mixiユーザー(id:5540901)

2018年01月26日08:45

244 view

読書日記No.1062(明治維新で変わらなかった日本の核心)

■猪瀬直樹・磯田道史「明治維新で変わらなかった日本の核心」2017年11月PHP新書

私は、某大学の文学部の出身だが、その文学部には学科が3つあって、
哲学科、史学科、文学科であった。

私は、哲学科の出身で、哲学本体ではなく、専攻は社会学なのだが、
科内には、哲学、印度哲学、中国哲学、美学などがあった。

なんでこんな話をしているかというと、私の道楽読書で手に取るジャンル
に関係していて、文学というか、小説・評論・短詩型文学などの文芸分野
は手に取ることが多いが、歴史と哲学なら、圧倒的に哲学(思想含む)の
ジャンルに手が伸びることが多い。

歴史は、高校時代は、世界史も日本史も大好きだったし、その昔は、
司馬遼太郎さんの本は、たくさん読んだし、西洋史では、塩野七生さんの
本もよく読むが、なぜ、歴史の本を読む機会が少ないかというと、よい書き手
にあまりめぐり合っていないのかもしれないと思い当たった。

前置きが長くなりましたが、何がいいたいかというと、今、売出し中の歴史の
啓蒙書をたくさん書いている、磯田道史さんという、珠玉の書き手に近年
で会って、この人の書いた本を読む喜びを最近感じるようになったため。

本書は、その磯田道史さんと、あの猪瀬直樹さんとの日本史をめぐる対談。

猪瀬直樹さんは、政治の世界に行って、傷を負ったが、元々、はライターで
彼の著作に馴染んでいたので、この二人の対談なら、読まないわけには
いかない。

読後感は、いやぁ、面白かった!

惹句を紹介しますね。

“明治以降、なぜ日本は近代化に成功したのか。それは明治維新で日本が
変わったのではなく、成功の要因がすでに江戸時代までの歴史の中で形
づくられていたからだ。”

“日本には、古代から変わらない「国の核心」がある。古来、培ってきた組織
原理や行動原理、権威に対する考え方などが、今なお日本人に大きな影響を
与えている。その「日本的原理」の長所と短所を知らねば、この国で成功を
つかむことは難しいし、いかなる変革も望めない。”

“では、「この国の秘密」とは何か?――
平安時代から江戸時代まで「通史的思考」で読み解き、日本のあり方に迫る、
白熱討論。”

章立てと小見出しの抜粋も紹介

第1章 日本の組織原理と権威構造の源泉──古代をたずねる
 ・天皇の権威がなぜ、いかにして全国に行き渡ったか
 ・平安時代の流通システムと貨幣のあり方
第2章 「新しい公」の再編成──鎌倉、室町、戦国のダイナミズム
 ・日本の1500年代から1700年は「偉大な二百年」
 ・信長や秀吉は「天皇」の権威利用がうまかった
第3章 江戸武家社会の組織と個人──サラリーマン根性の始まり
 ・「滅私奉公」は江戸時代の武士階層のための言葉?
 ・責任と権限は「上」、実質的な差配は「中」
第4章 二六〇年の泰平を維持した社会システム──「転封」や「ジャンケン国家」の智恵
 ・武士たちは何が楽しかったか
 ・江戸の社会は「ジャンケン国家」
第5章 江戸に花咲いた近代的経済──進んだ経済政策と百姓たちの企業家精神
 ・豪農の息子が一万石の大名よりも強い経済力を持っていた
 ・産業振興策としての二宮金次郎ファンド

「おわりに」で、磯田道史さんは、こんなメッセージを読者に伝える。

“いま、読者諸氏に申しあげたい。日本が変化しないときは、時代ごとの死んだ
歴史を読んでいても命に別状はない。だが、いま日本人は、これまでの構造が
一夜にして変わってしまう世の中に生きている。このようなときは、『通史的思考』を
なさねば変化のなかを生きてはゆけない”

磯田道史さんは、古文書を読むことで、筋肉トレーニングのように、歴史観を養って
いて、ファクトに基づいた、歴史素人でもうなるような視点での提言が、彼の歴史の
本を読む楽しさに繋がっていると思う。

日本史好きの人には、ぜひ、オススメです♪
29 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月26日 09:20
    これは興味深いですね。最近、柄谷行人が憲法9条の精神のおおもとは江戸時代に由来するというようなことを言って周囲ではトンデモだと批判されていましたが、私は面白いと思っていました。本書も似た観点から面白そうに感じます。

    ちなみに私も社会学専攻です。哲学は好きですが、読むのは特に最近は圧倒的に歴史の方です。と言っても学者が書くもの限定です。哲学書は古典は学生時代によく読みましたが、現代哲学はフランスものは流行に合わせてかじったしフーコーと女性著者のものは何冊か完読したものの、他は何となく浅いか肌に合わないと感じていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月26日 10:04
    「ジャンケン国家」とは興味深い言葉ですね。
    目次を拝見しての推測ですが、天皇、幕府、豪農・豪商の関係性でしょうか?

    「滅私奉公」は、封建時代と違い、現代の個人的には、現代資本主義社会において美徳とするのは労働者にとっては危険だと思っています。
    僕も昔は滅私奉公という言葉のマジックにかかり過労死直前まで行きました。。。

    いずれにしても興味深い著作ですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月26日 10:08
    私もこの本を読みましたが、とても面白かったですね。最近読んだ中では、とても良かった新書です。歴史関係の本が最近増えているように思います。文春新書の「大日本史」も世界史と日本史を融合した視点が刺激的で楽しく読めました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 05:25
    本屋さんで見かけたり、新聞広告もあったりで知ってはいたんですけど、なんとなくスルーしていました。ヤマヤマさんのレビューに惹かれて電子書籍のサンプルで冒頭を読んでみたんですけど、面白いですね。今まで知っていた話でも、視点を変えたり新しい知識が加わることで、ちがう像が見えてくるというのは楽しいし、刺激になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:12
    ping pongさん、こんばんは。

    柄谷行人さんが、「憲法9条の精神のおおもとは江戸時代に由来する」
    と言われていたのですね!

    その真意は計りかねますが、日本の近代化を可能にしたのが
    江戸時代だという本書の主張にも、通じることがあるのではと
    思いました♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:17
    ペコさん、こんばんは。

    「ジャンケン国家」とは、武士は力をもっているが権威は公家の
    下、天皇や公家は権威は高いが金も力もない、豪商は力も権威も
    ないが、財力をもっているという、「力」「権威」「財力」の
    三つ全てを持つものはいない構造のようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:20
    ロベルトさん、こんばんは。

    本書、読んでいらっしゃいましたですね!

    やはり、磯田道史さんの力が大きいと思いました。
    1970年生まれで、まだお若いのですが、最近、新書を中心に
    日本史の興味ある著書をたくさん上梓していらっしゃます。

    もちろん、猪瀬直樹さんも、活躍されていましたが♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:24
    勇魚さん、こんばんは。

    文学部に行ったのは、国語の教師になろうかなと思ったため
    ですが、教養部から学部に行く時に、気が変わって、社会学
    の研究室に行きました。

    卒業後のことを、あまり考えていなくて、法学部や経済学部に
    行った友人たちとは違って、浮世離れしていたようです。(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:25
    くろねこさん、こんばんは。

    猪瀬直樹さんの著書を最近、読んでいらっしゃるとのこと。
    どんな本か、興味があります。

    私は、猪瀬さんの本は、半分くらい読んでいて馴染みなんです。
    つくづく、政治家になったのが、間違いだったと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:28
    shu1さん、こんばんは。

    電子書籍は、立ち読みできるのですね!

    仕事の上ではもちろん、ITやICTのなど、デジタル技術への
    対応は必須の課題ですが、プライベートでは、アマゾンも電子書籍
    も縁遠い暮らしをしております、私めは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月27日 20:31
    モモ☆さん、こんばんは。

    お久しぶりのコメント、ありがとうございます。

    磯田道史さんは、最近売れっ子でして、書店に行くと、新書などを
    中心に、たくさん著書が平積みされています。

    でも、彼はホンモノですから、読者も価値がよくわかっていると
    うれしいですね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月28日 09:19
    江戸期は近代日本形成にあたっての経済的・社会的な原始的蓄積段階であり、思想面でもその端緒が伺えるとはよく言われますが流石に広範に渡って捉えていますね 武家社会は絶えず朝廷による権威付けを求め江戸期は正に典型化しますが、太平の時代が戦闘集団としての機能を形骸化してしまった、その認識が開国以降の歴史で政治体制の根本的組み換えにまで進む大きな要因にもなりますね そもそも大和王権が日本全体を制覇して行くに当って設けられた征夷大将軍、これが武士の棟梁及び最高権力者を意味するに至ったパラダイムの変化、現代はその時代時代とも過去の上に成り立っています 組み尽くせない魅力に溢れていますね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月29日 08:11
    かみかわさん、おはようございます。

    さすが、日本史にもご造詣が深くていらっしゃいます!

    武士と公家(天皇)の、権力と権威の二元構造は、楕円のように
    日本の社会の発展を駆動して、それが、日本の社会構造の特徴
    でもあるのですが、下部構造(経済)の発展も含めて、本書は的確に
    描いています♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月29日 08:20
    くろねこさん、おはようございます。

    返信、ありがとうございます。

    「天皇の影法師」「昭和16年夏の敗戦」「ミカドの肖像」は、初期の
    代表作ですね。

    「ペルソナ−三島由紀夫伝」「ピカレスク−太宰治伝」「マガジン青春譜−
    川端康成と大宅壮一」あたりの中期の評伝もとてもよいですよ♪

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年01月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031