    将棋も、最近はスマホやネットで対戦できるようになりました(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 15:23
    将棋好きとはご縁がありますが、単に同居人が将棋好きだからかもしれません。私自身はルールは知っていますがゲームとしては苦手です。制度とかシステムの隙を突くのが長けている人が多い印象がありますね。囲碁に比べて闘争心を要求される感じもあります。でもそう言えば昔勤めていた会社の検査課の人が将棋に強い人でした。システムにバグが発生しないようチェックする仕事ですから、性に合っていたのでしょうね。あと、ネアカで発想に飛躍がある人が多い印象もありますが、これは将棋に関係があるのかはよくわかりません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 20:35
    ping pongさん、こんばんは。

    囲碁・将棋と並び称されますが、囲碁と比べると、将棋の方が、
    ずっと激しいゲームだと思います。

    将棋好きな人の性格は、様々だと思いますが、ネアカや発想に飛躍があるか
    どうかは、なんとも言えません。

    明日のNHK杯将棋トーナメントは、初戦を勝ちあがった女流棋士
    里美さんの勇姿を観たいと、楽しみです(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 07:32
    お久しぶりです、こんにちは
    本当に暑い今年の夏 
    お盆休みを有意義にお過ごしでいらっしゃいますね。

    NHK日曜将棋 藤井壮太7段の対局 御覧になったのですね
    我が家の宿六様も 聡太君ファンでずいぶん前から楽しみにしていて
    (勝ち数や勝率の関係で あの試合は勝っていることが判っていたので)
    すごい試合でしたが 安心してみていました。

    午後のJT杯もアベマテレビで同時中継されたのですが
    初めての和服姿の藤井7段、こちらは珍しくも先手を取れたのに敗れてしまいました。

    今日は里見さんでしたか、里見さんも宿六様大好きなのです。
    去年だっけか 里見香奈さんと藤井聡太さんの対局も見てましたよ。

    >教育者が説く「負けました」 の効能

    将棋は負けた時に悔しがって大泣きする子が大成する て 言いますが
    羽生さんも藤井さんもそのタイプだったらしいので
    「負けました」 
    は その後の飛躍への大エネルギーになるかもしれないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 08:28
    先ずはお盆休みを実家に帰省され、どうもお疲れさまでした 将棋は国内に入ってからも大将棋、中将棋、小将棋そして本将棋に至るまでの変遷を遂げましたが、ルールの確立で深化し(持ち駒制は思えば昨日の敵は今日は味方の戦国の世の戦でした)、公方様から庶民まで広く愛され、現在に至っています それでも時代を築くのはその時代時代の個性です 将棋は小学校時代、属性を問わず盛んに行ってました また父や叔父との思い出の中にあります 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 14:06
    見切り発車さん、こんにちは。

    旦那様が、将棋ファンでいらっしゃるのですね!
    どおりで、最新の将棋事情にもお詳しいです(^^♪

    午前中のNHK将棋トーナメントは、女流の星・里美さんは
    あえなく負けてしまいましたが、勇姿を拝見できました。

    本書は、様々な角度から、将棋の魅力について書かれていて、
    教育的効果も、確かにあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 14:07
    かみかわさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    さすが、かみかわさん、日本将棋の歴史についてもお詳しいです。

    昔は、どの家にも将棋盤があったりして、男の子なら、父親や
    祖父と縁台将棋を指しましたですね(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 17:15
    将棋は見るのが大好きでした。
    といっても騎士の手の美しさを見るのが好き。
    それと頭を使いながら長時間座っていても血流に影響がない身体の強さが驚嘆です。
    宇宙人のような渡辺さんのファンだったのに下の名前、忘れてしまいました。
    時間があって見ていた時代が懐かしく、また見たいです。

    ご紹介の本では梅原先生が懐かしい。
    だから読みたいです。 教育者の「負けました」には笑いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 17:16
    訂正 棋士です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 08:25
    マサコさん、おはようございます。

    近年、将棋の映画がいくつか封切られましたが、その中で元棋士の映画監督
    という変わり種がいらっしゃって、棋士が将棋を指す指先の映像に、とても
    こだわったという感想を述べていたことを思い出しました。

    渡辺明さんは、現在、三冠(棋聖・王将・棋王)のタイトルを所持している
    トップ棋士です(^^♪

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する