mixiユーザー(id:5540901)

2018年01月12日21:20

428 view

読書日記Nо.1059(生き方論が好きな私)

■押井守「ひとまず、信じない  情報氾濫時代の生き方」2017年11月中公新書ラクレ

出版不況の昨今だが、2017年、ミリオンセラーの本が出現して、それは、KADOKAWA
刊の漫画版「君たちはどう生きるか」だという。

原作は、吉野源三郎さんの岩波文庫で、私は、45年前、大学入学の18歳の紅顔(失礼)
の少年の頃、読んだ。

なんですかね。時代は先祖返りしているのでしょうか。

私が読んだのは、晴れて大学生になって、心の底から、どう生きようかと思っていて、
大学生協の、大学生になったら読む本リストでみつけたからです。

純真無垢な、若者でした(^^♪(笑)

さてさて、それ以来、還暦を過ぎた今でも、生き方論は今でも好きなのです。
もう、十分に生きてきただろうと言われても、ついつい求めてしまうのは、たぶん、
嗜好のクセなのでしょうね。

今回手に取ったのも、書店店頭で、つい見かけてしまったから。

アニメ作家の押井守さんの名は、「攻殻機動隊」の監督として、知っていたが、映画を
観たことも、著書を読んだこともなかったが、袖触れ合うも他生の縁で、ご縁があった
ようなんです。

惹句を紹介しますね。

“世界が認める巨匠がおくる幸福論の神髄。ネットが隆盛し、フェイクニュースが
世界を覆う時代、 何が虚構で何が真実か、その境界線は曖昧である。”

“こういう時代だからこそ、所与の情報をひとまず信じずに、自らの頭で考えることの
重要さを著者は説く。”

“幸せになるために成すべきこと、社会の中でポジションを得て生き抜く方法、
現代日本が抱える問題についても論じた、押井哲学の集大成とも言える一冊。”

目次と小見出しの抜粋も紹介。

序論――虚構の中に真実を宿らせる
 ・アンドロイドと人間を区別できるものは何か

第1章 幸福論――幻想は人を不幸にする
 ・多くの人は自分のことがわかっていない
 ・人生は単純にはできていない

第2章 仕事論――説得する努力を怠ってはいけない
 ・無能な人にも「ちゃんと」席は用意されている
 ・ペルソナとは何か

第3章 ニセモノ論――つまり、初めからフェイクなのだ
 ・「攻殻機動隊」で描いたこと
 ・フェイクこそネットの本質

第4章 政治論――覚悟を決めない政治家たち
 ・「自由」そのものに価値があるわけではない
 ・「可能性」にがんじがらめにならないために

第5章 人間論――人間以上に面白いものがあるはずがない
 ・自分の見たいものしか見ようとしない人間
 ・ゲームは一種の話芸である

第6章 映画論――「良い夢を見た」でもいいじゃないか
 ・ゴジラという強烈なアンチテーゼ
 ・映画の「生命の匂い」

著者の押井守さんは、アニメ監督なんで、若いと思っていたら、1951年生まれ
なので、なんと私よりも人生の先輩ではないか。「

本書での著者の主張の8割は理解できました。

私は、どうも、「生き方論」を、参考にしているのではなく、道楽読書として消費
しているようです(^^♪
24 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月13日 05:51
    道楽読書として、っていうと、私にとってのビジネス書みたいなものかもしれません(笑)。エンターテイメントとして、楽しんでいますから。押井守さんは、アニメ映画の監督として中学、高校のころ、みていました。独特な雰囲気があったような気がしますが、今はこういう本を書かれているんですね。ヤマヤマさんのレビューをみるに、面白そうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月13日 08:27
    「攻殻機動隊」、傑作ずら。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月14日 06:44
    shu1さん、おはようございます。

    ビジネス書を、エンタテインメントとして楽しんでいらっしゃるの
    ですね!そんな愉しみ方もあると、思います。

    押井守さんが、アニメ映画作家であることは知っていましたが、
    私は、彼の作品を観ておらず、代わりに、ブキッシュな出逢いを
    してしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月14日 06:47
    太助太郎さん、おはようございます。

    ご指摘の通りで、仮説でよいので、「自分の軸」を設定すると、若い人は
    多少生きやすくなりますね。

    ただ、それに固執するのではなく、上書き可能なものにしておかないと、
    息苦しくなります。まぁ、そんな気がしてます。自分を振り返ってみて。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月14日 06:48
    あまでうすさん、おはようございます。

    「攻殻機動隊」。

    評価が高いですね、一般的にも。機会があれば、観てみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月14日 18:12
    押井守監督の名前は知っていました(アニメの『攻殻機動隊』も観ました)が、1951年生まれとは知りませんでした。
    私より、ずっと(でもないか……苦笑)年上の方が、ああいうアニメを造るとは凄いと思います。
    本書も、ぜひ読んでみたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月14日 21:42
    押井守さん、ほぼ全作品を見ています。ファンといっていいかな。本もたくさん出していますが、かなり読んでいます。
    本作もこれから読む予定です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月15日 08:14
    じろさんさん、おはようございます。

    私も、押井守さんは、もっと若い方かなと思っていて、1951年生まれと
    知ってちょっと驚きました。

    履歴を観ると、この道に入ったのが、タツノコプロだったということで、
    子どもの頃、「いなかっぺ大将」「ハクション大魔王」等TVアニメの
    クレジットで、タツノコプロは覚えていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月15日 08:16
    きささん、おはようございます。

    映画と本の日記をmixiで連載されている、きささんは、押井守さんの
    大ファンでいらっしゃったのですね。

    「ほぼ全作品を見ている」ところが、筋金入りの押井守ファンである
    ことを証明しています♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月16日 22:37
    この本、読みました。うーん、いつもの押井節ですね。
    押井さんのアニメのファンではあります。押井さんは実写映画も結構作っているのですが、実写はちょっとなあ、、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月17日 08:01
    きささん、おはようございます。

    早速、読まれたのですね!

    「いつもの押井節」と言われるところが、ファンならではと
    拝察いたしました。

    やはり、押井守さんは、アニメ作家・監督が、表芸なのですね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月18日 20:11
    凡そ社会は無数の契約・慣習に基づく信用によって成り立っていますが、恐ろしく危うい基盤に基づいています ただ与えられた情報全てを鵜呑みにする事は不可能ですしその逆もあり得ません その中でフェイクを双方納得ずくで楽しむ仕事をされ続けた著者には現代人は余りにも脆いのでしょう 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月19日 08:09
    かみかわさん、おはようございます。

    博覧強記のかみかわさんのコメントは、いつも格調が高く、
    恐縮いたします。

    ご指摘のとおり、アニメのフィクションが著者の得意技であり
    武器でもあります。

    本書では、その著者の哲学が、開陳されています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年01月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031