mixiユーザー(id:5540901)

2018年01月30日08:41

449 view

読書日記No.1063(アメリカは「負け」を理解できない)

■森本あんり「宗教国家アメリカのふしぎな論理」2017年11月NHK新書

〔シリーズ〕企業トップが学ぶリベラルアーツ第2弾

日記のタイトルに使った帯の文言が強烈で、手に取った本。

著者の森本あんりさんは、馴染みの人気コラムニスト・小田嶋隆さんの
小中高の学友で、現在は国際基督教大学の副学長、一昨年、『反知性主義
―アメリカが生んだ「熱病」の正体』(新潮選書)で話題を呼んだ人として記憶
していた。

現代日本の政治・経済において、アメリカという国のことを考えずには、夜も日も
明けないが、実は、日本人はアメリカのことをよく分かっていない。

著者の森本あんりさんの専攻は、宗教学で、彼はアメリカを宗教国家だとみなし
その宗教原理から、アメリカという国を読み解く。そうすると、快刀乱麻のごとく、
アメリカという国家の謎が氷解する。

本書は、ビジネスパースン向けに講演した講演録を元に編纂されていて、
確かに、ビジネスパースンにとっても、アメリカ理解は欠かせない。

早速、惹句を紹介。

“中谷巌氏主宰の「不識塾」。門外不出の白熱講義の新書化、第2弾!
アメリカは「負け」を理解できない!”

“・なぜ「大きな政府」を嫌うのか?
・なぜ、かくも大統領選に熱狂するのか?
・なぜ知性があっても大統領になれないのか?
・なぜポピュリズムに染まるのか?
・シンギュラリティ論の宗教的背景とは?
・「アメリカ第一主義」の真の意味とは?
・あからさまな軍事覇権主義の背景は?”

“歴史をさかのぼり、かの国に根づいた奇妙な宗教性のありかたを読み解き、
トランプ現象やポピュリズム蔓延の背景に鋭く迫る。ニュース解説では決して
見えてこない、大国アメリカの深層。これがリベラルアーツの神髄だ! ”

目次と小見出しの抜粋を紹介。

はじめに 「不識塾」塾長 中谷巌 
序 アメリカを解きほぐすカギは宗教にあり
第1章 「富と成功」という福音──アメリカをつらぬく「勝ち組の論理」
 ・トランプの奇妙な信心深さ
 ・神を持ち出し「幸福」を正当化する
第2章 「反知性主義」という伝統 ──アメリカ史にさぐる「ふしぎな宗教性」の原点(1)
 ・なぜFBIは悪役になるのか
 ・「ハーバード」主義への反発
第3章 何がトランプ政権を生み出したのか  ──アメリカ史にさぐる「ふしぎな宗教性」の原点(2)
 ・知性があっても大統領になれない
 ・陰謀論を養分とするアメリカ政治
第4章 ポピュリズムをめぐる三つの「なぜ」──トランプ現象を深層で読む
 ・英米で異なる「平等主義」
 ・宗教なき時代の代替宗教
終 章 「正統」とは何か
 ・ブレグジットとトランプ現象の相違点
 ・ヤクザ映画と日本国憲法に見る「正統」

いやぁ、面白かった。
そうだったのかと、目から鱗がボロボロ落ちた。

最後に、ビジネスパースンに向けたメッセージがあり、印象に残ったので、引用。

“仕事には、自分がやって楽しいと思う仕事もあるし、食うために稼ぐために、やむなく
する仕事もある。でも、人間が本当に満足できる仕事というものは、自分の「やりたいこと」
と「やらねばならないこと」が一致しているような仕事です。”

“神学的にはこれを「コーリング」(召命)といいます。人はそこへと「呼ばれて」ゆくのですが、
それに「応える」ことが、真の充足感をもたらします。”

“人間の「運命」とは、そういうものだと私は思います。その時私たちは、その仕事をしたい
と思うと同時に、その仕事をしなければならない、という使命感をもてるのです。自分の
喜びとすることが、同時に社会の喜びになる。”

“そんなふうに仕事ができることは、とても幸いなことです。読者のみなさんが、今置かれて
いるそれぞれの場所で、自分のコーリングを見出し、与えられた運命をしっかり受け止めて、
最善を尽くすような仕事をしていただけるよう願っております。”

心に沁みました♪
29 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月30日 08:52
    良い本ですねぴかぴか(新しい)
    自分の与えられた仕事に力を尽くす、それが仕事を楽しくさせてくれる…最近少しだけ理解出来るようになりました(^-^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月30日 09:12
    これは面白そうな本ですね。
    ヤマヤマさんが引用された惹句の中では、
    “なぜ知性があっても大統領になれないのか?”
    が、特に不思議でした。
    また、積ん読が増えそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月30日 10:16
    なかなか面白そうな本ですね。ご紹介いただきありがとうございます。早速読んでみたいと思いまするんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月30日 16:00
    森本あんりさんの[反知性主義]は読みました。
    ご友人との対話では軽率な発言があり
    この方が大学学長であり牧師かと思うと失望しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月30日 22:58
    コーリング、本当にその通りだと思います。
    思わず、自分の社会人人生を振り返り愕然としてしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 05:27
    森本あんり氏の『反知性主義』は、流行り言葉になっている現状に対して、学術的に正しい部分、という歴史的にはというところを解説しておられるように感じて、つまるところ難しそうだと思って本屋さんで手に取ったのを戻しました(笑)。

    小田嶋氏との対談をどこかで読んだ気もするんですが、本書はヤマヤマさんのレビューのおかげか興味を惹かれます。

    コーリングはカトリックの世界でもよく聞きますが、それに出会えたなら幸せですね。私自身、それなりにめんどくささと幸せを感じる仕事には就かせてもらっていますが(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:15
    honokaさん、おはようございます。

    最後に引用した箇所は、本書の論とは、直接関係がないところ
    ですが、著者が、ビジネスパースンに向けて、これだけは伝えたい
    と本書の一番最後に述べている箇所です。

    粛然として、これは引用したいと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:19
    じろさんさん、おはようございます。

    アメリカの大統領選では、目から鼻に抜けるような知性の秀才は
    当選できないのだそうです。

    愛嬌というか、国民から親愛の情が湧くようなキャラが必要とのこと。
    アメリカの奥深さというか、面白さでもありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:21
    ロベルトさん、おはようございます。

    ヨーロッパ滞在のご経験が長くていらっしゃったロベルトさんなら、
    ヨーロッパとの比較でも論じられる、本書のアメリカ論は、興味深く
    読んでいただけると、拝察いたします。

    読後日記を、ぜひ読みたいと思っております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:24
    マサコさん、おはようございます。

    著者の「反知性主義」はお読みになられたのですね。

    森本あんりさんと彼の友人の「軽率な発言」というのが
    よく分かりませんでしたが、著者の人格的な瑕疵を、
    どこかで気づかれたということだけは、分かりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:26
    *ようすけさん、おはようございます。

    「アメリカは神学的に理解しなければ、分からない」というのが
    著者の本書の趣旨で、なるほどそう解釈するのかと、結構、
    面白かったです、本書。

    学校で進化論を教えない州もあるのが、不思議な国です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:29
    ペコさん、おはようございます。

    「コーリング」の箇所に反応していただけたのですね。
    私も、この箇所は、心の襞に、直接触れてくる言葉でした。

    私自身は、汗顔の至りですが、やはりそうあるべきだと、
    素直に思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:31
    shu1さん、おはようございます。

    「反知性主義」を、所持されていらっしゃるのですね。
    これは、という本は、積読でもちゃんと所持されるとこがshu1さんの
    凄いところです。

    「反知性主義」は未読ですが、アメリカの神学的理解のためには、
    本書の方が、新書でもありますし、手軽なように思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:36
    これ、トランプの時代ならではですね アメリカでも時代によってブレがあります ケネディやオバマの時代もありました この振り子が分かっていないと米国史は分りません また現在の選挙結果でも共和党に有利な選挙制度という事実もあります アメリカ経済を先導しているのはブルーステイト、沿岸地域です どちらにせよ宗教国家で召命こそが導きとなります 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月31日 08:43
    かみかわさん、おはようございます。

    本書のmixiレビューを見に行きましたら、かみかわさんおひとりが
    レビューをアップされていました。

    よく考えてみましたら、「召命」(コーリング)という言葉自体が、
    キリスト教神学の言葉でしたですね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月01日 07:00
    「コーリング」には縁がないサラリーマン人生でしたが、、その本の内容にはとっても興味があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月01日 08:15
    ボス☆パパさん、おはようございます。

    サラリーマン生活は、人事ひとつとっても、自分では決められませんので
    「コーリング」を感じることができれば、幸運かもしれませんですね。

    本書は、アメリカを理解するためには、神学的なアプローチが必要だと
    いう趣旨が、私にとっては、とても新鮮でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月08日 08:09
    *ようすけさん、おはようございます。

    本書を読まれたご感想をコメントしていただき、ありがとうございます。

    軍事的、政治的、経済的な見地からのアメリカの解説本は多いのですが、
    本書のような神学的な観点からの分析は、あまりなく、本書を読むと、
    アメリカに関する疑問で、氷解できたものも多かったですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月27日 17:25
    TORATONTONさん、こんにちは。

    21世紀の覇権国家は、アメリカと中国で、日本は、アメリカとは安全保障(軍事)の
    面で日米安全保障条約を締結し、密接に連携しています。ですから、アメリカという
    国の成り立ちや価値観を、知らねばなりませんね。

    中国については、政治体制が異なりますが、隣国の経済大国でもありますので、
    おつきあいせざるを得なく、やはり、かの国の価値観を知る必要があります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年01月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031