mixiユーザー(id:5540901)

日記一覧

■チャッピー加藤「昭和レコード超画文報1000枚」2021年6月303 BOOKS刊副題は、“ジャケット愛でて濃いネタ読んで”。本書は、3か月ほど前に、休日にいつも行く紀伊国屋書店新宿店の店頭で、つい手が伸びた本です。書店で手が伸びる本は、なぜ手が伸びたのか

続きを読む

■小池昌代編「吉野弘詩集」2021年5月第4刷岩波文庫詩歌を好きになったのは、中学、高校の国語の教科書に掲載された作品に馴染んだからです。学生の頃までは、現代詩も読んでいましたが、働くようになった以降は、専ら日本の短歌や俳句に比重が移りました。こ

続きを読む

■雑誌「東京人」2021年11月号、no.445 <特集「谷口ジロー」描かれた風景を「歩く」愉しみ>本日は、私の67回目の誕生日です。雑誌「東京人」の最新号が、大好きな漫画家・谷口ジローの特集をしていて、書店の店頭でみかけ、早速読了しました。谷口ジローは

続きを読む

■恩田陸「薔薇のなかの蛇」2021年5月講談社刊10年ぶりに、恩田陸のホラーミステリーを堪能しました。私は、恩田陸の小説は結構読んできていましたが、ここ10年ばかり、なんだかご縁がなくて遠ざかっていました。約10年前に読んだのが、「夢違」で、読書日記

続きを読む

■斎藤幸平「人新生の『資本論』」2021年6月第13刷、集英社新書栄えある2021年新書大賞第1位が本書でした。初版は、2020年9月でしたが、それから売れ続け、私が今年の8月に購入した際、帯には、「2021年新書大賞第1位」の文言と、30万部突破の表示も。「資本

続きを読む

■柳田由紀子「宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧」2020年4月集英社インターナショナル刊アメリカの世界的なコンピュータ企業、アップル、マイクロソフト、グーグルの創業経営者、スティーブ・ジョブス、ビル・ゲイツ、エリック・シュミットがいずれも1

続きを読む

■春日武彦・穂村弘、ニコ・ニコルソン(イラスト・漫画)「ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと」2021年7月イースト・プレス刊書店の店頭で、春日武彦、穂村弘の名前に目が留まって、手に取ったのが本書ですが、タイトルが、なんだ、これは?、とい

続きを読む

■伊藤比呂美「ショローの女」2021年6月中央公論新社刊書店の店頭で、11年ぶりに伊藤比呂美さんの著書が目にとまり、手に取った。11年前に読んだのは、「読み解き『般若心経』」で、“いつか死ぬ。それまで生きる”、というタイトルで読書日記を書いた。↓htt

続きを読む

■カズオ・イシグロ、土屋政雄訳「クララとお日さま」2021年3月早川書房刊1時間ほど前、30分ほどかけて書いた読書日記をアップしようとしましたら、mixiへのアクセスが不安定だったためか、消えてしまいました。以前は、ときどきあったのですが、最近はその

続きを読む

■佐久間文子「ツボちゃんの話 夫・坪内祐三」2021年5月新潮社刊昨日、菅総理が、自民党の総裁選不出馬を表明し、実質的に辞意を表明しました。ちょうど一年前の2020年8月29日に、2020年1月に急逝した、坪内祐三さんの本の読書日記を書いていましたが↓、な

続きを読む

■塩野七生「小説 イタリア・ルネサンス4 再び、ヴェネツィア」2021年1月新潮文庫昨年11月に第1巻を読んで読書日記を書いた、塩野七生さんの、最初にして最後の「歴史小説」が、第4巻まできて、圧巻の完結編を迎えました。読書日記が、中5日間空きましたが

続きを読む

■斎藤美奈子「挑発する少女小説」2021年6月河出新書書店の店頭で、なんだか挑発的なタイトルの本だなと、目を引いた本があり、著者があの斎藤美奈子さんだったので、思わず手に取りました。斎藤美奈子さんは、文芸評論家として、お名前やお顔は存じ上げてい

続きを読む

■内田樹「街場の芸術論」2021年5月青幻社刊内田樹さんの本を読み始めたのは、2006年にmixi読書日記を始めて、2〜3か月経ってからでしたが、たまたま、書店の店頭で目が合って手に取り、読み始めたら面白くて、病みつきになりました。内田さんは、今ざっと

続きを読む

■福岡伸一「生命海流 GALAPAGOS」2021年6月朝日出版社刊馴染んでいる生物学者の福岡ハカセの最新刊だから、手に取りました。それに、ガラパゴスへの渡航記だから、興味が倍加しました。ダーウインがそこを訪れて「進化論」のヒントをつかんだと言われている

続きを読む

■森次晃嗣・ひし美ゆり子「ダンとアンヌとウルトラセブン」2021年2月小学館刊副題は、“森次晃嗣・ひし美ゆり子 2人が語る見どころガイド”。TVで円谷プロの特撮ウルトラシリーズが始まったのは、1966年からで、「ウルトラQ」が1966年1月〜、「ウルトラ

続きを読む

■小田嶋隆・岡康道・清野由美「人生の諸問題 五十路越え」2019年7月日経BP刊本書は、日経ビジネスオンラインで2007年から始まり、2019年まで続いたコラムです。ともに東京小石川高校の同級生だった、コラムニストの小田嶋隆と、電通後独立したクリエイテ

続きを読む

■ヤマザキマリ「ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス」2021年3月集英社刊私は対談集が結構好きで、馴染みの著者の対談集をたくさん手に取っていることはマイミクさんなら、ご存じだと思います。本書も、ホストのヤマザキマリさんが馴染みであったのと、何より

続きを読む

■酒井順子「鉄道無常 内田百里筏槝峠啝亜2021年角川書店刊私は軽い鉄ちゃんで、鉄道に関する本や紀行本は、この読書日記でも何度もとりあげてきました。分類すれば、まぁ、読み鉄かなと思っています。本書は、書店店頭で、目に飛び込んで手に取った本で、

続きを読む

■小林武彦「生物はなぜ死ぬのか」2021年4月講談社現代新書7/20(火)の朝5時に、故郷の姉から、母が亡くなったとの連絡を受け、故郷の名古屋郊外に戻り、葬儀等を行って、昨日、東京に戻ってきました。高齢者施設でコロナのクラスター感染になり、6/3から入院

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。